カテゴリ: 2022重賞予想

先週は下手こいた。

雨にビビってウインマリリン変えてもうた。

アホや。

スタート直後
   ⑭



   ⑫

   ②
 ⑥③
⑰⑮④
⑪⑨⑧⑤
 ⑩⑦
 ⑬ 
 ⑯  
   ①


前日の阪神12Rでは大逃げした馬があわやのシーンを作った。ベステンダンクはマイラーズCで飛ばして逃げてあわやのシーンを作った。藤岡佑介騎手はセリフォスはCデムがいなくなれば戻ってくると思っている。ならばここは中内田厩舎のアシストという思惑もあり、前日の12Rも見ているので、何が何でも押してハナへ行き、かっ飛ばしていくと思う。そういう枠を引けた。


離れた番手には積極果敢な坂井瑠星騎手。これも後ろを待たずに早目に仕掛けて一発を狙っているはず。

3番手以下は大集団。3番手はウインカーネリアンになると思うが、実質ペースを引っ張るのはソダシになりそうだ。

勝負所からソダシ、外のダノンスコーピオン、そしてソウルラッシュあたりがペースを上げていくので、恐らく最速でインに入るサリオスとシュネルマイスターあたりは捌きが一つポイントにはなるでしょう。

ただシュネルマイスターは前走1200で前半3F33秒9で走破している。実はこれメンバー最速タイであり、やはり前走はここへの布石で、下手したら番手まで取れちゃう。

でも、ルメさんはタメたい人。恐らくスっとソダシとダノンザキッドの後ろを選択して、いつでもさせる位置を確保することだろう。

セリフォスもレーン騎手だ。前走よりもある程度の位置が欲しい。ジャスティンカフェの福永騎手も下げ過ぎない。

中盤までは有力がごった返す展開。


直線入り口

         ⑭

      ⑫

       ②
    ⑥③  ⑤
  ⑰⑮④
 ⑪⑨    ⑧
⑩⑦
       ⑬ 
    ⑯  
        ①

ホウオウアマゾンの坂井騎手は迷わず馬場の良い外に持ち出して一気に押し切りを図るところに、後続も馬場の良い外へ馬を誘導。

空いた内を容赦なく突っ込むのは恐らくムーア騎手。伸びる馬場ならこれが勝ちそうだが、果たして

岩田望騎手も荒れ馬場得意なロータスランドというのもあって一緒にポッカリ空いた内へ。ユタカさんもどうせなら一発をと内。ノリさんも内。


有力はサリオス以外はみんな外を選択。

ルメールはダノンザキッド、ソダシ、ダノンスコーピオン、セリフォスのスキを突けるかどうか。

逆に脚がタマっていい可能性もあれば、そこでのロスが致命的になる可能性もある。

いつも厄介なところにいるのが池添騎手。ほんまこの人、したたかなんだよな。みんなが欲しい位置に必ずいる。


さ、ここから先はあなたの趣味だ。この隊列を見て、どれがいいと思ったか?

<スポンサーリンク>

予想

ダウンロード (3)

◎シュネルマイスター
〇ソダシ
△11.15.5.10.3
穴⇨
(40位前後です。応援クリックよろしくね♪)



状態の良くなかった安田記念であの強さ。

スプリンターは布石。詰まってもかなり伸びていた。たぶん抜けて強い。ルメール3連覇。ちょっと詰まっても差し切れるグランアレグリアの再現がありそう。

恐らくソダシが抜け出すのでそれを強襲するイメージで。

ダノンザキッドも安田記念で内を通っていなければ来ていたはずだし、この人気なら買い。

セリフォスは下げの押さえ。フジS2,3着馬に逆転されるでしょ。

安田記念で4着。恐らくこの周辺にダノンスコーピオンとソウルラッシュがいたはず。

ソダシはファインルージュやソングラインとの比較から上。

シュネルマイスター>ソダシ>サリオス・ダノンザキッド>富士S1,2,3

こんな感じの縮図な気がする。


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)



(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


予想変えました。ので更新




<スポンサーリンク>

予想


2021-1 (5)

◎デアリングタクト
○アカイイト
穴⇨
(40位前後です。応援クリックよろしくね♪)


デアリングタクトはもう相当な道悪巧者だと思ってます。




絶対前が残るような展開と馬場を、唯一追い込んで差してきたのはもう圧巻でした。

道悪になることで直線もバラけるはず。空いたところから力強く抜け出してくると思います。

ただし終わってなければね。

ノーザンは休み明け走るけど、岡田軍団は叩き良化型が基本。

宝塚記念も2走目で変わった。ヴィクトリアMは外差しの中内だった。今回も同じパターン。


変われ


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)



(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>



  ②
 
 ⑨①
 ⑬⑤
⑰⑩⑧
⑱ ④
⑯⑦③
⑪⑥

 ⑭ 
⑮ ⑫


前走ぶっとばしたことで今回はある程度ローザノワール自身が勝手に行く気になるはずです。外も遅い馬ですから、まずハナをとれるでしょう。

今年やはり面白いのは外人のトップ騎手がいることです。

一番注目してほしいのはやはりムーア騎手のポジション取りです。彼は18番枠だろうがいつのまにラチ沿いにいます。

今回、内にいるのは速いのと遅いのがハッキリしています。

折り合いに難しいアンドヴァラナウトでも、抑え込む自信はありますから、日本の騎手みたいにビビることなく果敢に出してデアリングタクトの前あたりをとってくるでしょう。

そして次はレーン騎手。彼は彼でしっかり勝てるポジションを取ることへの強い意識を感じます。

ヒシイグアスでもそうでした。ウインマリリンはポジションをとれるタイプ。他のウインより機動力に優れており、レーン採用は良い采配だったと思いますし、一番期待しているからこそのレーンなのでしょう。これが間違いなく一番いいポジションを確保しそう。


そしてスタニングローズが思ったより後ろになったとお思いでしょうが、実は前走の秋華賞も紫苑Sも回りが遅すぎたからこそポジションがとれました。

前半3Fで言えば36秒5とかがこの距離だと割と限界ですから、今回は歴戦の古馬がいてポジション取りもそうたやすくないはずです。


逆にデアリングタクトの松山騎手は前走、アンパイに回って負けたこと、デアリングタクトなのに敗戦を繰り返していることから「一発かけたろ」と位置と内はこだわってくるはずです。

ナミュールは外に吹っ飛んだ前走から、できればマクらず直線まで下手に外に出さず捌きたいはずです。とはいえ、位置も今回は後ろになりそうなので、トップギアに入れないようにソロっとソロっと加速してタイトに回るイメージをタケシは持っているでしょう

ピンハイの川田騎手も、出来ればあまり後ろから運びたくないはず。ただピンハイはスタート下手なので、デアリングタクトにサっと内に入られてしまうかも。

もしも挽回できるのであれば、押して押してそこそこの位置を選択するでしょう。


そうです。お分かりですね。このレースは滅茶苦茶インに突っ込みたい馬で溢れています。

結構な確率で詰まって事故るレースだと思います。

なので、ピンハイ、デアリングタクト、アンドヴァラナウト、ナミュールを軸で買う方は、リスクをしっかり持って馬券を買うことをオススメします。その見返りは大きいでしょうけどね。前が空いた幸運な騎手には上の着順が間違いなく待っているはず。


スタニングローズはその中でも一番捌きやすい位置にはいるはずだけに、不利を受けやすいレベルで言えば低いはず。だが、内回りですから、後続も早目に外から動いてくるはずで、それこそ先週のみやこSのように、昨年のアカイイトのように、グーンと外から動いた馬の方が優勢になるケースというのも大いに可能性として秘めているでしょう


ペースを握るのは2番手のクリノプレミアムとウインキートスです。

彼らが早目に動く理由がありません。後ろを引き付けて600mくらいから仕掛けてグンと後続を突き放したいはずです。

そうなると今年もアカイイトに出番はあるかもしれませんね。

この馬は去年大穴で出し抜いた感がありましたし、2着以下も大荒れという事故みたいな決着に。


しかし、2着以下は正直展開に乗じた形ではありましたが、この馬は自ら動いて勝ちに行っています。

そして最後も詰められずの完封劇。金鯱賞も悪くない3着、大阪杯はあの位置では無理ですし牡馬の一級線では捲れません。仕方なし。ヴィクトリアMも有馬記念も悪くない。

サンライズホープのイメージもありますし、ミユキ騎手は良いイメージを今年も持っているはずですから、イン突きしたい軍団が仕掛ける前に、態勢が決している可能性は無きにしも非ずです。




<スポンサーリンク>

予想

2021-1 (5)


◎ウインマリリン
〇スタニングローズ
▲アカイイト
穴⇨
(40位前後です。応援クリックよろしくね♪)



スタニングローズってなんでナメられてるの?前走はラスト50mを見ても、たぶんナミュールが外に膨れなくても凌いでいます。最後も止まってません。スターズオンアースの出遅れでラッキーと思われているでしょうが、ルメールさんの神騎乗で相殺されています。

今回も有力の中で一番いい位置で競馬が出来るはずですし、距離も延びてむしろ歓迎。6倍ってマジか

ウインマリリンはやっと良い状態。栗東滞在は宝塚記念で予行演習済みです。レーン騎手ですからね。これはヒシイグアスとリスグラシューでしょ。スローで抜け出す競馬は日経賞で経験済み。タフな競馬は天皇賞春で経験済み。前走、ジャックドールとパンサラッサについていくキツい競馬をしたことが良い経験になるはず。

この3頭で決まったら帯になる馬券は買お。


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)



(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


先日の天皇賞秋

○▲で決まって馬券がとれず。ジャックドールが控える形を覚えたことがアダとなるという読みもドンピシャだったのに馬券が取れなかったのは恥ずかしい。


反省ですね。ジャパンCもシャフリヤールから買わないといけない縛りが辛い。

まぁメイチではあるんだろうけど。イクイノックスが強い。有馬いってくれ





<スポンサーリンク>

予想


ダウンロード (8)

(40位前後です。応援クリックよろしくね♪)

大混戦。何来てもおかしくないハンデ戦ではありますね。

この馬、春は全然良くなかったはずなのにダービーではかなり見せ場たっぷりで、やっぱり力はあるんだなぁと。

立て直してデキ戻っていれば、普通に斤量差もあるし強そう



友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)



(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>







①⑩
④ ⑬
②⑤⑥
  ⑦
  ⑧
  ⑪



パンサラッサは引き付けて逃げた前走がいい目標にされてしまいましたし、勝つためには大逃げを選択してくるでしょう。

57~58秒台。番手はノリさんがとって後ろを封じ込めようとするかもしれません。

ジャックドールは前走で控えることで結果が出たという成功体験が逆に今回、タメ殺しということに繋がる可能性があります。

無難に乗ってキレ負け、なんてことも0じゃないと思います。

注目の3歳3頭とシャフリヤールはほとんど同じような位置で競馬になるでしょう。

この中にはスタートが良くない馬もいるので前後はするでしょうが、ここはだいぶ一段で逃げる前を捉えに一斉に上がっていき、最後の脚比べとなるはずです。

そこで誰が一番強いか、誰が一番伸びるのか、各々の趣味の世界になりますね。

案外パンサラッサって今回は人気もしていないし、これ、結構ナメられた逃げになりそう。


単勝、押さえておいてもいいのかも。

まぁ差し馬場だけどね。


<スポンサーリンク>

予想

2021-1 (4)

◎シャフリヤール
〇イクイノックス
▲パンサラッサ
穴⇨
(40位前後です。応援クリックよろしくね♪)


まぁ皆さん聞きたいのは、3歳が強いのか弱いのか


僕は強いと思っていません。これは春からの違和感です。今年の3歳牡馬ってパっとしないなぁって。イクイノックス以外、大したことないなぁってのが、春までの感想ですし、それを証明するのがこの天皇賞秋になるのかなぁと。



ここまで、先週のセリフォスや、ナムラクレアなどの活躍もあって、3歳は強いと思われていますが、じゃあそれらのレースってレベル高かったか?って言われたら、一線級では決してありませんでした。

まぁ、間違ってたらすみません。人間だもの。でもね、こういう感覚的なものは結構当たるので、そこは自分を信じて、シャフリヤールでいこうと思います。

この馬は昨年のJCの敗因はこれ一つで、かなり折り合い等もここで欠きました

mqdefault
https://www.youtube.com/watch?v=sJVugX_r40E(引用元)

ドバイシーマクラシックでも道中行きたがる面もあって、これ2000mくらいで折り合ったら更に弾けるなぁってずっと思っていました。

陣営は、ここを叩いてジャパンCメイチと言っているので、仕上がりの面で不安は正直ありますが

藤原先生の言葉を借りつつ解釈したら「これくらいの仕上げでもなんとかなるメンバーだろ」ってことなんだと思います。


かりにもドバイで世界を制した馬であり、昨年コントレイルとグランアレグリアをねじ伏せた最高潮のエフフォーリアを負かした馬ですから、去年の秋天に出ていれば勝ち負けだったでしょうし、

じゃあ今年のメンバーが去年の秋天に出ていたらって思うと、3歳は全て馬券圏外だった可能性、ありますよね?

ってことで、シャフリヤールを中心とした馬券と、パンサラッサで楽しむ馬券でも買って楽しみますわ


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)



(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

↑このページのトップヘ