カテゴリ: 2020年GI予想

どうも。

桜花賞は好きなGI

ジュエラーとシンハライトの一点とか

レッツゴードンキとクルミナルの馬単万馬券とか

良い思い出ある

今年も気持ちよく当てたい

<スポンサーリンク>


桜花賞

47cc1db2d94cefcb2b989818575518f7


◎レシステンシア
○マルターズディオサ
▲デアリングタク
穴馬⇨
(50位前後です。応援クリックよろしくね♪)


雨馬場がポイント。

この血統、ムキムキの馬体、レシステンシアはむしろ歓迎な気がする。レーヌミノルと丸かぶり。

この馬から馬連10倍オーバーなら、素直にそれでいい。

相手には雨なのでマルターズディオサを対抗に。雨馬場は良さそう。

穴はコレ。雨は大丈夫そうだし、多少かかるぐらいがちょうどいいタイプ。

サンクテュエールって、強いの?←くるやつ

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>





さすがは天才北斗選手!

ボクもとりました!一点でね!

EUzk9cRUMAAsgRy



ありがたや~


<スポンサーリンク>


大阪杯

unnamed

本命馬⇨
(50位前後です。応援クリックよろしくね♪)
今日は強風がネック。

とにかく内前にいないと話にならない。

そういう意味では、ジナンボーやサトノソルタス、ステイフーリッシュあたりの粘り込みはありそう。

本命はこの馬。騎手の意識はかなりイン前にあるし、昨年はそんな競馬をした勝ち馬にポジをとられたのが相当悔しかったはず。

故障明けだった昨年とは馬が違う。今年は本来の走りができる!ラッキーライラックとダノンあたりが本線かな。

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

雪は驚きました。

謎の火曜日に順延。その狙いや意図を、知りたいですね。

<スポンサーリンク>


高松宮記念


main

◎タワーオブロンドン
○ダイアトニック
穴馬⇨
(50位前後です。応援クリックよろしくね♪)

じっくりと馬場を観察していたのでこの時間に。

理想は、道中はロスなく、直線は外差し

そんなイメージ。

やはり中京芝1200mの福永さんは天才だわ。

【8-4-1-8】
勝率38.1%連対率57.1%複勝率61.9%

ヒューイットソンではなく福永さんが選ばれたのがよく分かる数字。

正直タワーオブロンドンは最近の短距離界の中では抜けている印象あり。

それぐらいセントウルSとスプリンターズSは強かった。

混戦ゆえ4.9倍で買えるなら、普通にこれからでいい。湿った馬場ぐらいも一番あっていそう。

重戦車だからね。

ダイアトニックは怒らない方のユーイチさんの近くで金魚のフン。

この芝1200m一発目こそ馬券でしょ。

穴はコレ。前行って馬場を選べるのは利点あり。展開も向きそう。


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

去年の春は絶好調だったGI.

秋は絶不調だった。

感じたのは、GIというレース格式の高さ。

正直GIIレベルの馬を狙っても、アタマがないから、単複中心の自分には厳しいんだ。特に古馬は。


だから、今年のGIは、ちゃんとGIを勝てるだけの力がある馬に、常に◎を打ちたい。

紐穴はしょせん紐穴。3,4着争いが限界なんだよな。

さて、GIといえば、気になるにゃむ師匠の予想



フェブラリーSとチャンピオンズCはGIの中でも気合が入って書いている模様。

力が入っている。北斗も昨日馬連300倍的中と相変わらず絶好調。




今日も良さそうな穴馬はドンドン参考にさせてもらおう。


<スポンサーリンク>


フェブラリーS

unnamed (1)


「ドリームキラリのアシストがあったから、モズアスコットが勝った」

こんな意見が多い。しかし、根岸Sのペースを作ったのは、ドリームキラリではない。コパノキッキングだ。マーフィーは、スタート直後、最初の3コーナーまで全く内に入らなかった。こうすることで、外の馬はコパノキッキングより前に行くためには、それ以上に脚を使わなくてはいけないからだ。

この時点でそれに付き合わされた馬は、上がるか下がるかの選択肢を迫られ、必然的にリズムが狂う。枠が真隣のワイドファラオの福永さんは、それに付き合わされて下げる方を選択。ドリームキラリは上げる方を選択したというワケだ。この時点でドリームキラリの失速することはマーフィーの中で決定している。単独2番手でも実質的なハナに立っていたのだ。ここからペースを落とすも、ペースを上げるも、マーフィーの自由だ。ペースを作るのは逃げ馬じゃない。2番手の馬だ。

だがマーフィーは、ペースを落とさなかった。直線でも自分のタイミングで仕掛けており、とにかくコパノキッキングとマーフィーは自分のペースを一切乱さないレースをしたワケだ。ベストパフォーマンスを示した。それをモズアスコットが出遅れながらも差し切ったのだから、『モズアスコットは、コパノキッキングを捻じ伏せた』という説が成り立つ。

ゆえに、ワタシはドリームキラリのアシスト論というのは間違っていると考える。もしもドリームキラリがいなくても、モズアスコットは勝っていた。

まぁこれは言いたいだけ。問題はモズアスコットの強さだ。

新聞表記では、⑨⑧とポジションが表記されるが、細かく正しく見ていくと、⑯⑮⑭⑬⑫⑪⑩⑨⑧となる。まぁこれは映像を見てくれ。出来ればマルチカメラかパトロールで。

他馬より1~2馬身出遅れた直後、逃げ馬ばりの二の脚でアッサリと前に取り付き、しかも道中他馬がジっとしている中で、ドンドンまくり気味にポジションを押し上げて、フルパフォーマンスのコパノキッキングを力強く差し切ってみせたのだ。しかも58キロで休み明けの叩き台仕上げでだ。

これは並の馬じゃないとできない。スタート直後からその挙動を見ていた自分は「とんでもない馬が出てきた」と衝撃を受けた。この感覚を大事にしたい。ダートトップ5(インティ、クリソベリル、ゴールドドリーム、オメガパフューム、チュウワウィザード)をまとめて負かせるだけの力がモズアスコットにあるはずだ。

ドリームキラリなんかいなくても問題ない。芝スタートで行き脚もつくだろう。道中脚を使わずタメればもっと脚を使えるだろう。2.9倍。期待値は十分。前が圧倒的に有利なことが予想されるだけに、東京マイルのインティはまず好勝負となるだろう。それを負かすことができるのは、ゴールドドリームなどBIG5の領域にいる馬だけだ。

モジアナフレイバーは、たしかに面白いが、実力ある地方馬を苦しめてきたのは何か。それは芝スタートだ。死んだ馬もいる。それぐらい、地方馬にとって芝スタートの東京マイルは鬼門なのだ。

そう考えれば、ここもノンコノユメの方を上にとりたい。尾持ち禁止の中央だが、だったら騎手が自分でもちゃいいんだよ。スタート五分で流れに乗れちゃうノンコノユメなら、出遅れてもゴールドドリームを負かしているんだから、再冠があっていい。


武蔵野S上位馬。

これはこの記事を参考にしてもらいたい。

【2019年チャンピオンズC】~前哨戦の武蔵野Sを分析するっち~


正直上位馬には何もチンコが反応しない。サンライズノヴァとエアアルマスだけチェックした。そんなレースだった。

印まとめ


◎モズアスコット
○インティ
▲ノンコノユメ
穴評価⇨
(50位前後です。応援クリックよろしくね♪)
△9.3.11.7.13


インティから買えば当たるレースなのに、それ以外から買うんだから、俺はバカだぜ。

まぁインティから流して、印上位3頭の内2頭が絡む馬券と、インティが2頭に負ける馬券を買おうかな。


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


こんちは。

久々。最近はホント忙しい。

ただこれから競馬熱が帯びていく時期。

頑張って更新します。


<スポンサーリンク>


東京新聞杯



②③⑮
①⑥⑬ 
④⑦⑨
  ⑫ 
  ⑩⑯
  ⑭


前走は、スマハマがいたのと、外枠というので控えたインティ。

今年の枠とメンツならまず主導権を握ってくる。

アルクトスとワイドファラオはそこまで追いかけたくないし、ケイティブレイブはテンがマイルだと忙しいし、長岡騎手なら、ガンガン競りかけてユタカさんを潰すことはない。

となれば、ド単騎。昨年の前半3F35.8というドスローで、今年もインティに流れは向きそうだ。

そうなると、内のインにいる馬は捌くのに苦労する。だったら、後ろの馬は外をスムーズに回ってしっかり脚を伸ばしたほうがまだチャンスがありそうだ。

推奨馬⇨
(50位前後です。応援クリックよろしくね♪)


馬連の軸で普通に良さそう。

サンライズノヴァ買いたいけどね個人的に。ただ前走前に行って脚をなくしたことに音無先生は不満を持っていた。

テンノリの松山騎手だけに、「今回は脚をタメてくれ」ってしっかり明確な指示を出しそう。

なんで逆転までは厳しいかなぁ。これが3~4番手の外とかとると、面白そうだけど。


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

↑このページのトップヘ