カテゴリ: 2019年GI予想


ダービーです。

思い出のダービーは、12年ディープブリランテの勝ったダービー。

img_view


あの時、新馬戦を勝ったディープブリランテを見て「来年のダービーはこの馬だ!」と高らかに宣言。


共同通信杯→スプリングS→皐月賞

と3連敗するも、ダービーは絶対に勝てると信じており、見事優勝。

アキトニシハラが惚れた馬は必ず走るが、この馬もまた、それを証明してくれた。


もうひとつは、16年サトノダイヤモンドが2着のダービー。

1655308-1


この年は、2歳の5月、育成場でみたサトノダイヤモンドに一目惚れ。

まぁ例のごとく、アキトニシハラが目をつけた馬ですから、走ってくれるでしょう。

と信じていました。

残念ながら、落鉄などもあり、ハナ差及びませんでしたが、これまた自分の目が証明されたダービーでした。


今年はどうか


ぶっちゃけ、サートゥルナーリアが一番強いとデビュー前から知ってました。


でも、それは、みんな知ってたでしょ?

だから、全然モチベ上がらないんですよ。


100円でいいかなーぐらいに思ってました。




絶好調のにゃむ師匠と北斗に丸乗りしようかなぁとも思っていたぐらい。(本当にオススメの予想家の二人です)


しかし、土曜の競馬が終わり、モチベが上がりました。

その理由は、後ほど

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)

目黒記念の推奨馬はLINE@にて

<スポンサーリンク>


土曜の馬場傾向

bandicam 2019-05-25 20-01-37-353

今週からCコース。Bコースは4コーナーあたりの内が非常に悪く、そこを空けて直線に向くから、結局直線内が空いて外不利の内有利という馬場でした。

しかし、Cコースとなり、それが概ねカバーされ、全然違う馬場となっていた。


特に後半レースが顕著であった。

bandicam 2019-05-25 20-01-57-052

内枠先行決着

bandicam 2019-05-25 20-02-42-981
bandicam 2019-05-25 20-02-58-215


外のビーカーリーなど有力馬が伸びてくるかと思いきや、結局内が全然足りてこず、差してきた4着馬も結局内を立ち回っていた馬。

bandicam 2019-05-25 20-04-19-501
bandicam 2019-05-25 20-04-36-107
bandicam 2019-05-25 20-04-52-551

多頭数の東京マイルで行われた東京8Rも、結局内枠3頭の決着。

ダービー週やジャパンC週など、大きな舞台になればなるほど、たまに東京は、内枠が超絶有利になる時があります。

今年はまさにそんな年なのではないのか???


馬場のバイアスは、足りない能力を埋める重要なファクター

準オープン馬ジャングルクルーズが、ジャパンCで4着にこれたのは、それ以外の何者でもない。


過去にも、そんなダービーはあった。

bandicam 2019-05-25 20-06-53-051

ワンアンドオンリーとイスラボニータが抜け出し、大外からトゥザワールドとショウナンが伸びてきそうな映像。


bandicam 2019-05-25 20-07-05-157

しかし、内有利のバイアスにより、外のトゥザワールドが伸びず、大穴マイネルフロストがジリジリと伸びて3着に食い込みました。

今年はまさにこのイメージ。

思えば、ダービーは毎年いい馬場で行われるため、先行穴馬は良く残るレースなのです

bandicam 2019-05-25 20-09-14-741


実際、昨年のダービーも

bandicam 2019-05-25 20-05-55-111
bandicam 2019-05-25 20-06-02-571
bandicam 2019-05-25 20-06-09-664


逃げたエポカドーロ、5番手のワグネリアン、3番手の大穴コズミックフォースが残る。

そんなレースであった。

bandicam 2019-05-25 20-08-30-444

過去にも、アポロソニックや、トーセンホマレボシなど、高速馬場、前打ちが止まらない馬場を活かし、差されると思いきや粘り込んで3着激走。


今年は上位3頭は間違いなく強いが、こういう特殊な馬場で行われるとなれば、話しは別。

何度も言いますが

トラックバイアスは、能力を補う重要なファクター

よって、ペース、隊列によっては、強い3頭で決まる確率は決して高くはないと判断。

3強中1頭、ないし2頭は脱落しても、何ら不思議はないでしょう。






①⑱
 ⑫⑭
②⑦⑩
 ⑥⑧⑬
③④⑪⑰
⑤ ⑨



サートゥルナーリアの外がダノンキングリー。このダノンキングリーの一歩目が結構速いんですよ。

すると、好位のインに入りたいダノンキングリーは、すぐにサートゥルナーリアの前をカットするでしょう。

外から寄られたサートゥルナーリアは、すぐに外に進路をとろうとするでしょうが、その外がユタカさん。

「ポっと出の外人にダービーなんか勝たせるかよ!」

すぐにサートゥルナーリアの横につけて「絶対に外に出させるもんか!!」という日本人騎手の意地をみせてくるはずです。


外からは、今ノリノリのミルコ、タイトな川田、福永がいます。

データでは全く走れていない6番枠。

「そんなんあくまでデータや」

とは思うが、大事なのは枠の並び。

有力馬、有力騎手がサートゥルナーリアに外にいったことで、外からくるプレッシャー

o0484036414111042529


d09dc913



img_0


img_1_m



相当なモノだと思います。

NHKマイルCでは、ダノンチェイサーの川田騎手が、馬を内に寄せてしっかりとグランアレグリアをブロックする姿勢をみせました

bandicam 2019-05-25 21-00-09-387

まぁ、結果はそんなのお構いなしという感じでルメールがふっとばしたんですがw

bandicam 2019-05-25 21-00-16-261
bandicam 2019-05-25 21-00-19-163


576317aee9b27307b072c5fe6afd999620190506104155252

しかし、接触などもあり、敗れたルメールは青ざめた表情に

昨年のダービー、ワグネリアンの福永騎手は、タイトにタイトに立ち回り、ブラストワンピースとダノンプレミアムを絶対に出さないんだぞ!という姿勢を貫きました
bandicam 2019-05-25 21-04-32-946
bandicam 2019-05-25 21-04-39-261
bandicam 2019-05-25 21-04-45-744



bandicam 2019-05-25 20-06-09-664


結果、ブラストワンピースとダノンプレミアムは内でもがき苦しみ、その間に出し抜いていた馬たちにやられました。


こういうことが起きるのが競馬。

「面白くないんだよ!!!!」


日本で活躍する17人の侍の心は一つ。

17頭から包囲網を受けるサートゥルナーリアのレーンを、そう安安と外になんか出さないはずです。

もちろん、直線どこかでスペースはできるかもしれません。その空いた一瞬で突き抜けたら、それはもう諦めますよ。

でもね、ダービーに出てくるような馬が、そんな一瞬の出来事で負けるとは思えない。


よって

サートゥルナーリア(レーン)は馬券圏外も有り得る

のですよ。

他の隊列取りに話を戻しましょう。






①⑱
 ⑫⑭
②⑦⑩
 ⑥⑧⑬
③④⑪⑰
⑤ ⑨




⑮横山武史はもう行くだけ。外から惰性をつけてしまえば、勝手に後続との差は広がるでしょう。

①ロジャーバローズは、出来ればこれを追いかけたくはなく、後続を抑え込むようなスローに持ち込みたいはず。

大外⑰シュヴァルツリーゼは昨年コズミックフォース3着石橋脩。

同じ競馬を目論んでいますから、大外から時間をかけて、1~2コーナー中間ぐらいで番手の外までつけてくるでしょう。

⑫アドマイヤジャスタは、前走は本当は先行させたかったのが厩舎の思惑。今回は、ノリノリのミルコ。

ドゥラメンテのように、サっと先行させてくるでしょう。

昨年の⑭ダービージョッキーも「外枠ならやることは同じや。下げたらドンドンポジが悪くなる」ということを昨年のワグネリアンで学んでいるだけに、ミルコのコバンザメで積極策。


②ヴィントはガチガチに緊張した竹之下騎手ゆえ、まぁベターに乗るでしょうw

その外に、行き過ぎると掛かる恐れがあるダノンキングリーがつけ、⑩クラージュゲリエも積極的。

これらが外からドドドと前にかぶさるように先行するため、⑥サートゥルナーリアは自然と馬群に包まれる形になるでしょう。

難しいのは⑬ヴェロックスの位置取りです。

前に馬を置きたいでしょうが、行き過ぎても微妙。でも外からサートゥルナーリアも被せたい。

常に前に馬を置けずに外を回らされるハメになる可能性があります。

それこそ、サートゥルナーリアが外に出しちゃえば、これの真後ろにつけられますが、他の馬が包囲網をしけば、それも叶わないでしょう。


川田騎手にも「勝たせたくない」という意地があるでしょう。

ここは、前に馬を置くことよりも「サートゥルナーリアを負かす」ことに全力を注ぐはず。


サートゥルナーリアを負かせばつまり、ヴェロックスが先着するということにも繋がるからだ。


よって、前にカベを作ることよりも、外をタイトに回って、フタをする役割を担うでしょう。


以上が隊列。

今年のダービーはとにかく

「ポっと出の外人にダービーなんか勝たせるかよ!」


ということ。

15人近くが、そう思って乗るでしょう。

競馬において、一強は怖い。


全馬全ジョッキーの標的になるからだ。

絶対的な王者でありながら、一強ムードが引き起こす事故は、何度もあった。

bandicam 2019-05-25 21-27-36-830

bandicam 2019-05-25 21-27-11-233
bandicam 2019-05-25 21-27-24-577


みんながブエナビスタをマークしたことにより、逃げ切りを許してしまったのだ。

bandicam 2019-05-25 21-27-54-410
bandicam 2019-05-25 21-28-37-661
bandicam 2019-05-25 21-28-48-807


みんながオルフェーヴルをマークするあまり、前を野放しにしてしまい、逃げ切りを許してしまったのだ。

つまり、チャンスは

「サートゥルナーリアを意識せず、自分の競馬に徹したものに訪れる」

可能性がある。

MkSUgb5V_20170126220904





20190523-00000073-tospoweb-000-1-view




そう、横山武史のアタマの中は「サートゥルナーリアを負かす」なんてことはなく緊張でほとんど空っぽなのだ。

とにかく行くだけ

その単純思考が、17頭たちからの「どうせ垂れるやろ」という放置プレイにより、大きな恩恵を受けることになるだろう。



令和初の、日本ダービーに輝く、君の名は、名前はーーーーーーー

DMlAggpVwAIg67w



印まとめ

◎リオンリオン(横山武史)
○ロジャーバローズ
▲シュヴァルツリーゼ
☆ダノンキングリーヴェロックスサートゥルナーリア



遂に時は来た

昨日までは序章の序章で

いまだかつてないスピードで

ダウンロード


君のもとへダイブを

pog14060115460010-p8



運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
こんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

images


生き抜いていこう



運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

09896515


生き抜いていこう 

多分、ダービーの日、二人は、入れ替わってるはずw


第86回

ダービー馬の名は。


nc94255



(60位前後です。応援クリックよろしくね♪)

(2位前後応援クリックよろしくね♪)

<スポンサーリンク>


0058_l


去年は、アーモンドアイとラッキーで決まるやろ~って思って一点勝負したら、チーンでしたw

今年は、抜けた馬がおらず、混戦で面白そうですね。

先週は穴馬クロコスミアのおかげでかなり美味しい馬券がとれました!


今週も美味しい穴馬を紹介できればなぁと。

<スポンサーリンク>


オークス

◎エールヴォア
○クロノジェネシス
▲コントラチェック
☆ラヴズオンリーユー
穴⇨
(60位前後です。応援クリックよろしくね♪)
△7.8.10.11.12.14.16



芝がなんか特殊になってきたのを記事にしたかったんですが、日曜になって元に戻ってきて、ネタにできず。

エールヴォアは、エリカ賞勝ち馬。エリカ賞を勝った牝馬は、ヴィブロスやアドマイヤグルーヴなど、ほぼ間違いなく出世します。

まぁ、桜花賞の本命馬ですからね。ここも追いかけなければ、ダメっしょ!!

目をつけたなら、その責任をとって、ちゃんと最後まで追いかけろ!!!!


この馬は、絶対にオークス向きだ!!!


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

0056_l


去年はリスグラシューがめちゃくちゃ自信あったので、単勝ぶっこんだんですよね。

そしたらハナ差2着・・・

あれは辛かった・・・

今年こその気持ちです。

さて、今週もこのお二方が大活躍。




この後もにゃむ師匠と共に的中を重ねており、さすがだなぁと。

ぼくは平成から令和に変わって、一般生活であんまりいいことがないので、せめてGIは当てたいところです。


<スポンサーリンク>


ヴィクトリアM

◎レッドオルガ
穴⇨
(60位前後です。応援クリックよろしくね♪)
○プリモシーン
▲ラッキーライラック
☆アエロリット
△1.4.7.8.11.15


個人的に、4歳世代が強いのは牡馬とダートであり、4歳牝馬はアーモンドアイ以下は大したことないと思っている。

実際、エリザベス女王杯でもパっとしておらず、ノームコアも完全に伸び負けしていました。

三冠馬が出る年の特徴は

①一頭抜きん出て強い

②他が弱い


よって、ここは疑う余地は十分あるはず。去年からその違和感を抱いていただけに、ここはそれを活かした予想をしたいところ。

狙いはレッドオルガ。東京新聞杯の内容からもホエールキャプチャとキャラがかぶる。

この枠でしっかり位置をとれさえすれば、自然と勝ち負けに。


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

昨日は驚きのヒョウでしたね・・・

東京後半はちょっと買いたい馬もいたのでガッカリ。

とはいえ、あの状況では予想もクソもなかったし、月曜とかにならずに済んでよかった。

JRAさんナイス判断です。




弟子の北斗は今日も好調だし、にゃむ師匠もいきなり馬連48倍を当てるなど、さすがの的中を提供しております。

わいも便乗しようかな笑

<スポンサーリンク>


NHKマイルC

◎グランアレグリア
○アドマイヤマーズ
穴⇨
(60位前後です。応援クリックよろしくね♪)


ルメールは藤沢厩舎で3R予行演習を終了。

馬場も乾いてますし問題ないでしょう。

この2頭が強い。

問題は3着争い。2軸で全通りで当たると思いますが、注目はこの馬。

ラインクラフトや、アエロリットの世代もそうでしたが

牝馬>>牡馬の時は牝馬が良く絡むのです。

前走は前に行きましたが、イメージとしては内でジっと脚を溜めてセコく乗ればヒョッコリ3はあってもいいと思います。

これの一発に期待しつつ、レースは2頭がマッチレースで盛り上がればいいなぁ

それぐらいの温度で見ていようと思います。

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)

ラインも後ほど送れたら送ります。


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

青葉賞は痛恨の4。ワタルくんもキタサンバルカンだったので、それが敗因でしょう・・・


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


<スポンサーリンク>


天皇賞・春

13頭立て。しかし今年は逃げたいヴォージュとロードヴァンドールがいて、かつメイショウテッコンがいる。


 ④
 ⑬




 ⑤

 ⑧
⑩③
⑦⑨

 ②
⑪①



和田さん、ノリさんが逃げて、メイショウテッコンが、離れた3番手で単騎逃げの形。

あれ?これ、

bandicam 2019-04-28 13-29-40-783
bandicam 2019-04-28 13-29-57-484


昨日の青葉賞と全く同じやん。

結果は福永騎手が後ろをスローに落としすぎて、前が残る展開。


競馬において大事なのは、逃げた馬ではなく、2,3番手の騎手がペースを握るということ。

福永騎手が色気を持って、後ろを抑え込んでしまうような実質的な逃げを打てば打つほど、前を行く2頭には有利な展開となり、気づけばもう2頭は遥か彼方


なんてことも、無きにしもあらず。

確率としては0ではなく、実力通りなら4歳BOX買っとけば勝手に当たると思いますが、それでは正直そこまで儲からない。

だったら、荒れる可能性のあるコッチに賭けるほうがいいと判断し、

◎ロードヴァンドール
○ヴォージュ
▲エタリオウ
☆メイショウテッコン
☆ユーキャンスマイル
☆グローリヴェイズ
穴⇨
(60位前後です。応援クリックよろしくね♪)
△クリンチャー
△パフォーマプロミス


という印になる。

昨日のデジャヴを期待。平成最後は大荒れの天皇賞・春とな~~~れ~~~~


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

↑このページのトップヘ