カテゴリ: 2019年GI予想









アキトの師匠にゃむと、弟子の北斗のコンビが当てまくっています。

いやぁすごいっすね。この爆発力。馬単とかあえての2着固定とか買い方にセンスを感じます。

穴馬の激走の嗅覚などが優れているんでしょうね。

「ここっ!」ってポイントを見逃さないことが穴党では最も大事。


スプリンターズSの予想も参考にしてみたいと思います。


<スポンサーリンク>

展開


  ⑦

  ⑩
 
  ③
 ⑯
 ⑮
⑬⑨②
⑪④
⑫⑧①
⑯ ⑤

⑭ ⑥


父のような存在、師匠である音無調教師から

「何が何でも逃げろ!!」

と指示を出された24歳の松若風馬ちゃん。



若い子が「あれしろ!!」と言われたら、極端にそれを実行してしまう恐れがある。

「いやいやお前逃げろって言ったけどさぁw」

若者「え、逃げたじゃないですか」


これが若者心理。


GIを勝ったことがない松若風馬に、


単騎でソロっとフワっとリズムよくペースを刻んで後続に脚を使わあせて絶妙な仕掛けどころで


果たしてそれができるのか


ラブカンプーは速い。外のラブカンプーと内のセイウンコウセイが速いのを見た松若は、ガシガシガシガシと追ってハナを奪うだろう。

そのペースは、モズスーパーフレアにとって、ベストなペースなのか

確かに、今の中山は、前が止まらない。

しかし、モズスーパーフレアにだって限界はある。

松若が、何も考えずただ逃げることだけを考えてレースに臨むのであれば


モズスーパーフレアだけオーバーペースで、後続はスロー


ということだってアリエール。

あれ、これって


高松宮記念と全くおんなじ状況じゃん!?


印公開

◎⇨
(70位前後です。応援クリックよろしくね♪)
○ダノンスマシュ
▲タワーオブロンドン
☆モズスーパーフレア
穴セイウンコウセイ




正直ダノンスマッシュがこの枠はズルいしタワーオブロンドンも一枚抜けているイメージ。

なので、万が一、上の展開想定が崩れて、阪急杯のようにジョッキーの気迫で好位をとることができれば、決してこんなに人気がない馬ではないだけに激走あっても不思議はないはずです。

それぐらいに希望的観測レベルの馬券を買おうかなぁと。

じゃないと儲からないレースですよ多分w


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

増税が近くて爆買来てますね。

競馬民は週末の競馬で爆勝ちしたら爆買するのかな?

ボクはルームランナーがほしいですw


<スポンサーリンク>

展開


  ⑦
 ⑩
⑮③
⑬⑨②
⑪④
⑫⑧①
⑯ ⑤

⑭ ⑥



マルターズアポジーの前半3Fの最速タイムは33秒9が3回。

よってこの電撃スプリント戦でハナ争いなんざ出来るワケがなく「あれ?いたの?」ぐらいで終わるでしょう。無視。

ダノンスマッシュはスタートもうまいですし、好位のインに勝手に入って勝手に前が開きそう。

この枠はズルい。

タワーオブロンドンはこのメンバーなら中団よりやや後ろの馬群でしょう。

捌きが間違いなくポイントになるが、前さえ開いちゃえばあっという間に差しきれる爆発力がありますから、あんまり心配していません。

難しいのはファンタジスト。

この枠なら前に行くか下げるかの2択。

同じ様な馬が並びすぎていて、かなり難しい隊列になるでしょう。


となれば、前半で脚を使わない差しをユタカさんなら選択してくるんじゃないかと思います。

勿論スタート次第ですが。

中山は2秒近く速い時計。

前半33秒0前後のハイペースのような平均やや速いぐらいのペース。

前が全滅みたいなことはないでしょう。

1分6秒台で走れるポテンシャルが必要。


推奨馬

推奨馬⇨
(70位前後です。応援クリックよろしくね♪)


正直ダノンスマッシュがこの枠はズルいしタワーオブロンドンも一枚抜けているイメージ。

穴なら、この馬でしょうか。そんなにスタートも悪くなく、無難な位置をしっかりとれるでしょう。

ダノンスマッシュが勝手に進路を導いてくれそうですし、充実一途の今なら乗じて差し込みも。


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>



北斗とにゃむ師匠がまたまたぶちかましたようです。

いやぁ、えげつない。読者さんも大興奮だった様子

いやぁすごいなぁ、負けてられないなぁ。


<スポンサーリンク>


宝塚記念

  ①
⑥⑤
⑩ ④
⑨ ②
⑪⑦
⑫ 
  ⑧
  ③ 







キセキは元々逃げ馬じゃなかったし、近走は一歩目がそんなに早くない。

そのため、テンからガンガン行く感じよりかはジワーーーっと先行する形になるでしょうし、前走はスローにもお付き合いしていました。

「キセキ=持久力戦」という考えは間違っているでしょう。あれは対アーモンドアイ用に立てた作戦であり、やはりジョッキー心理としては前半はジックリいきたいし、ラブリーデイで勝ったときのようどちらかと言えば出し抜けを狙いたいはず。

アルアイン北村友一は、前走で成功した前例があるので、ここもキセキの後ろ、好位のインペタで再現を狙ってくるでしょう。

基本的にこのクラスのジョッキーは、一度成功したことを一つ覚えみたいに同じことを繰り返すことが多々あります。

なのでキセキの後ろにつけていくでしょう。

レイデオロのルメール騎手は前走の失敗を踏まえて前に馬を置く作戦で挑んできます。この枠ですから、アルアインの真後ろあたりにつけてくるでしょう。

キセキ以外で前に行くのはタツゴウゲキとスティッフェリオ。テンの速さてきにこの2頭が行くでしょう。

キセキが万が一出遅れたらこれらが先行する形。別にハイペースを望んでいるタイプでもないですし、ドスロー希望でしょう。

このまま隊列がアッサリ決まって凄く遅いペースになるとみました。

12.2-11.6-12.9-13.4-13.1

前半5F 1分3秒2

「おっそ!!!」とスタンドはざわつくでしょう。

しかし、向正面では違う意味でざわつくとみています。


  ①
 ③

⑩⑥⑤
⑨②④
⑫ ⑦ 
 ⑧
 


前半スっと下げて最後方だったノリさん

「ポツンかよwww」

とノリさんをバカにした連中はその瞬間拍手を送るはず。

向正面に入ったあたりからグっとピッチを上げて先頭に並びかけるでしょう。

ノリさんは過去のVTRを見て、日経賞のレースや天皇賞春のレースをみているはずです。

もしもテンに下げなければ先行策も考えているでしょうが、現時点でのテンの速さてきにはこの策を講じてくる可能性が非常に高い。

そうなれば、ミルコも大阪杯のいいイメージがあるし、ノリさんが動いたとなれば自分も動いてくるはず。

後ろが動いてきたとなれば川田騎手もそこの対処は早いはずですからピッチを上げてくるでしょう。

前半のドスローが嘘のように後半は締まったレースになるはず。

ここで踏み遅れた馬は厳しくなるでしょう。

よって印は

印まとめ

◎エタリオウ
○キセキ
▲スワーヴリチャード
穴クリンチャー
△2.4.7.12

(80位前後です。応援クリックよろしくね♪)

もしもペースが速ければそれはそれで後ろから差しが決まるとみました


前走の天皇賞春は坂の下りでトップスピードに乗せてしまったミルコの騎乗ミス。

ポジションを押し上げるならば、ゴールドシップのノリさんのように3角手前で仕掛けないといけないのです。

坂の下りで脚を使ってしまったための失速なので、あの4着は致し方なしでしょう。

神戸新聞杯、菊花賞、ダービーのパフォーマンスを考えれば、間違いなく世代トップクラスの実力の持ち主であり、

そして4歳は最強世代。

そして今年はその4歳がエタリオウのみ。

昨年の秋、席巻したのは現4歳馬だろう?


強いのは、4歳なんだよ!!

51cc6a4f-6f74-4c03-8619-1ed2c67b4df1




友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


ダービーです。

思い出のダービーは、12年ディープブリランテの勝ったダービー。

img_view


あの時、新馬戦を勝ったディープブリランテを見て「来年のダービーはこの馬だ!」と高らかに宣言。


共同通信杯→スプリングS→皐月賞

と3連敗するも、ダービーは絶対に勝てると信じており、見事優勝。

アキトニシハラが惚れた馬は必ず走るが、この馬もまた、それを証明してくれた。


もうひとつは、16年サトノダイヤモンドが2着のダービー。

1655308-1


この年は、2歳の5月、育成場でみたサトノダイヤモンドに一目惚れ。

まぁ例のごとく、アキトニシハラが目をつけた馬ですから、走ってくれるでしょう。

と信じていました。

残念ながら、落鉄などもあり、ハナ差及びませんでしたが、これまた自分の目が証明されたダービーでした。


今年はどうか


ぶっちゃけ、サートゥルナーリアが一番強いとデビュー前から知ってました。


でも、それは、みんな知ってたでしょ?

だから、全然モチベ上がらないんですよ。


100円でいいかなーぐらいに思ってました。




絶好調のにゃむ師匠と北斗に丸乗りしようかなぁとも思っていたぐらい。(本当にオススメの予想家の二人です)


しかし、土曜の競馬が終わり、モチベが上がりました。

その理由は、後ほど

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)

目黒記念の推奨馬はLINE@にて

<スポンサーリンク>


土曜の馬場傾向

bandicam 2019-05-25 20-01-37-353

今週からCコース。Bコースは4コーナーあたりの内が非常に悪く、そこを空けて直線に向くから、結局直線内が空いて外不利の内有利という馬場でした。

しかし、Cコースとなり、それが概ねカバーされ、全然違う馬場となっていた。


特に後半レースが顕著であった。

bandicam 2019-05-25 20-01-57-052

内枠先行決着

bandicam 2019-05-25 20-02-42-981
bandicam 2019-05-25 20-02-58-215


外のビーカーリーなど有力馬が伸びてくるかと思いきや、結局内が全然足りてこず、差してきた4着馬も結局内を立ち回っていた馬。

bandicam 2019-05-25 20-04-19-501
bandicam 2019-05-25 20-04-36-107
bandicam 2019-05-25 20-04-52-551

多頭数の東京マイルで行われた東京8Rも、結局内枠3頭の決着。

ダービー週やジャパンC週など、大きな舞台になればなるほど、たまに東京は、内枠が超絶有利になる時があります。

今年はまさにそんな年なのではないのか???


馬場のバイアスは、足りない能力を埋める重要なファクター

準オープン馬ジャングルクルーズが、ジャパンCで4着にこれたのは、それ以外の何者でもない。


過去にも、そんなダービーはあった。

bandicam 2019-05-25 20-06-53-051

ワンアンドオンリーとイスラボニータが抜け出し、大外からトゥザワールドとショウナンが伸びてきそうな映像。


bandicam 2019-05-25 20-07-05-157

しかし、内有利のバイアスにより、外のトゥザワールドが伸びず、大穴マイネルフロストがジリジリと伸びて3着に食い込みました。

今年はまさにこのイメージ。

思えば、ダービーは毎年いい馬場で行われるため、先行穴馬は良く残るレースなのです

bandicam 2019-05-25 20-09-14-741


実際、昨年のダービーも

bandicam 2019-05-25 20-05-55-111
bandicam 2019-05-25 20-06-02-571
bandicam 2019-05-25 20-06-09-664


逃げたエポカドーロ、5番手のワグネリアン、3番手の大穴コズミックフォースが残る。

そんなレースであった。

bandicam 2019-05-25 20-08-30-444

過去にも、アポロソニックや、トーセンホマレボシなど、高速馬場、前打ちが止まらない馬場を活かし、差されると思いきや粘り込んで3着激走。


今年は上位3頭は間違いなく強いが、こういう特殊な馬場で行われるとなれば、話しは別。

何度も言いますが

トラックバイアスは、能力を補う重要なファクター

よって、ペース、隊列によっては、強い3頭で決まる確率は決して高くはないと判断。

3強中1頭、ないし2頭は脱落しても、何ら不思議はないでしょう。






①⑱
 ⑫⑭
②⑦⑩
 ⑥⑧⑬
③④⑪⑰
⑤ ⑨



サートゥルナーリアの外がダノンキングリー。このダノンキングリーの一歩目が結構速いんですよ。

すると、好位のインに入りたいダノンキングリーは、すぐにサートゥルナーリアの前をカットするでしょう。

外から寄られたサートゥルナーリアは、すぐに外に進路をとろうとするでしょうが、その外がユタカさん。

「ポっと出の外人にダービーなんか勝たせるかよ!」

すぐにサートゥルナーリアの横につけて「絶対に外に出させるもんか!!」という日本人騎手の意地をみせてくるはずです。


外からは、今ノリノリのミルコ、タイトな川田、福永がいます。

データでは全く走れていない6番枠。

「そんなんあくまでデータや」

とは思うが、大事なのは枠の並び。

有力馬、有力騎手がサートゥルナーリアに外にいったことで、外からくるプレッシャー

o0484036414111042529


d09dc913



img_0


img_1_m



相当なモノだと思います。

NHKマイルCでは、ダノンチェイサーの川田騎手が、馬を内に寄せてしっかりとグランアレグリアをブロックする姿勢をみせました

bandicam 2019-05-25 21-00-09-387

まぁ、結果はそんなのお構いなしという感じでルメールがふっとばしたんですがw

bandicam 2019-05-25 21-00-16-261
bandicam 2019-05-25 21-00-19-163


576317aee9b27307b072c5fe6afd999620190506104155252

しかし、接触などもあり、敗れたルメールは青ざめた表情に

昨年のダービー、ワグネリアンの福永騎手は、タイトにタイトに立ち回り、ブラストワンピースとダノンプレミアムを絶対に出さないんだぞ!という姿勢を貫きました
bandicam 2019-05-25 21-04-32-946
bandicam 2019-05-25 21-04-39-261
bandicam 2019-05-25 21-04-45-744



bandicam 2019-05-25 20-06-09-664


結果、ブラストワンピースとダノンプレミアムは内でもがき苦しみ、その間に出し抜いていた馬たちにやられました。


こういうことが起きるのが競馬。

「面白くないんだよ!!!!」


日本で活躍する17人の侍の心は一つ。

17頭から包囲網を受けるサートゥルナーリアのレーンを、そう安安と外になんか出さないはずです。

もちろん、直線どこかでスペースはできるかもしれません。その空いた一瞬で突き抜けたら、それはもう諦めますよ。

でもね、ダービーに出てくるような馬が、そんな一瞬の出来事で負けるとは思えない。


よって

サートゥルナーリア(レーン)は馬券圏外も有り得る

のですよ。

他の隊列取りに話を戻しましょう。






①⑱
 ⑫⑭
②⑦⑩
 ⑥⑧⑬
③④⑪⑰
⑤ ⑨




⑮横山武史はもう行くだけ。外から惰性をつけてしまえば、勝手に後続との差は広がるでしょう。

①ロジャーバローズは、出来ればこれを追いかけたくはなく、後続を抑え込むようなスローに持ち込みたいはず。

大外⑰シュヴァルツリーゼは昨年コズミックフォース3着石橋脩。

同じ競馬を目論んでいますから、大外から時間をかけて、1~2コーナー中間ぐらいで番手の外までつけてくるでしょう。

⑫アドマイヤジャスタは、前走は本当は先行させたかったのが厩舎の思惑。今回は、ノリノリのミルコ。

ドゥラメンテのように、サっと先行させてくるでしょう。

昨年の⑭ダービージョッキーも「外枠ならやることは同じや。下げたらドンドンポジが悪くなる」ということを昨年のワグネリアンで学んでいるだけに、ミルコのコバンザメで積極策。


②ヴィントはガチガチに緊張した竹之下騎手ゆえ、まぁベターに乗るでしょうw

その外に、行き過ぎると掛かる恐れがあるダノンキングリーがつけ、⑩クラージュゲリエも積極的。

これらが外からドドドと前にかぶさるように先行するため、⑥サートゥルナーリアは自然と馬群に包まれる形になるでしょう。

難しいのは⑬ヴェロックスの位置取りです。

前に馬を置きたいでしょうが、行き過ぎても微妙。でも外からサートゥルナーリアも被せたい。

常に前に馬を置けずに外を回らされるハメになる可能性があります。

それこそ、サートゥルナーリアが外に出しちゃえば、これの真後ろにつけられますが、他の馬が包囲網をしけば、それも叶わないでしょう。


川田騎手にも「勝たせたくない」という意地があるでしょう。

ここは、前に馬を置くことよりも「サートゥルナーリアを負かす」ことに全力を注ぐはず。


サートゥルナーリアを負かせばつまり、ヴェロックスが先着するということにも繋がるからだ。


よって、前にカベを作ることよりも、外をタイトに回って、フタをする役割を担うでしょう。


以上が隊列。

今年のダービーはとにかく

「ポっと出の外人にダービーなんか勝たせるかよ!」


ということ。

15人近くが、そう思って乗るでしょう。

競馬において、一強は怖い。


全馬全ジョッキーの標的になるからだ。

絶対的な王者でありながら、一強ムードが引き起こす事故は、何度もあった。

bandicam 2019-05-25 21-27-36-830

bandicam 2019-05-25 21-27-11-233
bandicam 2019-05-25 21-27-24-577


みんながブエナビスタをマークしたことにより、逃げ切りを許してしまったのだ。

bandicam 2019-05-25 21-27-54-410
bandicam 2019-05-25 21-28-37-661
bandicam 2019-05-25 21-28-48-807


みんながオルフェーヴルをマークするあまり、前を野放しにしてしまい、逃げ切りを許してしまったのだ。

つまり、チャンスは

「サートゥルナーリアを意識せず、自分の競馬に徹したものに訪れる」

可能性がある。

MkSUgb5V_20170126220904





20190523-00000073-tospoweb-000-1-view




そう、横山武史のアタマの中は「サートゥルナーリアを負かす」なんてことはなく緊張でほとんど空っぽなのだ。

とにかく行くだけ

その単純思考が、17頭たちからの「どうせ垂れるやろ」という放置プレイにより、大きな恩恵を受けることになるだろう。



令和初の、日本ダービーに輝く、君の名は、名前はーーーーーーー

DMlAggpVwAIg67w



印まとめ

◎リオンリオン(横山武史)
○ロジャーバローズ
▲シュヴァルツリーゼ
☆ダノンキングリーヴェロックスサートゥルナーリア



遂に時は来た

昨日までは序章の序章で

いまだかつてないスピードで

ダウンロード


君のもとへダイブを

pog14060115460010-p8



運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
こんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

images


生き抜いていこう



運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

09896515


生き抜いていこう 

多分、ダービーの日、二人は、入れ替わってるはずw


第86回

ダービー馬の名は。


nc94255



(60位前後です。応援クリックよろしくね♪)

(2位前後応援クリックよろしくね♪)

<スポンサーリンク>


0058_l


去年は、アーモンドアイとラッキーで決まるやろ~って思って一点勝負したら、チーンでしたw

今年は、抜けた馬がおらず、混戦で面白そうですね。

先週は穴馬クロコスミアのおかげでかなり美味しい馬券がとれました!


今週も美味しい穴馬を紹介できればなぁと。

<スポンサーリンク>


オークス

◎エールヴォア
○クロノジェネシス
▲コントラチェック
☆ラヴズオンリーユー
穴⇨
(60位前後です。応援クリックよろしくね♪)
△7.8.10.11.12.14.16



芝がなんか特殊になってきたのを記事にしたかったんですが、日曜になって元に戻ってきて、ネタにできず。

エールヴォアは、エリカ賞勝ち馬。エリカ賞を勝った牝馬は、ヴィブロスやアドマイヤグルーヴなど、ほぼ間違いなく出世します。

まぁ、桜花賞の本命馬ですからね。ここも追いかけなければ、ダメっしょ!!

目をつけたなら、その責任をとって、ちゃんと最後まで追いかけろ!!!!


この馬は、絶対にオークス向きだ!!!


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

↑このページのトップヘ