カテゴリ: 先週の振り返り

オークス、アーモンドアイ強かったですね。

ロードカナロア産駒で距離不安をささやかれましたが、次元が違う馬には血統の概念は関係ないということです。

それは、キタサンブラックの菊花賞で学んでいるはず。

競馬が面白いのは、短距離血統なのに、長距離で走ったり、ダート血統なのに芝で走ったりなど、血統の概念を越えたサラブレッドが誕生することですよね!

勝ち時計も非常に優秀でしたし、何よりあの位置で33.2という素晴らしい上がりをマーク。

本当に楽しみな一頭が誕生しましたね!

古馬との初対決が今から楽しみですね!そして、今週はいよいよダービー!かなり面白いメンバーが揃いましたから、予想のしがいがありますね!

一年で最も盛り上がる一週間ですから、ブログも一生懸命更新していきます。

何とか的中に結び付けられるよう、頑張っていきましょう!


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)

<スポンサーリンク>


【PR】

ダービーの買い目を無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■■■

2004年にキングカメハメハとのコンビで制覇!

G1通算22勝!
ダービージョッキー安藤勝己が
日本ダービーの【最終結論◎○▲
を参加者全員にに教えます!

もちろん全て無料!
l300-250

■■■■■■■■■■■■■■■■■

【衝撃的中!】
大阪杯(G1)ではテレビ出演で馬券を披露!
馬連4点で29万3000円獲得!

本命馬はもちろん
相手関係の根拠もバッチリ!
ダービージョッキー・アンカツさんの
本格予想が読めるのは競馬ラボだけ!

日本ダービーの【最終結論◎○▲】を無料で見る!
l728-90

日本ダービー

A


去年の春から、このクラブが勝つって言っちゃってるので、今年はこの馬と心中ですね。

勢いもあります。ただ、オッズてきには、ロードカナロア産駒のステルヴィオが多少売れて、皐月賞組ではないコチラに多少妙味が出てきそうです。

この馬を軸に、相手5頭くらいに絞ってビシっと当てたいところです。

目黒記念

B

今度はハンデ戦ですからね、舞台適性を考えても、また馬券圏内にひょっこりハンしそうな気がします。

毎年難しいレースですから、こういう馬の複勝一点とかでも、面白いと思います。

今日はこのへんで。オークス解説するっちは近日公開予定なので、お楽しみに!

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


ヴィクトリアマイルは、ジュールポレールが見事昨年の雪辱を晴らしましたね。

いやぁ◉リスグラシューは、相当自身あったんですよ。

なので、単勝ドンと勝負しましたが、痛恨の2着。

申し訳程度の馬連しか的中ならずでした。

今年はもーちょっとのところで外したり、本命変えたら来られたりと、かなり流れが悪いです。

どーにか断ち切って、昨秋のフィーバーモードに突入していきたいですね。解説はまた後ほど。

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)

<スポンサーリンク>



【PR】

GIシリーズの買い目を無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■
“馬券内率80%を継続中!
鉄板度★325戦25連対!!
(17年7/22~18年5/11)

俊英予想家が集う競馬JAPAN
充実したコンテンツが無料で使える
≪週末の手助けとなること間違い無し!≫
三連系の軸にも最適!鉄板軸馬3
は土日3頭ずつ無料配信
300-300

■■■■■■■■■■■■■■■

東京連続GIシリーズも鉄板軸馬にお任せ!
4/8阪神11R 桜花賞
推ラッキーライラック2着

4/1阪神11R 大阪杯
推アルアイン3着

2/18東京11R フェブラリーS
推ゴールドドリーム2着

鉄板軸馬3を無料で入手する
640-100



オークス

A
(10位前後)

てことで、本日は簡単に週末の注目馬を挙げて終わりたいと思います。

もちろん主役はこの馬。まだ底を見せていない印象で、東京ならさらに弾けるんじゃないでしょうか?

距離適性はよほどスプリンターでなければそこまで気にしなくていいレースです。

勝ちっぷりに注目です

平安S

B
(2位前後)

個人的には今週はこちらのほうがメチャメチャ楽しみです。

この騎手にこの馬が乗ってどんな科学反応を起こすのか。

近代競馬じゃなかなか見れない横綱相撲をしてくれそうな気がします。

後方からレースを運ぶグレイトパールをどう負かすのか、注目の一戦。

手綱捌きに期待です。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


NHKマイルCは、ケイアイノーテックが勝ち、藤岡佑介騎手が初GI制覇。

今年に入って別人のように躍進していましたし、ファンも納得のGIジョッキーの仲間入りとなりましたね。

予想的には、ちょっと買えない決着でした。

逆に切り替えやすいですが、どうすれば獲れたかを反省し次に活かさないことには次またこういうことが起きたときに馬券が獲れないですからね。

外しっぱなしが一番ダメ。明日の解説するっちでしっかり回顧していきたいと思います。

そのマイナスを取りこぼすべく、新潟最終ではLINE配信の単勝154倍◎アドマイヤシャドウで勝負するも、

痛恨の4着

これはこたえました・・・皆さんからもぐぬぬの声がかなり聞こえてきました。

ナイストライかもしれませんが、当たらなければどうということはない、というシャア大佐の言葉もありますからね、次こそは帯封が取れるよう頑張ります。

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)

<スポンサーリンク>


【PR】

GIシリーズの買い目を無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■
“大魔神”の愛称でお馴染み!

≪GI馬主・佐々木主浩≫
の【ヴィクトリアM・最終結論
を無料公開
u300_250

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!


フラワーCは3連複2870円的中

金鯱賞は3連複4000円的中

弥生賞は2頭軸で絞り獲り!3連単1320円的中

ヴィクトリアMの最終結論はこちら
u640_100

ヴィクトリアM


bandicam 2018-05-06 19-43-44-968

昨年の勝ち馬やレッツゴードンキに加え、ハイレベル4歳牝馬世代がズラリ集結。

非常に面白そうなメンバーですね。中でも注目は

A
(10位前後)

東京のマイルなら恐らく最強でしょう。

前走も負けて強しでしたからね。よほど馬場傾向などのバイアスがない限りは、本命の予定です。

京王杯SC

bandicam 2018-05-06 19-44-43-376

昨年は確かクラレントあたりを重視していたレースでしたね。

この距離の重賞は適性が問われ、リピーター性も高いですから、この距離に良績がある馬を狙いたいですね。

B
(2位前後)

前走もいい走りをしてくれました。

このレースとの相性は良くないですが、馬場や展開などが要因。

まともに走れば力上位ですからね。期待したいです。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>



一週間お疲れ様でした。

日曜の重賞は展開と隊列がちょっと予想外のものに。

マイラーズCがあれほど流れるとは思いもよりませんでしたし、フローラSは内枠重視も、オハナに全部潰されてしまいました。

特にフローラSは結果前残りというイメージしていた2,3着馬の結果。

勝ったサトノワルキューレはちょっと次元が違いましたが、決してとれないレースじゃなかったかなと。

まぁこの2Rは次のGIに繋がる大事なステップなので、火曜にマイラーズC、水曜にフローラSの回顧をしっかり書こうと思います。

土曜はオアシスSと福島牝馬SがW的中。日曜も提供はタイセイパルサーがマズマズ頑張っていましたし、自分の中で京都と東京に変わって確実に儲かるシーズンキたなぁという流れを感じることができましたから、今開催は儲け時だと思って頑張りたいと思います。

とりあえず今日のところは、青葉賞と天皇賞春の推奨馬をピックアップして終わりたいと思います。

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)

<スポンサーリンク>


【PR】

GIシリーズの買い目を無料公開

  ≪第157回 天皇賞(春)・GⅠ≫
k640_100

キタサンブラック引退後、古馬GⅠ戦線で
主役になるのは果たして!?

紙面上では完全無印が予想される激走穴馬
の存在をスクープ!

波乱の立役者となる激走穴馬の正体とは!?

馬券購入前に必ずご確認ください。

【天皇賞(春)・3点勝負】を無料公開!
興味のある方は是非情報入手して下さい!
k300_300

青葉賞

A
(2位前後)

かな~りいいメンバーが揃いましたね。

注目は当然東京替わりのこの馬になるでしょう。人気も割れそうですし、妙味は十分でしょう。

天皇賞春

B
(10位前後)

クリンチャーの武豊騎手がまさの騎乗停止。

僕としてはノリさんが乗るんじゃないかと推理してます。

ただ、誰が乗ろうと、注目しているのはこの馬。後は馬場と展開等ですね。

叩き2走目の今回は前回のようなことはないでしょう。

今日はこのへんで。今週も頑張りましょうね
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


中山記念

1着△ウインブライト

2着△アエロリット

3着△マルターズアポジー

4着◎サクラアンプルール


いや~サクラアンプルールは最高の形でしたが伸びませんでしたね。

そこが昨年使ってきた中での参戦と、休み明けでの参戦の違いでしょうか?

レースコメントでは「昨年よりいい!」なんて書いてありました。別にコメントを重視したとかではないんですが、やはりレースコメントというのは当てにないなと改めて実感。

勝ったウインブライトは、昨年スプリングSで絶対に勝つと断言し、回収率4000%をぶち当てた大好きな馬。

POGでも指名してましたし、家の鍵のキーホルダーも実はウインブライトなのですw

もちろんここは距離、コース、全てベストではありましたが、2番人気を嫌ってしまった感あり。

いやはや、そこまで評価されるのかぁ、の競馬ファンはホントすごいなぁ、と実感しました。

間違いなくアエロリットとヴィブロスが売れると思ってましたからね。恐れ入りました。

レース運びも完璧でしたね。マルターズアポジーアエロリットはハイペース。後ろはスローペースという、難しいレースになりましたが、後ろすぎず、前すぎず、ベストポジション。

機動力のあるこの馬の特性がいかんなく発揮されたレースでしたね。

本番では強い馬たちが今度はメイチで出てくるわけで、そう甘くないですが、この立ち回りは武器になりますからね。

うまく内枠引ければ、一発も?

2着アエロリットは、序盤の行きっぷりをみて、「ああやはりマイラーになってるなぁと

秋華賞もかなり掛かってましたからね。今は短いところの方が良さそう。

しかし、直線ウインブライトに交わされて狭くなったところから、もうふと踏ん張りで最後まで脚を使ってゴール前にマルターズアポジーを差すんですから、やはり力はあります。

今回は明らかに叩き台の仕上げでしたからね。ここからまた間隔は空きますが、ヴィクトリアMへのステップとしては最高の競馬ができましたね。


3着マルターズアポジーは、中山記念でありがちな大逃げ逃げ粘りこみタイプでした。

マイルCSは適正外でしたが、京成杯AHでしんどい競馬ながら4着に粘った実力は本物。

大阪杯は昨年キタサンブラックという潰し役がいたため、厳しい競馬となりましたが

今年もしスイスイ行かせてもらえるなら、侮れない一頭かも?


5着ペルシアンナイトは、デムーロが良くないときの騎乗でしたね。

外に膨れてロスは大きいし、仕掛けは遅くて届かないし。

まぁまぁでも前哨戦としてはベストの負け方と言えるでしょう。

仕上げも休み明け仕様だったでしょうし、皐月賞ではタイトな競馬をしてましたから、大阪杯で見直しは可能。あとは力関係と枠ですね。

レースの質としては

前2頭は飛ばしたことで逆に恵まれた、それでも差し切るウインブライトの機動力が光った一戦


ウインブライトはどんなレースにでも対応できるタイプですし、よほど適正外でなければ、大敗はないでしょうね。


<スポンサーリンク>



【PR】おすすめの競馬予想サイト


■■■■■■■■■■■■■■■
“大魔神”の愛称でお馴染み!

シュヴァルグランがジャパンCを
制してGI5勝目を上げた
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
の【弥生賞・最終結論
を無料公開
u300_250

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!


アメリカJCCはダンビュライト
から3連複6440円的中

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中

フェアリーSはプリモシーンから
3連単4万6640円的中

弥生賞の最終結論はこちら

阪急杯

1着 ダイアナヘイロー

2着★モズアスコット

3着△レッドファルクス

14着◎ミッキーラブソング


ミッキーラブソングは、内枠の中で最も枠を活かせないレースとなってしまいましたね。

まぁ周りの馬との兼ね合いもありますし、仕方なしでしょうか?

もうちょっといい位置で競馬ができるとおもっただけに、あそこではノーチャンス。

逃げると思ったアポロノシンザンはじっくり2番手から。出負けしたとはいえ、攻めは一切なし。

そこらへんがこのジョッキーなんでしょう。やはり買える騎手買えない騎手の判別は大事ですね。重賞になると特に。馬が強くてもそれを引き出せないのでは意味がないですから。

1着ダイアナヘイローは、やられた~と思いました。

レース内容はもちろんそうですが、

3人気→4人気→1人気→7人気で1着

ですからね。確かにメンバーは前走と比べれば強くなってますが、4人気はGIでのもの。

常に人気した馬の人気落ちは狙い目のサイン

この法則に気づいたのはレース何分前だったでしょうか?目の付け所さえしっかりしていれば、もしかすると獲れたかもしれませんよね?

こういう法則性や規則性に気づき、それに沿って馬券を買っていくことが極めて大事。

阪神フィリーズレビューで4着の舞台実績もありましたしね。アポロノシンザンのアシストがあったとはいえ、これぞ武豊。完璧な逃げでした。


2着モズアスコットは、強いですね~。折り合いを考えると、1600よりは1200タイプでしょうか?

賞金は加算できましたし、もしも高松宮記念に滑り込めれば、中京コースもピッタリ合いそうなイメージの馬力型なので、怖い一頭ですね。

ただ、やはり、折り合い面、脚質面を考えると、このクラスだと取りこぼしが目立ってくるでしょう。

2,3着固定タイプとして面白いかもしれませんね


3着レッドファルクスは、最高の形で本番ミルコに手綱を戻すことになりそうですね。

最後の脚はモズアスコットよりよかったですから、斤量が軽くなり、叩き2走目となる高松宮記念では、まず間違いなく有力視できる一頭でしょう。

6着シュウジは、我慢を利かせていい形ができました。しかし直線ではこの騎手らしくスペースなしw

今後も溜める形を覚えさせつつ、馬が大人になっていけば、もうワンステップ上にはいけそうです。


15着カラクレナイは、中団外目といいポジションはとれましたが、なし崩しに脚を使ってしまった印象。

今は下げてでも溜めて終いに賭けた方がいいかもしれませんね。

レースの質としては

スローの前残り、2,3着の決め手が光ったレース

でした。評価できるのは、2,3着の2頭でした

今週の重賞注目馬

弥生賞
A
こちらも応援クリックお願いします

チューリップ賞
B
最強競馬ブログランキングへ
(2位前後)

さぁいよいよクラシックトライアル。春のGIの蹄音が聞こえてきました。

前哨戦は前哨戦の戦い方があるので、先週の反省を活かして頑張りましょう!

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


↑このページのトップヘ