カテゴリ: 傾向と対策


青葉賞

img_view


青葉賞の勝ち馬はダービー馬になれない!
というジンクスのあるレース。
同舞台で行われているにもかかわらず、どうしてもここから勝ち馬が出ないという不思議。
まぁ、やはり皐月賞のレベルと比べるとどうしても見劣りしてしまうんでしょうね。

今年は、最後の大物アドミラブルがスタンバイ。
混沌とした牡馬クラシック路線。ジンクスを敗れるか!?
先々まで注目のレースとなりそうです。

<スポンサーリンク>


bandicam 2017-04-24 17-38-12-386

過去には惜しい競馬をしたウインバリアシオンやフェノーメノ。
その昔にはシンボリクリスエスやゼンノロブロイなど。
いい勝ち方をした馬は、ダービーでも人気になりますし、決して本番全くダメってことはありません。
昨年勝ち馬ヴァンキッシュランもあのメンバーの中6人気に推されましたからね。
まぁ、結果はクラシック組が強かったわけですが。
今年はここからダービー馬が出てくるのか。

bandicam 2017-04-24 17-39-47-049

1人気強し。
ただ、混戦の年には伏兵も多く台頭してきます。
今年のクラシックは混沌としてますからね。
伏兵の台頭があっても驚けないでしょう。

bandicam 2017-04-24 17-38-06-503
bandicam 2017-04-24 17-39-52-529
bandicam 2017-04-24 17-39-59-652


日本で一番力を発揮しやすいコースでしょうね。
枠はフラット。脚質もフラット。
ただ、3歳ですから。スローからの決めて比べになりやすい。
速い上がりを使える馬。


すなわちディープ産駒が得意としているレースですね。今年も有力馬にディープ産駒が控えています。
bandicam 2017-04-24 17-42-30-548


前走毎日杯・弥生賞組が好相性ですね。
bandicam 2017-04-24 17-40-46-818


500万クラス勝ち馬も悪くなく。
bandicam 2017-04-24 17-40-52-715

bandicam 2017-04-24 17-41-25-111

同距離で行われるアザレア賞組も、昨年勝ち馬を輩出しています。


前走距離は1800m以上がベター。
bandicam 2017-04-24 17-41-48-113

前走2200m組もいい数字。
同じ左回りで2200mの大寒桜賞なんかも複勝率80%とかなりの数値をたたき出しています。
今年も勝ち馬が出走予定。怖い存在となるでしょう。

まとめ

 〆枠はフラット
 〆速い上がりが使える馬
 〆1人気好調
 〆前走毎日杯・弥生賞組好調
 〆同距離アザレア賞組も好相性
 〆近年レベルが高くなっている大寒桜賞に注意
 〆500万勝ち馬も悪くなく
 
〆前走1800m以上
 〆前走勝ち馬、もしくは連対馬

bandicam 2017-04-24 17-42-57-626

クラシック搭乗便の切符をかけた戦い。
今年も混戦模様です。
 

✔青葉賞の注目馬

E
(5位前後)

未勝利を勝った時に、これはダービーあるな!
と思った馬です。
京都新聞杯なら、取りこぼしがありそう・・・
という不安を抱いていただけに、青葉賞出走は大歓迎。
ダービー前に輸送を経験するのもいいですね。
勝ちっぷり次第では、1人気の可能性もありそうですしね。
注目です。 

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 


天皇賞春 

mig

昨年はキタサンブラックとカレンミロティックの激しい一騎打ちに。
過去にはオルフェーヴルが大敗やイングランディーレの逃走劇など。

bandicam 2017-04-24 16-47-19-248

京都3200mというこのレースのためだけの舞台設定。
今年はどんなレースになるのか。

<スポンサーリンク>



bandicam 2017-04-24 16-47-44-939
bandicam 2017-04-24 16-48-49-035

驚くは1人気がアサクサキングスただ一頭しか絡んでおらず。

ただ、その負けてきた馬を見てみると

2016年 12着ゴールドアクター
bandicam 2017-04-24 17-11-58-206

bandicam 2017-04-24 17-12-11-189

GWの関東からの輸送とあって、終始テンションも高く。
今思えばキタサンブラックがなぜ1人気ではないのか?
という結果でした。

過去にも、今となっては過剰人気だった。というケースは少なくありません。
bandicam 2017-04-24 17-13-17-454
bandicam 2017-04-24 17-13-25-242
bandicam 2017-04-24 17-13-04-300

3200mという唯一無二のコース。
競馬ファンも難しいということでしょう。終わってみれば、過剰人気。という1人気が多かった気がします。

2015年2014年 キズナ
bandicam 2017-04-24 17-12-25-293
bandicam 2017-04-24 17-12-31-057

ディープ×Storm Cat

キズナは単純に人気先行な面はありました。3200mの馬ではなかったと思います。



2013年 5着ゴールドシップ
bandicam 2017-04-24 17-12-35-316

京都コースで結果が出なかったのは、坂の下りでガンガン加速していたからで、2015年ゴールドシップが制したレースでは、横山典弘騎手がそれを考慮して坂の下りの前にポジションを押し上げていました。
つまりは、過去2年の敗因というのは騎乗ミスでした。まぁ、のり難しい馬でしたからね。
うまく乗れば、当然この年も勝っていたと思います。


2012年 11着オルフェーヴル
bandicam 2017-04-24 17-12-53-124

これはもう物理的に届かないレースとなってしまいました。
大波乱のレースですからね。もういっかい走ったらオルフェが普通に勝つと思います。


2011年 13着トゥザグローリー
bandicam 2017-04-24 17-12-59-808

今の時代のようなレースで、逃げ馬不在。
ハナに立つ馬が二転三転。
横山典弘騎手がレース後苦笑いしてたんでしたっけ?
かなり特殊なレースとなっていましたし、トゥザグローリーは直前での乗り代わりとなりました。
四位騎手が見事にやらかしたレースでもありました。

過去にはテイエムオペラオー、メジロマックイーン、ディープインパクト、スペシャルウィークなど、1人気で勝利した馬はたくさんいます。
ここ10年はデータを20年にしてみると
bandicam 2017-04-24 17-21-44-333

悪くないんですよね。
それにしても凄いのは2人気の好走率。

今年はキタサンブラックかサトノダイヤモンドか。
どちらかが2人気濃厚。
データの後押しもありそうですし、まず馬券に絡むでしょうね。

bandicam 2017-04-24 16-47-19-248
bandicam 2017-04-24 16-49-33-886
bandicam 2017-04-24 16-49-39-381

菊花賞とは違い、スタートしてすぐにコーナーはないのですが、それでも内枠有利は揺るぎなく。
開幕2週目で馬場もいいです。

2016天皇賞春 解説するっち

どういうレースになるかは、昨年の解説するっちを読めばイメージがしやすくなるでしょう。
特に近代競馬は逃げ馬不在で馬群が固まりやすいですからね。
今年はヤマカツライデンがどれだけ引っ張るか。
それによって、去年とはまた違ったレースになるでしょう。

bandicam 2017-04-24 16-50-18-798

前走大阪杯組が好調です。
阪神大賞典組は、ゴールドシップが2度こけていますから、もっと高くても良さそう。
ただ、注意すべきは、大阪杯が今年から「前哨戦⇒G1」に替わったことですよね。
叩き台の仕上げで走った馬が天皇賞春へ。
今年は、G1の仕上げで大阪杯を使ったキタサンブラックが出走。
上積みはあるのか?果たして

bandicam 2017-04-24 16-50-31-039

前走勝ち馬、連対馬が強いですね。基本はここから。


まとめ

 〆過去10年1人気大不振
 〆ただし、過去には1人気での勝利も多い
 〆内枠有利
 〆2、3人気が好調
 〆特に2人気がずば抜けている
 〆大阪杯組好調
 
〆大阪杯がG1に昇格した点に注意
 〆前走勝ち馬、もしくは連対馬

bandicam 2017-04-24 17-31-02-864

有馬記念のリベンジを期すキタサンブラック。
58kg同斤量になったここは、楽しみですね。
鍵を握るのは、ヤマカツライデンの逃げでしょう。
この馬がどんなレースを作り出すのか、それに対してキタサンブラック武騎手がどこに付けるのか。
枠順は?
様々な要素によって、レースがガラっと変わるでしょう。
 

✔天皇賞春の注目馬

B
(5位前後)

枠に左右されない点からも、大崩れはしにくいでしょう。
おそらくデータ上の後押しもある2人気にもなるでしょう。
そんなに後ろを抑え込む馬でもないので、ヤマカツライデンの大逃走劇も期待薄。
もはやこの馬に逆らうほうが痛い目にあうと思います。
ヤマカツがいなければ、この馬からカレンミロティックのような馬へ流すんですけどね。 

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

週中のCLは、結局順当な結果に終わり、勝ち上がったのは、

アトレティコマドリード
レアルマドリード
ユベントス
モナコ

の4チーム。
レアルが一番有名ですが、今の勢いならユベントスあたりが欧州チャンピオンになっても不思議ではないでしょう。
あのバルサを2試合完封したのですからね。
本当に守りが固いです。

また2週間後くらいでしたっけ?
それまでは中々面白いプロ野球なんかも楽しんでいきたいですね。

マイラーズC



bandicam 2017-04-21 16-52-31-827

枠順が確定。11頭立てですか。
まぁ堅そうですね。そこまで大きく広げては買えないレースとなりそうです。

イスラボニータ

すっかりマイル界の中心の馬に。
前走は1400mという初めての距離で2番手ですから。
内前有利になるマイラーズCにおいて、前走前に付けられたのは大きな収穫。
ここも大崩れはないでしょうが、休み明けは休み明けなりの走りをする馬だけに、ここも2、3着固定が狙い目か

エアスピネル

掛かりぐせがあるので、マイルとはいえ、スローは苦手。
前走はまんまと逃げ切られました。
できればペースは流れて欲しいところ。
もう少し落ち着きが出て、もっと前目で競馬できればいいんですが。
折り合いを気にして位置を下げすぎないほうがいいでしょうね。
マイルではトップクラスのポテンシャルは間違いなくあるので、うまく噛み合えば

ダッシングブレイズ

昨年は落馬があって、いい1年にはならず。
それを払拭する前走の快勝。
力強く伸びるタイプだけに、開幕京都っていうイメージはないですが、一雨あるようならば。
鞍上はインを突ける騎手ですから、立ち回り次第では全然ある馬だと思います。

<スポンサーリンク>

ブラックスピネル

デムーロ騎手が好きそうなタイプ。
どこからでも競馬ができるのは強み。
こと開幕京都においては、この自在性は強力な武器でしょう。
ここも行く馬がいないなら逃げてスローに落とすだけでしょうね。

プロディガルサン

距離延長でスローで、掛かって伸び切れず。
現状はマイル一本に絞ったほうがいいでしょう。
ただ、前につけられない点からも、開幕京都はマイナス。
賞金的には微妙なので、何とか結果が欲しいところ。
中団のインから、イン突きがハマって前を差せるかどうか。
止まらない馬場だけに、素晴らしい脚を使うこの馬でも、どうでしょうか。

ヤングマンパワー

右回りは増えてですからね。
かと言って東京新聞杯もパっとせず。
G2になると、やや各負けの印象もあります。
休み明けですし、次につながるレースができれば。



✔マイラーズCの注目馬②

H
(5位前後)

中間挙げた2頭でいいんじゃないでしょうか?

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 


マイラーズC

img_view (7)

昨年はクルーガーが内をスクって重賞勝ち。
今をときめく松山騎手でしたね!

bandicam 2017-04-17 12-46-00-563

2012年から京都の1週目にズレました。
これによって、大きく傾向が変わったので、過去5年とはしっかり傾向と対策を練っていきましょう。

bandicam 2017-04-17 12-49-16-026


別定のG2戦。安田記念の前哨戦。
ゆえに、いい馬が集まるため、比較的上位人気が強めではありますが

bandicam 2017-04-17 12-45-51-505
bandicam 2017-04-17 12-49-30-727
bandicam 2017-04-17 12-49-40-562


開幕京都で行われる芝の重賞。
もうこのレースは内前有利がめちゃめちゃ顕著になりました。
bandicam 2017-04-17 12-50-07-345
bandicam 2017-04-17 12-50-27-396
bandicam 2017-04-17 12-50-49-246

どれだけ道中内に潜り込めるか。
前も中々に止まらない。
自在性がとにかく鍵。
そして内を突けるジョッキーかどうかもポイントに。

bandicam 2017-04-17 18-34-35-886

bandicam 2017-04-17 18-36-28-091

間隔は空いていても大丈夫。このレースはとにかく位置取りと枠が鍵になるでしょう

bandicam 2017-04-17 18-35-01-953
bandicam 2017-04-17 18-35-20-070

1600万からはきつく、OP以上で5着以内の馬が理想ですね。

まとめ

 〆開幕京都に変わったことで、
 〆内前が圧倒的に有利
 〆枠、位置取りが鍵に
bandicam 2017-04-17 18-51-38-678

モーリスが引退し、王者不在の短距離界。マイル路線も空家状態。
新しいマイル王に誕生する馬がここから出るのかどうか。 

✔マイラーズCの注目馬

B
競馬ブログランキングへ
(5位前後)

大事なのは自在性。
前に行ける強みと、自在性のある騎手がフィットしています。
若干重たい感じがするので、2、3着固定で行ってみようかなと思います。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

今週は土日出かけており、レース回顧は火曜以降に更新しようと思います。
なので、早速皐月賞のレースを考察していきたいと思います。

皐月賞

img_view

昨年は3強ムードながら、伏兵ディーマジェスティがそれらを差し切りました。
力関係がはっきりしていないからこそ、ああいう伏兵馬の台頭があるから面白いの3歳戦。
逆に言うと、未知の部分が大きいのも事実。
今年は牝馬が参戦で、ますます難しくなりそうですね。

bandicam 2017-04-07 19-41-15-678

bandicam 2017-04-07 19-42-29-998

ご覧のように、共同通信杯⇒皐月賞が3連覇。5年で4勝。

「皐月賞よりダービー狙い!」

という馬が過去5年で4勝している事実。
今年もスワーヴリチャード・レイデオロが、「ダービーが本番」というローテ。
データ的には、この2頭に注意ですね。


<スポンサーリンク>



bandicam 2017-04-07 19-41-02-189
bandicam 2017-04-07 19-41-54-547
bandicam 2017-04-07 19-42-01-578


枠はフラット。
差し馬の成績がよく。
逃げ馬が穴を開けるコースもあり。
展開の読みもポイントに

bandicam 2017-04-07 19-42-18-155

上位人気の信頼度はボチボチ高め。

ただ、未知の魅力も多いのも事実。
今年も穴っぽいのが数頭いますしね。

bandicam 2017-04-07 19-42-46-678

前走連対馬、特に勝ち馬からほとんど勝ち馬が出ていますね。

bandicam 2017-04-07 19-43-11-469

そして、前走1人気馬の成績も良いですね!

まとめ

 〆共同通信杯組が過去5年で4勝
 〆ダービーが本番っという馬が皐月賞で走ってきている
 〆枠はフラット
 〆追い込みは2着まで。
 〆前走連対馬が圧倒的
 〆前走1人気・1着馬が好成績
 〆弥生賞、スプリングS、共同通信杯、若葉S組がベター





✔皐月賞の注目馬

A
(5位前後)

まぁ注目ですね。
どんな競馬をしてくるか。
馬券的にはうーんですが、競馬的には面白いモノになると思います。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

↑このページのトップヘ