カテゴリ: ぷち解説するっち


ジャパンC。

勝負は一瞬で決まった。


bandicam 2017-11-26 17-57-48-355

スタート直後、ボウマン騎手が素早く外へ馬を寄せ。

前に行く2枠2頭が内へ。それに挟まれたレイデオロが後方へ下げざるを得ず。

bandicam 2017-11-26 17-52-18-673


bandicam 2017-11-26 17-52-02-105
bandicam 2017-11-26 17-52-24-585

結果これが最後の1と1/4馬身差につながったわけだ。

朝から並んでくれた友人のおかげで、モニター真正面の席で見させていただきましたが、スタート直後で的中を確信しました。

bandicam 2017-11-26 17-53-23-823

後はもう4角で外に出すだけの作業。

自信のあるレースは、本当に見ていて楽だ。全てが自分のシナリオ通りに進むのだから。



勝負は一瞬で決まる。一瞬の判断で自分に有利な状況を作り出し、相手には不利な形へ持ち込む。

これが世界の技。

これがジャパンC。

ありがとう。H.ボウマン。

ワールドベストジョッキーもこれで優勝が確定。

世界一に恥じない騎乗でした。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 



 
競馬ブログランキングへ


復帰しました。ランキング上位復活へむけ、応援クリックよろしくお願いします!!
 

1着◎モズカッチャン
2着穴推奨クロコスミア



4連続GI的中決めてみせました!正直ここは今年1,2を争うほど自信がありました!だから取れて嬉しいよりはホッとしているという印象。こういう美味しいレースは年に数えるほどしかないですからね。
こういうところでしっかり的中できるかできないかが年間収支にも関わってきますから。次に来るチャンスも物にできるよう、日頃の鍛錬を怠らず頑張りたいと思います。


<スポンサーリンク>

完全に読み切った騎乗スタイル


何度も何度も書きました。

ルージュバックはムーア騎乗なら好位の外で競馬なんてしないと。

下げてでも馬を内に入れると。


そしてデムーロは好位のインから抜け出すと。

その結果がこれ
BlogPaint


完璧ですね。

ムーアが乗る=鞍上強化



ではない!っというこの読みは、モズカッチャンの的中と同じくらい気持ちよかったですね。



ルージュバックは外枠だから買い!という人がきっと多かったと思いますが、

外枠でも内に入れられる技術を持つムーア騎手では意味がない、というところまで把握していれば軽視できたんですね。

また、オールカマーは、後続馬は不利を受けていましたし、前が綺麗に空いたラッキーレースでもありましたからね。

もちろんムーア騎手は世界クラスの名手ではありますが、名手であるがゆえの落とし穴と言ったところでしょうね。

土曜から乗る馬乗る馬人気していましたし、ムーア騎手が来てくれると、力がある馬が人気を落としてくれるので、ある意味ドル箱でもあります。

うまい、下手はもちろんですが、その騎手がどういう競馬をしようとするのか、性格や癖なども把握すれば、的中率もぐっと上がると思います。

そのためには、日頃からしっかり自分の目で、レース映像を見ることが大事。

今週のマイルCSも、的中したいなら、過去のレース映像や、過去のマイルCSを見まくることでしょうね。

努力は嘘をつかない

私もがんばりますけど、皆さんもがんばってください!

なぜなら、来週は自信がそこまでないからですw

一応、この馬を狙おうかと思っています。

A 
競馬ブログランキングへ
(3位前後)


今年の一発目に、今年のマイル王になると書いた馬ですね。

本命にするかはまだ未定ですが、▲以上は確定的ですね。今年は混戦ですし、一発穴狙いも面白いかなと思います。

週末までに穴馬を見つけたいと思います!みんなも、いい馬見つけたら、教えてくれよな!

ちな、東スポ杯は、

B
(30位前後)

が勝つでしょうね。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

(30位前後)


競馬ブログランキングへ
(5位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!

平安S

スタートです。グレンツェントが出負け。
bandicam 2017-05-22 17-28-11-007

ピオネロも出が良くなく。クリソライトは行く気なく。
bandicam 2017-05-22 17-28-16-600


さて、「平安Sは前に行く馬を買っとけばいい」というレースと捉えていた人がほとんどだと思いますが、今年は違いました。今年は過去数年と違って逃げ馬がちゃんと揃ってましたからね。データはデータでしかない。データ派は壊滅したレースだったんじゃないでしょうか。
bandicam 2017-05-22 17-28-22-382

速い馬が多く、アスカノロマン、リーゼントロック、マイネルバイカなどは行けず。
bandicam 2017-05-22 17-28-30-421


ロンドンタウンは行き脚がつくようになってしまいましたが、このレースは前の形でレースをしていれば上位に来れたと思います。何かを得れば何かを失いますね。出がそんな速くないグレイトパールはジワっと中団まで。
bandicam 2017-05-22 17-28-38-160

出遅れたグレンツェントは押して押して前へ。元々追い込み馬なんだから、クリソライトのように、じっくり行けばいいと思うんですけどね。前が速くなるのが分かっているならそういう戦法も取れたはず。
bandicam 2017-05-22 17-28-47-080


逆に武豊騎手は、前が速くなるのが分かっていたからこそ、死んだふり。しかし、武豊が乗るとクリソライトは変わるとは言ったものの、最後方とは思えず。。。この柔軟性が、天才たる所以なんでしょうね。
bandicam 2017-05-22 17-28-55-838


1~2角。結局先手はコパノチャーリー。砂をかぶったクリノは冷静さを欠き、外に出そうとします。
bandicam 2017-05-22 17-29-11-447


さぁ最後の直線!アスカノロマンにステッキが!!(2角です)
bandicam 2017-05-22 17-29-33-512

クリノスターオーにもムチが入ったぁ!!(2角です)
bandicam 2017-05-22 17-29-42-212


内を突いて一気にロワジャルダンが突っ込んできたぁ!(2角です)
bandicam 2017-05-22 17-29-51-266


大外から一気にグレイトパーーールがすんごい脚!(2角です)
bandicam 2017-05-22 17-29-58-145


bandicam 2017-05-22 17-33-56-011

と、このように、付いていくのにもかなり厳しいペースとなり、にも関わらず、後続がドンドン前を追いかけるという、まるでアメリカの脱落レースとなりました。
日本でこういう競馬が見れるのは稀。芝ではまず見れないでしょうね。だからこそ芝よりもダートが面白い。

さらに、先頭集団では、今度はケイティブレイヴが先頭に立ち、
bandicam 2017-05-22 17-30-19-209

応戦するコパノがガリガリ追い、ドリームキラリにはステッキが(まだ3角手前)
bandicam 2017-05-22 17-30-38-861


グレイトパールが動けば、後続はついていくしかなく、ドンドンドンドン後続がついていきます。
bandicam 2017-05-22 17-30-59-672
bandicam 2017-05-22 17-31-08-608
bandicam 2017-05-22 17-31-13-518


我関せず。速いのに、ドンドン周りが速めに動いてくれて、好都合だった武豊騎手。さすがにここまで出入りの激しい競馬になるとは思ってはなかったと思いますが、まぁそれに近いものにはなるという読みがドンピシャリで当たりましたね。まるでノリさんのような決め打ちでした。
bandicam 2017-05-22 17-31-26-590


3~4角。早め先頭。一気の出し抜けを狙ったケイティブレイブ。まさかこんなに早くグレイトパールが来るとは思ってなかったでしょうね。
bandicam 2017-05-22 17-31-52-156



ピオネロは早め早め。クリソライトも、前半死んだふりをし、脚はたっぷり溜まっており、徐々に開放。
bandicam 2017-05-22 17-32-14-135


直線、あっという間に先頭に立つグレイトパール
bandicam 2017-05-22 17-32-25-718



それを内でじっと我慢し、勝負どころもロスなく立ち回ったマイネルバイカと、大外分ましてきたピオネロが必死に前を追いますが、全くその差は縮まらず。
bandicam 2017-05-22 17-32-35-660


相当に厳しいレースとなったケイティブレイブはさすがに失速。大外一気、最後方待機のクリソライトが末脚を爆発。
bandicam 2017-05-22 17-32-54-540



しかし、グレイトパールは、もう持ったまま。
bandicam 2017-05-22 17-33-01-991
bandicam 2017-05-22 17-33-07-702


bandicam 2017-05-22 17-35-21-826
bandicam 2017-05-22 17-33-56-011

破格の時計。アメリカの脱落レース。
いやはや面白いレースでした。ダートはこうでなくちゃ!!!

<スポンサーリンク>


1着グレイトパール

ニュースター誕生宣言が実りました。
これです!この強さですよ!
こういう馬の素質を早めに見抜くと、競馬は本当に楽しくなりますよ!
「私の目にくるいはなかった」
って言えますからね。
ゴルトブリッツを越える逸材だと思います!
現時点で最強はアウォーディーだと思うので、早く対決がみたいですね!

2着クリソライト


武豊が乗ると、馬が変わります。
帝王賞ではアウォーディー?
とにかくこの騎手が乗ると、3倍増しになるので、今後も要注意。
競馬の幅が広がりましたね。
まぁもともと後ろから競馬してた馬ですしね。
まだまだやれることを証明できました!

3着マイネルバイカ

こういうタフなレースが合うんでしょうね。
ポテンシャルはもともと高かったですから、状態も使いつつ上向いていたんだと思います。
こちらもまだまだやれますね!

4着ピオネロ

出負けした時点で、武豊騎手を見習ったレースをしていれば、3着は余裕でありましたね。
まぁ結果論なので仕方ないのでしょうが。
1900~2000くらいのじっくり行ける条件も合いますね。
まぁでも、マイネルバイカとは通ったコースの差だけですし、力は十分示しましたね!



5着ケイティブレイブ

これは相当に強い競馬をしていますね。
もしもグレイトパールがいなければ、もっと楽でしたし、押しきれていたでしょう。
かなり高い次元にいる馬だと思います。
G1を勝てるくらいの器ですから、どこか地方交流での一発に期待したいです


6着タガノエスプレッソ

勝負どころでの捌きは今一つではありましたが、まぁその分脚は溜まったからこそ6着までこれたのかなぁという気はします。
まぁ現時点ではこのレベルでは通用しないですね。
今日は相手も揃ってましたし、少しランクが落ちれば勝ち負けですね。


9着アスカノロマン

押し出されて人気していた感は否めず。
ずっと追っていた馬だけに、もう無理じゃないかなぁと軽視しましたが、やはりもう厳しいようです。


10着グレンツェント

スローの切れ味タイプですね。
東京マイルがベストだと思います。


13着ロワジャルダン

いつものように、馬群の内でじっとしてれば、普通にきたと思います。
鞍上がちょっと色気を出したでしょうか。
また巻き返せる一頭だと思います


平安Sからの注目馬


B
競馬ブログランキングへ
(5位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

今注目のイチオシ競馬サイト

<PR>新世代の競馬WEB新聞競馬成駿

40年以上に渡って競馬予想界の最先端を走り続けた
清水成駿によって考案された、
全く新しいスタイルのWEB競馬新聞です。
ラップ理論のパイオニア!上田琢巳
東大卒の超頭脳派!水上学など、
清水成駿が認める業界の俊英たちが勢ぞろい。
紙の新聞には掲載することのできない、
レース直前の馬場状態やオッズ情報を加味した上で、
予想家たちの最終結論を
予想印◎〇▲△でご提供させていただいております。
実際に無料公開された新聞がこちら
1495589956820
また、レース毎にコース・ラップ・血統
それぞれの視点からプロの見解を掲載しており、
こちらもレース検討に役立つこと間違い無し!
▼血統スナイパー境和樹日京都12R▼
◎ストロベリーキング複勝2850円の高配当▼
1495590187535
▼競馬成駿 直近の的中実績▼
1495367633059
web競馬新聞『競馬成駿』では、
日本ダービーの予想家の全印、全見解すべてを、

無料で公開致します!!
この機会に是非とも、
鮮度精度をご体感下さい!!


▼日本ダービーの予想を無料公開!!▼

▼ご利用には競馬JAPANへの登録が必要です▼
登録はメールアドレスを登録するだけ
▼下記参照『最短60秒!無料登録はコチラから』からメールを登録するだけ
1495587626798

競馬JAPANに無料登録または既にご登録されている方は
競馬成駿公式HPから予想をご覧ください

(50位前後)


競馬ブログランキングへ
(5位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!

今日は一日ずっとPOGのリストを作成していました。
デスクワークなんですが、休みの日も結局PCの前に向かっているというw
まぁ競馬好きなってそんなもんですよね。
今日の深夜には、グリーンチャンネルの公開ドラフトもあるので、まぁそれに向けての予習も兼ねて

ただ、私が参加しているPOGは、非社台9頭社台1頭。
つまり、ボンヤリPOG本眺めて、「これでいいかなぁ」なんてできないのである。
指名しようとしても、「ノーザンファーム」の文字が入れば指名不可。
現代競馬でPOG本に載るような馬のほとんどは、ノーザンや社台ファームがほとんど。
つまりは、じっくり調べて、どの馬が社台じゃないかを精査する時間を絶対に作らないと、私のPOGでは勝ち上がれないのです。

ちな、昨年はその工程を放り投げw
その結果、散々・・・(ウインブライトに救われましたが・・・)

非社台縛りは、準備は大変。
ただ、その馬が走った時の喜びは格別。
その喜びのためならば、休日を潰しても構わん!

ドラフトまで後2週間。皆さんは、POGの準備はし始めてますか?

京王杯SC

1着○レッドファルクス

2着▲クラレント

3着△グランシルク


的中したレースってのは、回顧しがいがありますねw

いつもどおり、解説する前に前提の話しをすると、まず、先週の馬場というのは、3~4コーナーの内側がひどく傷んでおり、内が伸びず外が伸びる馬場でした。
bandicam 2017-05-09 12-30-33-122

そして今週、Bコースに替わり、そこがカバーされ、前半こそ普通に走っていましたが、
bandicam 2017-05-16 11-40-27-990


強い雨の影響で、後半にはもう外しか伸びない馬場へと替わっていました。

bandicam 2017-05-16 11-40-37-154

つまり、京王杯SCが始まる前から、「外を走ってこれる馬」というのが好走するんじゃないか?という予測ができますよね。
その予測が大事で、それを予想にいかせれば、取りやすかった馬券でもあるんじゃないかなとは思います。

スタートです。グランシルク躓いてしまいましたね
bandicam 2017-05-16 11-50-12-680

阪急杯では追い込んだヒルノデイバロー、トーキングドラムが、今度は積極策。いいですね。2頭ともに、ペースを読んでました。
bandicam 2017-05-16 11-50-17-813


サトノアラジンも押付け気味で、ある程度の位置を意識したような乗り方。ステファノスでも大阪杯で活きましたし、これが安田記念につながればいいですね。
bandicam 2017-05-16 11-50-34-340


前提の話しどおり、やはり向正面から内を開けて走っていましたね。
bandicam 2017-05-16 11-47-05-621



ペースが遅いため、グランシルクは落に追いつきました。出遅れはそこまで不利にはならず。まぁ普通に出るのが一番ですが。
bandicam 2017-05-16 11-50-58-450

3コーナー。ペースが遅すぎてかかりまくっている馬多数。頭を上げてなだめるのに苦労してましたね
bandicam 2017-05-16 11-51-09-627
bandicam 2017-05-16 11-47-31-898

グランシルクも首を横に振ったりと、遅すぎて追走に苦労するというレースでした
bandicam 2017-05-16 11-47-43-277


それも仕方ないでしょう。1400のG2、馬場が悪いとは言え36.4はドドドドスロー。まぁ逃げ馬不在の少頭数ですし、用意に想像できましたけどね。
bandicam 2017-05-16 11-51-18-399

一団のまま直線へ。
bandicam 2017-05-16 11-51-38-496


サトノアラジンは外に回しては届かない。馬場が悪くバラけるであろうと読み、内へ。まぁこの判断は良かったんじゃないでしょうか。外に出してたらもっと負けていたでしょう。
bandicam 2017-05-16 11-51-52-693



400mからのよーいドン
bandicam 2017-05-16 11-52-09-555


大外からトウショウドラフタが一気に飲み込む勢いでした。うわっ、やられた!って思いましたが
bandicam 2017-05-16 11-52-18-539


坂を登りきったところでグイっとレッドファルクス。
bandicam 2017-05-16 11-52-27-621

サトノアラジンやダッシングブレイズもよく伸びてはいましたが、届かず。
bandicam 2017-05-16 11-52-38-188


前にいた馬が2.4.6着。このレースがどんなレースかはこれを見ればわかりますね。
bandicam 2017-05-16 11-52-45-049

bandicam 2017-05-16 11-59-11-367
bandicam 2017-05-16 11-59-18-760

<スポンサーリンク>


1着レッドファルクス

ダート1400m実績は伊達じゃないですね。
折り合いも完璧。この距離だと位置も取れる。
追い出しを我慢できる余裕もあり、58kgなんのその。
ただ、安田記念は1600mですし、一雨あればってのが現状の評価ではありますが。
そんな甘くないと思います。

2着クラレント

前走出していったことでスっと好位の外をとれ、さらに外が伸びる馬場で外枠もプラスでした。
展開、馬場を読めば、買える一頭ですね。
本当によく頑張ってくれました。もう引退でいいのでは?

3着グランシルク

馬場のいい外からよく追い込みました。
展開を考えればよく走ってますね。
ステイゴールド産駒らしく馬場が悪化しても大丈夫でしたね。
またチャンスはあると思います。
力をつけてますね。

5着トウショウドラフタ

一瞬やったかと思ったんですけどね。
まぁ力は示しました。
1400mではまた出番があるでしょうね。



9着サトノアラジン

まぁドスローでこの馬場ならこういう結果になることは容易に想像できました。
これで安田記念で人気が落ちるならむしろ歓迎では?
本番もペース次第な面はありますが。

11着キャンベルジュニア

馬場もあるですし、力不足の感もありました。
もう少し力をつけないとG2ではまだ役者不足だと思います。


<PR>
豊富なコラム満載!あの大魔神佐々木の予想も観れる情報サイト

oaks

京王杯SCからの注目馬


D
競馬ブログランキングへ
(2位前後。応援クリックお願いします)


GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>



京都新聞杯

スタートです。インヴィクタは痛恨ですね。ユキノタイガも危なかったです。
bandicam 2017-05-09 14-15-14-646


これだけ遅れてしまうと、展開、メンバーから苦しく、器用な立ち回りもできるだけに、痛恨でした。
bandicam 2017-05-09 14-15-18-494


外から一気にウインベラシアスが主張。
bandicam 2017-05-09 14-15-25-949


プラチナムバレットは前目でも競馬はできますが、ここはグっと手綱を絞りましたね。ここでの溜めが最後のひと伸びにつながったと思います。
bandicam 2017-05-09 14-15-33-210


ミッキースワローの菊沢騎手は内を見て、中団のインに潜り込みたかったんでしょうが、ここはサトノリュウガの池添騎手に取られてしまいました。が、狙いは悪くなかったです。
bandicam 2017-05-09 14-15-37-955


初の関西圏で、頭を上げて終始力んでましたね。若さが要所要所で出てしまっていましたね。
bandicam 2017-05-09 14-15-46-682
bandicam 2017-05-09 14-15-51-285


サトノクロニクルもちょっと頭を上げる場面はありましたが、なだめつつ、それを折り合いピタリでマークするプラチナムバレットは位置取りも完璧でした。
bandicam 2017-05-09 14-16-01-948


隊列は縦長。しかしスロー。これはウインの一発もあるかな、っていうレースでしたが。
bandicam 2017-05-09 14-16-21-370


サトノ2頭は向正面で折り合っていい位置。
bandicam 2017-05-09 14-16-34-930

ミッキースワローは終始手綱が高いですよね。プラチナムバレットの浜中騎手は楽に手綱を持ってますから、雲泥の差です。
bandicam 2017-05-09 14-16-45-590


前半5F62.1というスロー。これは、とは思いましたが、ウインがだらしなかったです。
bandicam 2017-05-09 14-16-54-290


メルヴィンカズマは終始かかり気味で、抑えが聞かない感じで3~4角で加速してしまいました。
bandicam 2017-05-09 14-39-24-421

それに釣られてミッキースワローも行ってしまいましたね。京都の経験値、重賞初騎乗の菊沢騎手ですから、ここで抑えられればひと皮向けそうですが、まぁよく頑張っています。
bandicam 2017-05-09 14-39-32-710
bandicam 2017-05-09 14-17-24-549


坂の下りでこれだけギアが入ってしまえば、直線伸びないのも仕方なしですね。
bandicam 2017-05-09 14-17-31-889

各馬が動いてくれて、浜中騎手としてはしめしめ。ここでグっと我慢させる判断も、さすがですし、落ち着いてますよね。
bandicam 2017-05-09 14-17-41-689


早目に動いたミッキースワローですが、ここで締められたくないサトノクロニクルの川田騎手がギロリ!これは2年目のジョッキーにはきついプレッシャーだったと思います。
bandicam 2017-05-09 14-19-53-081

サトノは手応えが怪しく、ここを締められたんですけど、まぁ2年目の騎手がそれをやるのは、後々が怖くてできませんねw
bandicam 2017-05-09 14-20-17-628

ウインのリードがなくなり、馬群は凝縮
bandicam 2017-05-09 14-17-56-499


直線、手応え悪く、ミッキーに完全に前に出られたサトノクロニクルは、外に出そうとしますが、後ろからすぐサトノリュウガが来てしまったので、慌てて内へ。
bandicam 2017-05-09 14-20-37-116
bandicam 2017-05-09 14-20-45-745

プラチナムバレットは慌てず直線勝負。ゴールドハットは、終始インで折り合い、最後までロスなく直線もスムーズに前が開き、最高の展開。しかし、それで勝てないのだから、距離ですね。
bandicam 2017-05-09 14-20-49-715


ここでサトノクロニクルは一旦沈むんじゃないか?と思わせるほど怪しかったですが
bandicam 2017-05-09 14-21-01-675


それでも最後はしっかり伸びてくるんだから立派。
bandicam 2017-05-09 14-21-10-199

しかし、プラチナムバレット大外強襲。
bandicam 2017-05-09 14-21-15-843
bandicam 2017-05-09 14-21-19-251


bandicam 2017-05-09 14-35-25-145
bandicam 2017-05-09 14-35-35-015

まぁまぁ京都新聞杯らしいレースになったんじゃないでしょうか?
ダービーにつながるかどうかに関しては、ちょっとインパクトが弱いかなぁとは思います。


<スポンサーリンク>


1着プラチナムバレット

勝負どころで動く馬がいて、ポジションは下がってしまいましたが、それでもそこで慌てず動かず、
溜めたことでしっかり差しきれましたね。
浜中騎手は斜行してからG1では干され気味ですが、さすがにうまいですね。
レース後故障が発覚。残念ですね。またターフに戻ってきてほしいです。


2着サトノクロニクル


かぶされるのを嫌って早目に動いた分もあるでしょうが、勝負どころの反応がちょっとイマイチ。
それが一番大きいと思います。
もうちょっと操縦性が上がれば、まだ上がある馬だと思いますし、まだまだ成長できそうですね。


3着ダノンディスタンス

力は示しましたね!
競馬が上手ですし、OPくらいまではいけそうです。

4着サトノリュウガ

直線手間替わらなかったですね。

最後替わったのが残り100mくらい。
しっかり替えていれば、3着はあったでしょうね。
まぁまだキャリアは浅いですし、こちらもこれからですね。
bandicam 2017-05-09 16-38-46-101
bandicam 2017-05-09 16-41-44-393



5着ミッキースワロー

これだけきつい競馬して5着ですから。
負けて強しですね。
経験のある騎手が乗っていれば、勝ち負けだったかもしれませんね。
まぁ輸送も初めてですしね。
人馬ともに、これがいい経験になれば!


normandyoc.com
J300-250vic


京都新聞杯からの注目馬



E
競馬ブログランキングへ
(5位前後。応援クリックお願いします)


GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


↑このページのトップヘ