カテゴリ: 2017重賞予想

(30位前後)


競馬ブログランキングへ
(5位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!

注目!イチオシの競馬サイト

<PR>本編に入る前に今イチオシの競馬サイトをご紹介
(※ブログ記事本編はページ下にあります)
新世代の競馬WEB新聞競馬成駿

40年以上に渡って競馬予想界の最先端を走り続けた
清水成駿によって考案された、
全く新しいスタイルのWEB競馬新聞です。
ラップ理論のパイオニア!上田琢巳
東大卒の超頭脳派!水上学など、
清水成駿が認める業界の俊英たちが勢ぞろい。
紙の新聞には掲載することのできない、
レース直前の馬場状態やオッズ情報を加味した上で、
予想家たちの最終結論を
予想印◎〇▲△でご提供させていただいております。
先週も怒涛の的中ラッシュ!!
ラップ予想家今川が見事な万馬券的中
bandicam 2017-06-08 12-34-13-971
直近の的中実績はコチラ
bandicam 2017-06-08 12-08-01-844
(※こちらは有料会員会員向けコンテンツになります)

また、レース毎にコース・ラップ・血統
それぞれの視点からプロの見解を掲載しており、
こちらもレース検討に役立つこと間違い無し!

web競馬新聞『競馬成駿』では、
エプソムCの予想家の全印、全見解すべてを、

無料で公開致します!!
実際に無料公開された新聞がこちら
bandicam 2017-05-31 19-30-04-529
この機会に是非とも、
鮮度精度をご体感下さい!!

▼エプソムCの予想を無料公開▼

▼ご利用には競馬JAPANへの登録が必要です▼
登録はメールアドレスを登録するだけ
▼下記参照『最短60秒!無料登録はコチラから』からメールを登録するだけ
bandicam 2017-05-31 19-32-23-857

競馬JAPANに無料登録または既にご登録されている方は
競馬成駿公式HPから予想をご覧ください

エプソムC(本編はココから)

bandicam 2017-06-06 11-12-32-503

アストラエンブレム

京都金杯4着。
そこで先着を許した馬が重賞で勝ち負けしていますから、当然その後人気になるのは仕方なし。
体質が弱くて出世が後れましたが、ようやく軌道に乗ってきたでしょうか。
この手の4歳馬は、本気度も高く、賞金を確実に取りに来ているため、好走例が非常に多いです。
正直そこまで強いとは思っていないんですが、好走してしまっても驚けないイメージがある以上は、上位評価のしなくてはいけないかなぁと思っています。

クラリティスカイ

レースが上手ですね。
57.5kgで3着ですし、叩いて別定56kgなら、十分勝負になるになるでしょうね。
派手さがないので、人気にもなりにくいですが、最も堅実なのも事実。
ここも好位から上手な競馬で抜け出して上位を狙いたいですね。

デンコウアンジュ

VMはお見事。
負けて強しでした。
とにかく東京コースですね。
ルージュバックよりも好走イメージは湧きやすいです。
1800mも問題ないでしょう。
後は展開ですね。
大外一気でどこまで届くかどうか。
牡馬相手でもそこまでヒケは取らないと思っています。

<スポンサーリンク>

フルーキー

前走4着は正直驚きました。
もう終わったかなぁと思っていたので。
ただ、ズブくはなっているので、やはり小回りじゃなくて広いコースなのでしょうね。
58kgを背負いますし、スっと反応できない今。
展開の助けはほしいところです。

ベルーフ

ちょっとムラっ気があって、掴みどころのない馬ですね。
前走全然人気しなかったあたりは驚きましたが。
ちょっと好走パターンがつかみにくいタイプ。
ここらへんもサクっと負けて、小倉記念あたりで急に走りそうな気はしないでもないです。

マイネルミラノ

前走7人気はさすがに人気なさすぎました。
さすがの押切でしたね。
今回は長い直線が課題。
まぁそれでも昨年3着ですからね。
G3ならトップクラスの逃げ馬だと思います。
ここもマイペースで行って、どれだけ粘り込めるかですね。


エプソムCの注目馬②

E
(35位前後)
 

サトノアラジンやエイシンヒカリの時もそうでしたが、そこまでっていうタイプなんですが、いかにも好走してしまいそうな馬。
瞬発力はありますし、機動力が武器。
鞍上はこの馬をかなり気に入っているイメージもあるので、G1では冴えなかったですが、ここにきてまた流れがくるかもしれません。

GOOD LUCK!! 
<スポンサーリンク>

 

(30位前後)


競馬ブログランキングへ
(5位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!

<スポンサーリンク>

マーメイドS


bandicam 2017-06-04 18-51-26-561

bandicam 2017-06-04 19-15-28-332

昨年もそこそこ荒れました。とにかく人気の信頼度がなく、波乱傾向。

bandicam 2017-06-04 18-51-07-189
bandicam 2017-06-04 19-15-38-091
bandicam 2017-06-04 19-15-48-196


枠はフラット。すぐにコーナーがあるので内枠の方が有利になりやすいですけどね。
上がり最速馬や、上がりの速い馬が上位にきやすいですね。

bandicam 2017-06-04 19-17-18-053

昨年もパールSの1.2で、かなり相性のいいレースになっています。
今年は凡走組が出走するだけに、取捨が難しくなりそうですね。

bandicam 2017-06-04 19-17-59-279

下級条件勝ち馬は相性がいいです。
ただ、凡走しても好走してくる点が、難しいところなのでしょう。
斤量と展開、そして梅雨が近く雨による馬場など、考慮すべき点は多そうです。

bandicam 2017-06-04 19-18-29-977

ハンデ戦ですから、斤量が気になるところ。
斤量減の馬が7勝とかなり率がいいですね。
特に2~2.5kg。ここがベスト。

bandicam 2017-06-04 19-19-35-224

53kgが7勝。
まぁつまりほとんどの馬が55kgの定量から2kgハンデをもらう馬でしょうね。
ここがかなり相性が良いので、53kgには注目ですね。

まとめ

 〆上がり最速馬
 〆波乱の多いレース
 〆パールS組好相性
 〆勝ち馬の大半が斤量減
 〆ハンデ53kg

bandicam 2017-06-06 11-12-21-408

登録が少ないですし、今年も難しそうです。

✔マーメイドSの注目馬

C 
(30位前後)

3歳の時に本命を打ったと思います。
当時は鞍上が下手に乗りましたし、度外視できると思います。
今年も懲りずに狙ってみたいです。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

(30位前後)


競馬ブログランキングへ
(5位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!

<スポンサーリンク>

エプソムC

bandicam 2017-06-04 18-52-54-214
bandicam 2017-06-04 14-05-55-124

1人気は多くずれなく。
上位人気が強く、人気薄は3着までですね。
馬連馬単は堅めでいいと思います。
bandicam 2017-06-04 18-50-56-720
bandicam 2017-06-04 14-06-06-589
bandicam 2017-06-04 14-06-25-999

すぐにコーナーのある東京1800mですから、内枠有利は当然。
ただし、G1連続開催も終わりましたし、馬場は荒れてくるので、外差しも届くイメージですね。

bandicam 2017-06-04 14-06-43-419
bandicam 2017-06-04 14-08-02-666

G1からは一息。マイラーズC組が非常に好調ですね。

bandicam 2017-06-04 14-07-01-959
bandicam 2017-06-04 14-07-31-555

56kg馬が中心となります。
中でも4歳馬が素晴らしいですね。
過去10年で7勝。
賞金が半分になる時期ですし、ここを目標に本気度の高い4歳馬が強いイメージです。

bandicam 2017-06-04 14-08-19-028


前走同クラス2着以上が中心ですね。

bandicam 2017-06-04 14-11-30-626
bandicam 2017-06-04 14-11-41-338


福永騎手がいいんですよ。昨年は4着でしたしね。

出走したきた際は注意です。

まとめ

 〆内枠有利
 〆上位人気馬強し
 〆1人気安定
 〆4歳馬強し
 〆マイラーズC組好相性
 〆福永騎手相性良し

bandicam 2017-06-06 11-12-32-503

残念ながら福永騎手はビッシュに乗るため阪神へ。
今年はこれっていう馬もいない気がするので、結構難解ですね。

✔エプソムCの注目馬

B 
(30位前後)

広い東京コースなら1800でも全く問題ないはず。
今年の安田記念に出ていても展開ドンピシャだったでしょうし、面白かったはずです。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

(30位前後)


競馬ブログランキングへ
(5位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!

安田記念

スタートです。グレーターロンドンはいつもどおり、後は綺麗に揃いました。
bandicam 2017-06-05 17-09-02-192

「逃げなくてもいい」と言っていた陣営も、田辺騎手は腹の中では、「絶対行く」と決めていたはずです。外の二人も、「ロゴタイプが行ったかぁ」と見てましたね。グレーターロンドンは、遅れましたが、位置を取りに行きました。これは大きなプレーでしたね。
bandicam 2017-06-05 17-09-10-225


昨年と違うのは、今年は、うちの各馬が主張したことです。それによって、昨年以上にハナに立つのに脚を使いました。それに伴い、自然とテンのラップも速くなったのです。ここが、少頭数と多頭数の差でしょうか。外枠もあって時間がかかりましたからね。
bandicam 2017-06-05 17-09-23-418



それを見て、「これは速い」と咄嗟に判断し、スっと下げるエアスピネルの武豊騎手は天才ですよ。賛否あったと思いますが、この判断で良かったと思います。もし、前に行ってたら、むしろノーチャンスだったでしょう。
bandicam 2017-06-05 17-09-35-128

ブラックスピネルも、「前に行け!」という指示を守って押して押して先行。しかし、今まで経験したことのないペースを先行したことで、最後まで持ちませんでしたね。音無先生らしい、相変わらずのチグハグな指示でした。もしも、前走の騎乗ができていれば、多少は違ったんでしょうが、まぁでも勝ちはなかったですね。それは後ほど
bandicam 2017-06-05 17-09-42-049


ヤングマンパワーも持ち味を活かすべく積極策。
bandicam 2017-06-05 17-10-02-656


イスラボニータも、近走の形で位置を取りに行きましたが、先行馬のクラレントの岩田騎手が引っ張っているのがポイント。つまり、ペースが速いと見て控えているんですよね。ここもさすがだと感じました。
bandicam 2017-06-05 17-10-20-002


ステファノスは、ある程度の位置から行かないと勝負にならないと感じたのでしょうか、積極的な競馬をしましたが、久々のマイルに加えて、経験したことのない流れを追っ付けながらの追走では、さすがに脚が溜まりませんし、伸びることは厳しいですよね。今日に限っては、天皇賞秋くらい下げて競馬していれば、といったところでしょうか。
bandicam 2017-06-05 17-10-28-679

ビューティーオンリーも、先行馬のロジチャリスも、押して行かないとついていけないくらいのペースでした。
bandicam 2017-06-05 17-10-37-063


前半33.9。時計は出やすいにしても、これはかなり速いです。これだけ速い古馬マイル重賞はいつ以来ですかね?それだけ速いペースを、各馬追いかけているのだから、そりゃあ前は厳しいですよ。
bandicam 2017-06-05 17-10-50-057


勝ったサトノアラジンはいつもどおり出たなりで脚を溜めて外から脚を伸ばすだけ。シンプルですが、そのシンプルさが、今回の勝因でした。とにかくハマり待ちのこの馬が、ついにハマったレースでしたね。
bandicam 2017-06-05 17-11-00-338


そして、その後ろがエアスピネル。このペースなら、ベストポジションはここだ!という武豊騎手の判断。実際その目の前にいる馬が1.3.4着ですからね。もうこれはすごいとしか言えないですよ。こんなk騎手ならお金を託したくなりますよね。
bandicam 2017-06-05 17-11-05-684



アンビシャスはここ。しかしはじけませんでしたね。こういうペースを後ろからいえ追走するのも初めてでしたからね。いつものようなスローのマイルG1なら、違ったんでしょうが。
bandicam 2017-06-05 17-11-10-797

3~4角。デムーロがチラっと内を
bandicam 2017-06-05 17-31-14-720
bandicam 2017-06-05 19-55-31-764

豊さんの位置を確認し、ここをつぶしに
bandicam 2017-06-05 19-55-33-401

馬を内に寄せて、ブラックスピネルもそうなると退避せざるを得ず、ちょっと後退してしまいました。
bandicam 2017-06-05 19-55-32-571

真ん前に入られたことで、選択肢が絞られたと思います
bandicam 2017-06-05 19-55-36-223

こうなると、デムーロが外に行けばその分外を回さなくてはいけないですし、デムーロが前にいることで、取りたいポジションは先に入られますから。となると、デムーロが外に行ったら、こちらは内に行かないといけなくなる。という風に追い込み漁のように、内を走らされた感はありますよね。ここでデムーロが内に突っ込んでいれば、エアスピネルは外から差しての3着だったかもしれませんね
bandicam 2017-06-05 19-55-45-766


4角。馬群は密集!
bandicam 2017-06-05 17-11-28-101


そして直線。内を開けるレースが目立った後半の東京開催ですが、ここに来て馬群がバラけず密集しました!
bandicam 2017-06-05 17-11-37-840

本当にタイトに回ってきたのが分かるシーンがここですよね。無駄にバラけないぞ!というシーンだったと思います。
bandicam 2017-06-05 19-55-46-888


しかし、ルメール包囲網は凄かったですね
bandicam 2017-06-05 19-55-36-618


3週連続G1勝利のルメール騎手。さすがに面白くなかったでしょうね。1人気でしたし、まぁでもこれがG1ならではの厳しさ。これくらいタイトな競馬は最近ほとんどなかったので、とてもいいと思います!
bandicam 2017-06-05 17-11-46-048


エアスピネルは、デムーロ騎手が外に行ったので、泣く泣く内に入っていきましたが、前にいるのが、手応えのない各馬ですからね。下がってくるのは見え見えだったんですが、そこに入っていくしかない、デムーロ騎手に選択肢を消された形になったのがとにかく痛かった。ちょっとしたことなんですが、この駆け引きってのも、G1ならではですよね!他馬を潰せば自分は一つ着順が上がりますから。
bandicam 2017-06-05 17-11-57-221


ここまで馬群が密集し、さらに外から馬もきますから、グレーターロンドンやレッドファルクスは中々進路を見いだせず。その間に、ステッキが入り、全く不利なく、スムーズに追い出すことができたサトノアラジン。ここが勝因でしょう。
bandicam 2017-06-05 17-12-18-450


さて、お待ちかね!今週の池添謙一の悪行三昧のコーナーーーー!今週は何をしたのかな?左ステッキ一発!
bandicam 2017-06-05 17-13-06-923


それによって、外にヨレ、後ろにいたコンテントメントは慌てて外へ。モレイラ騎手も緊急回避。後ろを見てはいたんですが
bandicam 2017-06-05 17-13-15-597
bandicam 2017-06-05 19-56-38-199

ブラックスピネルの前をカット。まぁもう余力はなかったので、決定打になってしまいましたね。グレーターロンドンは、待っていたら前が開いてくれました。レッドファルクスは、サトノアラジンが行ってから外に出しましたが、所謂後手後手に回るというやつですよね。ここがスムーズなら、もしかしたら勝っていたかもしれませんね。
bandicam 2017-06-05 17-13-20-268


イスラボニータは、結局全く追い出せず。グレーターロンドンがやり過ごして、その後を追いかけることしかできず。
bandicam 2017-06-05 17-13-28-903


ブラックスピネルが下がってくれたことが幸いし、ここにスペースがあり、ようやくエアスピネルに進路ができました。
bandicam 2017-06-05 17-13-35-078



そこに入り込み、ようやく進軍開始。ですが、ロゴタイプは遥か前!昨年の再現か!?
bandicam 2017-06-05 17-13-46-038


イスラはようやくここでGOサイン。しかし、後ろで溜めていた馬に先を越され、自身は序盤に脚を使ってますからね、他馬よりも伸びることはできません。
bandicam 2017-06-05 17-13-52-340


逃げる逃げるロゴタイプ!追いすがる追い込み馬たち!
bandicam 2017-06-05 17-13-56-530



ゴチャついた馬たちも猛追!ただ一頭、何も不利なく追い出せたサトノアラジンだけが、このロゴタイプを捉えることができました!
bandicam 2017-06-05 17-14-03-481
bandicam 2017-06-05 17-14-10-002
bandicam 2017-06-05 17-14-19-953
bandicam 2017-06-05 17-14-23-333


見ての通り、ハイペースの追い込み決着です!
bandicam 2017-06-05 17-16-01-096
bandicam 2017-06-05 17-16-51-649

全く息が入らない展開。
昨年の安田記念、昨年のマイルCS、富士S、東京新聞杯、京王杯SC、マイラーズC。

全てのレースが、ドスローのよーいドンでした。
そこで結果を残してきた馬たちは、これだけのきついペースを経験したことがありませんでした。

故に、伸びることができなかったのです。
ただ一頭粘ったロゴタイプは、皐月賞を始め、持続型のG1らしい底力が問われるレースで結果を残してきた馬でした。

近代競馬は、「スローで強い馬が強い」という時代に変化しつつあります。

私は、そういう競馬に関しては、「ぬるい」という感覚があって、

強さとは??

と問われた時に、どう答えるか、去年くらいまで、凄い悩んでいました。
それくらい、「スロー、よーいドン!前に行ける自在型が強い!」という、近代競馬の競馬に、どこか退屈さを感じてました。

また、騎手の感覚も鈍っていたと思います。

ロゴタイプが逃げる!スローペース

だからこそ、みんな追いかけてしまったんでしょう。
そこで下げた武豊騎手を賞賛しているのは、そういうことです。
昨年の宝塚記念も、素晴らしいしのぎ合いでした。
今回の安田記念も、追い込み決着になりましたが、力のあるロゴタイプが生き残ったように、

「底力が問われる一戦」

だったと思います。
競馬は、やっぱり、こうじゃなくちゃ!

底力が問われても、直線の短い中山なら、強ければ押し切れますし、東京なら追い込み馬が活躍できる。
そういうバランスで保ってきたところもあったと思います。
しかし、最近は、中山だろうが東京だろうが、前前じゃないですか。

だから、こういうレースが見れたのは、本当に嬉しかったです。
ロゴタイプ、田辺騎手に感謝ですね。

<スポンサーリンク>


1着サトノアラジン

インタビューの通り、外枠、良馬場の東京と、運が向いたと言ってました。
そして、もう一つのピースが揃わないと勝てなかったでしょう。

それは、展開。
外枠、良馬場東京、展開

勝つときはすべてがうまくいくんです。
また、安田記念は、不当な人気薄が走るレース。
この馬が初めて人気薄になったタイミングでしたからね。
競馬って面白いですよね。

とにかく、全てがかみ合いました。マイルCSも、噛み合えば!


2着ロゴタイプ

素晴らしい馬ですね。
本当に素晴らしい。
私が思う真の強い馬は、こういう馬です。
前に行って、付いてきた馬を潰して、後続も抑えて勝ってしまう。
もしもサトノアラジンが内枠だったら勝ってましたからね!
皐月賞のような厳しい競馬でG1を制した馬。
こういうポテンシャル勝負が合うんでしょうね!
7歳にして、この走り!秋も期待が持てますね!


3着レッドファルクス

もしも前が綺麗に空いていたら・・・
とは思いましたが、詰まった分だけ溜めが利いたというのもありますね。
もしもあまりにもスムーズすぎたら、最後は止まっていたかもしれません。
しかし、スプリンターズS1着。高松宮記念3着、安田記念3着という実績は、立派ですね。
一昔前の短距離王道馬っていう感じで、いいですね!
こちらもまだまだやれるでしょう!

4着グレーターロンドン

一瞬、あるの!?
という伸びでしたが、止まったあたりは力負けでしょうね。
それでも、未完でこれだけ走るのだからすごい馬。
大事に大事に、完成まで持っていくのが調教師の使命でしょうね

5着エアスピネル

武豊騎手の下げた判断は100点。
しかし、直線はデムーロに前に入られたことで狂ってしまいましたね。
最後はさすがの伸びを見せていましたし、秋は反撃に期待したいですね


7着ステファノス

結果としては位置を取ったことは失敗でしたが、これも攻めた結果ですからね。
さすがにここまで速くなるとは想定外だったのでしょう。
追走で脚を使って、貯金がありませんでしたね。
エアスピネルくらいの位置からなら、もっと上にはなれたかもしれませんが、
今回は速くなりましたが、今の日本のG1は大体スローですから。
こういう競馬を続けたらいいと思いますよ。
天皇賞秋は期待できるでしょう。


8着イスラボニータ

1人気のプレッシャーがすごかったですね。
これぞG1という感じで、私は好きです。
好き放題やられてますし、これくらい厳しく行っていいんですよ日本人は!
じゃないと面白くない!
イスラボニータは、前走勝ってしまったことが、逆にアダになりましたね。
秋はもっとスムーズに競馬が出来るでしょう。


ヤングマン・ブラックスピネル

恵まれると思って買いましたが、ぬるま湯の競馬しか走ったことがない馬たちには、厳しかったですね。
これがいい経験になるといいですね。
強くない、けど恵まれると思って買った馬。
裏を返せば、また恵まれるシーンは絶対あるはずですから。
また恵まれるかどうかを見極めて、買いたいですね

安からの注目馬


A
(30位前後)

また、プロディガルサンにも期待しています。
あの馬は相当強いと思ってますから。
秋こそは、4歳の力を見せて欲しいです
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

今注目のイチオシ競馬サイト

<PR>新世代の競馬WEB新聞競馬成駿

40年以上に渡って競馬予想界の最先端を走り続けた
清水成駿によって考案された、
全く新しいスタイルのWEB競馬新聞です。
ラップ理論のパイオニア!上田琢巳
東大卒の超頭脳派!水上学など、
清水成駿が認める業界の俊英たちが勢ぞろい。
紙の新聞には掲載することのできない、
レース直前の馬場状態やオッズ情報を加味した上で、
予想家たちの最終結論を
予想印◎〇▲△でご提供させていただいております。
実際に無料公開された新聞がこちら
1495589956820
また、レース毎にコース・ラップ・血統
それぞれの視点からプロの見解を掲載しており、
こちらもレース検討に役立つこと間違い無し!
▼血統スナイパー境和樹日京都12R▼
◎ストロベリーキング複勝2850円の高配当▼
1495590187535
▼競馬成駿 直近の的中実績▼
1495367633059
web競馬新聞『競馬成駿』では、
日本ダービー の予想家の全印、全見解すべてを、

無料で公開致します!!
この機会に是非とも、
鮮度 精度をご体感下さい!!


▼日本ダービーの予想を無料公開!!▼

▼ご利用には競馬JAPANへの登録が必要です▼
登録はメールアドレスを登録するだけ
▼下記参照『最短60秒!無料登録はコチラから』からメールを登録するだけ

競馬JAPANに無料登録または既にご登録されている方は
競馬成駿公式HPから予想をご覧ください

(30位前後)

 
競馬ブログランキングへ
(5位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!
 

注目!イチオシの競馬サイト

<PR>本編に入る前に今イチオシの競馬サイトをご紹介
(※ブログ記事本編はページ下にあります)
新世代の競馬WEB新聞競馬成駿

40年以上に渡って競馬予想界の最先端を走り続けた
清水成駿によって考案された、
全く新しいスタイルのWEB競馬新聞です。
ラップ理論のパイオニア!上田琢巳
東大卒の超頭脳派!水上学など、
清水成駿が認める業界の俊英たちが勢ぞろい。
紙の新聞には掲載することのできない、
レース直前の馬場状態やオッズ情報を加味した上で、
予想家たちの最終結論を
予想印◎〇▲△でご提供させていただいております。
実際に無料公開された新聞がこちら
bandicam 2017-05-31 19-30-04-529

また、レース毎にコース・ラップ・血統
それぞれの視点からプロの見解を掲載しており、
こちらもレース検討に役立つこと間違い無し!

web競馬新聞『競馬成駿』では、
安田記念の予想家の全印、全見解すべてを、

無料で公開致します!!
この機会に是非とも、
鮮度精度をご体感下さい!!

▼安田記念の予想を無料公開▼

▼ご利用には競馬JAPANへの登録が必要です▼
登録はメールアドレスを登録するだけ
▼下記参照『最短60秒!無料登録はコチラから』からメールを登録するだけ
bandicam 2017-05-31 19-32-23-857

競馬JAPANに無料登録または既にご登録されている方は
競馬成駿公式HPから予想をご覧ください

安田記念(本編はココから)

大混戦ムード。何が勝ってもおかしくありません。
それを知ってるからこそ海外馬の参戦もあるんでしょうね。
とにかく荒れるG1レース。
ここは妙味のある馬の一発に大いなる期待をしている。

<スポンサーリンク>


力関係の精査


東京新聞杯解説するっち

エアスピネルがマイル界のスターになると思っていただけに、あれ??という内容でした。
京都金杯で斤量差があり、ねじ伏せたブラックスピネルにまんまと逃げ切られ、
まぁそれはレースのあやだからまだしも、後ろからきたプロディガルサンに差されたのには正直ガッカリでした。
思えば、京都金杯も、突き抜けるかな?というところでブラックスピネルに詰められましたし、正直物足りなさがありました。
そして、プロディガルサンという新星の誕生を予感させるレースでした。

イスラボニータがルメール騎手の絶妙な手綱さばきで勝ったレースでした。
とはいえ、斤量が1kg重い中での勝利だけに、さすがでした。
しかし、そこまで力差はないなと感じた一戦でした。
そして、エアスピネルとブラックスピネルは、今回同斤量でした。
これまではエアスピネルが常に重い斤量だっただけに、今回は先着して当然くらいでしたが、
終わってみれば、ブラックスピネルとほとんど差のないレースでした。
むしろ、ブラックスピネルは展開不向きのレースでしたから。
もしもブラックスピネルが前に行っていたら、同斤量なのに差せていなかったのでは?

と思えるレースでした。
また、マイルCSで堂々の2着イスラボニータと、4歳の力の差はそこまでないなとも感じました。
展開、枠、一つでこの上位は入れ替わりそうという印象を受けました。

そのイスラボニータは、サトノアラジン、フィエロあたりと全く差のない競馬でしたから、結局マイル路線は、ちょっとした要素で着順が入れ替わるほどに混戦なんだと感じました。
その中で、安定感があるから崩れないだけで、ちょっとしたことで、2でも3でも4でも5でもなるという感覚を覚えました。

オッズバランス


bandicam 2017-06-03 21-13-21-294

ついにサトノアラジンが人気落ちしたかぁという印象を受けました。

マイルCS3人気、安田記念3人気、マイルCS1人気

いずれも人気をしたまわり、人気先行の代表馬として有名な馬でしたが、まぁここにきてようやく妥当なオッズになった感じですね。

不気味なのは、レッドファルクスとグレーターロンドンでしょう。

これに関しては、分かりません。
レッドファルクスは距離が長いと思っています。
ので、このオッズで買いたいとは思いません。
距離不安で嫌われたら買える馬なんです。
グレーターロンドンもしかり。
状態不安、本当に一級線に通用するのか?
そんな状況下でのこのオッズですから。

きさらぎ賞ぶっつけ本番だったルージュバックはこけました。
出否が分からないような状態からの出走の馬に、期待値はもてません。
これはもう来たらしゃーないくらいの気持ちです。

そして、大事なのはここ。


◎ブラックスピネル(10人気)


WHY???

エアスピネルとそこまでの力差がない馬が、どうして嫌われる?

WHY???

エアスピネルと同じローテーションの馬が、なぜ嫌われる??

WHY???

前走はデムーロ騎手のムラっ気が災いしての敗戦。

「前に行ってキレる」

なんて言われたら、松山騎手は「アルアインやんけ!」と思うことでしょう。

まんまそのイメージで乗るはずで、さらには、「前にいけ!」と言われた若手騎手が逆らうことはできないはず。

てかむしろ、アルアインでいい思いをした騎手が、その乗り方で結果を出しているのだし、ダービーでもまんまその騎乗をしてきたのですから、ここは間違いなく前に行くはずです。

なら、当然、展開の利は前に行く方にあり、エアスピネルよりも前で競馬すれば、当然


ブラックスピネル>>エアスピネル


となる。


昨年同様逃げ馬不在


昨年は逃げ馬不在

まんまと逃げ切った昨年のロゴタイプ

昨年と同じ馬場

bandicam 2017-06-03 21-30-42-835
bandicam 2017-06-03 21-30-51-191

今日の東京最終なんざ、まさしく昨年のロゴタイプでした。
これを見た田辺騎手はまず間違いなくこの競馬をするでしょうね。

人気を集めた各場は外で伸びあぐね、2番手で粘る馬がそのまま2着。
bandicam 2017-06-03 21-30-42-835

内の各馬が外に来るため、外の馬はさらに外。
後ろの馬は前がドンドン外に来てゴチャつく。

bandicam 2017-06-03 21-33-20-036
外を回った有力馬は差してこれず、内を突いた馬や先行馬が残るレースが相次いだ。

昨年と同じ馬場
昨年と同じような展開
そしてオッズバランス

印まとめ

ブラックスピネル
E
(5位前後)
▲R
★イスラボニータ
△4.8.18
☆2.5.6.7.10.12.13.14


展開とオッズを加味すればこうなる。
この3頭の単勝は買うし、この3頭のうち2頭が残る馬券も買う。
そして3頭で決まれば大フィーバーも買う。
イスラもエアも、そこまで差がないのは今までのレースを見ても明らかだ。
それなら、このレースで有利になりそうな馬を買うのがベスト!
攻めるときは徹底的に攻める!徹底して!だ!
0ee3951f

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

↑このページのトップヘ