カテゴリ: 2017重賞予想


今日は兵庫GTですね。

ホープフルSを挟んで東京大賞典っと。


なんか微妙っすねw

中央が終わったら、まったり地方やって競艇と競輪を見て、ガキ使で年越し

いかんせんモチベは上がりませんが、まぁでもホープフルSはGIですし、ガチですよ。

有馬記念の週は散々でしたし、リベンジマッチの機会を設けてもらったことに感謝。

正月のお年玉代をしっかり作らないとね。

てことで、まずは本日の兵庫GTから注目馬


A
最強競馬ブログランキングへ
(3位前後)


3頭取消でまさかの9頭立て。まぁ出ていても配当妙味はあまり変わらずだったでしょうが…。

中央はだらしない馬が多い馬にハンデが重い。

競馬は地味というだけで売れないから地味な馬に目をつけた人が強いギャンブル。

中央=華やか 地方=地味

このレースはとにかく地方が良く絡むレースですからね。地元の雄に期待したいです。

<スポンサーリンク>


ホープフルS


枠順が確定しました。

bandicam 2017-12-27 11-27-51-405


大事なのは、中山芝2000mは、有馬記念ほど枠の有利不利は少ないこと。

どうしても、有馬記念の後、特に今年なんか枠の優劣が大きく出ましたから、

「外枠は不利…」って思いがち。

もちろん内枠がやや有利ですが、馬場の有利不利もない印象ですから、そこまで嫌わなくてもいいと思います。

⑮ジャンダルム

ただし、ジャンダルムの外枠ってのはマイナスですね。

スタートもそこまで速くないですし、掛かり癖があり、さらにコーナリングも危うい。

相当粗削りな2歳坊主です。

この血統ですし、距離延長、それに1周競馬、輸送とこなすべき課題はたくさんあります。

外枠でやや嫌われガチとはいえ、やたらと世間はこの馬を評価していますが、私は絶対的とは思わず。


⑩ルーカス


また、ルーカスも調整に失敗。これはオッズを大きく下げそうですね。

それに、ワグネリアンに大きくちぎられた東スポ杯。

そこまで強くないシャルルマーニュと小差の2着。

馬は立派だし、ゆくゆくは強くなっても不思議ではない馬ですが、

「まだそこまで抜けた強さはない」

印象。このオッズでは重視すべきではないでしょう。

⑦タイムフライヤー

最も軸として信頼度が高いのはこのタイムフライヤーでしょう。

下手にひねらず、この馬から流せば当たるんじゃないかなと。

異なる競馬場で走れていること。

坂・1周競馬を既に経験。

前で競馬ができ、速い脚も使える。



正直、フラットレーも、ルーカスも、エンジンのかかりが遅い印象。

馬群を割れないタイプですよね。

しかし、このタイムフライヤーは、スパっと切れるハーツ産駒なので、こちらは中山でも大丈夫でしょう。

雨でも結果を出していますし、荒れ馬場もOK。

人気ならこの馬ですね。


そして、相手に加えたい穴馬はこの馬

B
(20位前後)


タイムフライヤー同様、前につけてスパっと切れる脚を使えます。

新馬戦は好時計の大楽勝、何より、兵庫GTの見解で述べたように、

地味

地味な馬主、地味な生産者、地味な勝負服、地味な騎手

あんまり地味地味言うと、何だこのやろうって思われてしまいますが、私からすれば褒め言葉なので、悪しからず

その地味さが、派手な勝ちっぷりの印象を薄くしています。

この馬がサンデーRなら、恐らく当日は抜けた1番人気でも不思議ではないと思います。

それぐらい新馬戦が強かった。

後は、

輸送・坂・1周競馬

などなど、こなすべき課題は多いです。

前日オッズが売れているのが気に食わないですが、馬単三連単オッズを見ると恐らく人気は落ち着くでしょう。

その課題込みのオッズ(15~20倍)なら、狙ってみたいと思います。

他にも、ステイフーリッシュナスノシンフォニーなど、穴っぽい馬は多く、見た目以上に混戦模様。

未知の2歳戦ですし、阪神JF・朝日杯FSを本線で的中しましたから

ここもビシっと決め手2歳三冠を決めたいですね。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>




< いやはや、キタサンブラック強かったですね。

現代競馬の象徴、スローの前有利。

この時代に生まれてきたことも運命なんでしょうね。

レースがうまい馬は、常に恵まれる。

レースが下手な馬は、シュヴァルグランのように、不利も受けやすい。

それを競馬ファンに教えてくれたと思います。

ありがとうキタサンブラック!おめでとうキタサンブラック!

<スポンサーリンク>



さて、有馬記念が終わり、これで秋のGIは、11戦7勝。

これまで本命を打った馬を振り返りましょうか。

◎ダンスディレクター

◎モズカッチャン

◎クリンチャー

◎レインボーライン

◎モズカッチャン

◎マルターズアポジー

◎シュヴァルグラン

◎アウォーディー

◎リリーノーブル

◎ステルヴィオ

◎ヤマカツエース



わかりますかね?

1番人気に一度も◎を打ってないんですよね。

別に1番人気に打たないなんてルールは自分にはないんで、たまたまな面もありますw

自分は予想を当てるために印を打ってるんじゃない。

馬券で勝つための印を打っています。

だから、この秋は雨などの影響もあり、堅く収まるレースが少なかったのも、これだけ成果を上げられた要因とも言えるでしょう。


ですので、キタサンブラックに勝たれても別に悔しくなかったし、むしろ諦めがつきます。

馬券で勝つためには、的中も大事ですが、一番は、儲けること。

激走する穴馬を拾って、少額で利益を出す。

2018年も、このスタイルを守って、攻めの◎を打っていきたいと思います。

てことで、来週のホープフルSも、自分らしく、攻めていこうと思います。注目は、

A
(15位前後)

POG馬なので、私情も多少入ってますがw

外人騎手が強いレースですし、このクラブも強いレース。

1勝馬ながら、早い段階からここを目標に調整していますし、本気度は高いはず。

期待しています。

応援クリックもよろしくお願いします(こっそり話しも)

最強競馬ブログランキングへ
(3位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>




まずはいつものように、穴馬をピックアップ

ギャラクシーS

穴A
最強競馬ブログランキングへ
(3位前後)

昨年この時期のOPダートレースで、◎タガノエスプレッソで大爆発した縁起の良いレースですね。

この馬の兄弟もダートで活躍しており、内枠は微妙ですが、適正があっても不思議なし。

このオッズなら、狙ってみようと思います。

穴でもう一頭ならキョウエイアシュラ。前に行く馬も多く、後ろから行く馬がかなり少ない印象。

前走は見せ場たっぷり、いきなり穴を開けるタイプだけに、怖い一頭。

ポツンからのごぼう抜きの可能性も!?

<スポンサーリンク>




有馬記念


2017有馬記念特集①~過去の有馬記念を振り返る~


2017有馬記念特集②~出走馬本気度調査~

2017年有馬記念特集③~枠順から展開考察~

2017年有馬記念特集④~出走馬の適性検査~

1週間で積み重ねてきた予想の集大成。まだ読んでない人は予想の参考に。



土曜に行われた中山芝2500m グレイトフルS
bandicam 2017-12-23 21-17-19-436
bandicam 2017-12-23 21-17-30-451
bandicam 2017-12-23 21-17-54-875


外を勢いよく、手応え抜群で回ってきたステイパーシストは最後に脚を上がって失速。

1,2,4,5着は内内を立ち回って最後まで伸びた馬でした。

見た目ほど内は悪くないのでしょう。

コレを見ても、どれだけ枠と立ち回りが大事かが分かります。

スワーヴリチャードなんかは、ステイパーシストみたいな競馬になるでしょうし、それはシュヴァルグランも同じ。

タイプ的に内に潜り込んだとしても、スパっと抜ける脚がなく、むしろスムーズさを欠いてしまうでしょう。

外枠で、最初のコーナーまでに位置をとらない限り、ズルズル後ろへ下がってしまうのが外枠差し馬の有馬記念での宿命。

かなり厳しい状況下だと思います。


キタサンブラックは限界


有馬記念、オツリなしのスパルタ調教。

もうこれは天皇賞春後の宝塚記念の大凡走と全く同じパターンですよね。

最後だから、前走速い追い切りを少なくして負けたこともあって、4本追いで「仕上げてきた」んでしょうが、

競馬の格言で

「仕上げすぎた馬は走らない」

という言葉があります。

仕上がった馬は走るが、仕上げた馬は走らない

この差、分かります?

後者はつまり、人間が意図的に作り上げた創造物なわけです。

ダビスタで言えば、

「ダビスタ コメント かなり披露が」の画像検索結果

というコメントが出ているにも関わらず

CW 併せ 一杯

を毎週繰り返すようなもの。人間のエゴによってビシバシ調教させられているキタサンブラック。

強い調教を消化=調子がいい

ではありません!人間だって、試合直前に練習しまくって力を出せますか?

もう、レースを走る頃には、走りたくなくなっているかも…。

それを察してか、調教に騎乗した黒岩騎手はセーブした追い切りにしたんじゃないでしょうか?

宝塚記念のように、直線ズルズル後退するシーンは十分考えられます。

怪我なく回ってほしいです・・・。


◎ヤマカツエース


3戦目のキタサンブラックが走らないのは、この「加減知らずの調整」も影響しているかもしれませんね。

そして、人気2頭の外枠。

それなら、このヤマカツエースが大チャンスでしょう。

勝負強い池添騎手、キタサンブラック徹底マークのシュヴァルグランのボウマン騎手のように、インベタで2500mキッチリ回し、外に出してひと伸びを目論んでいるでしょう。

大阪杯、金虎賞(変換めんどくさい)、有馬記念、中山金杯、あの伸び脚があれば、この不安だらけのメンバー構成なら勝ち負けできるでしょう。

枠が出るまで、いろんな馬に可能性を感じていました。

そして、枠が出てから、この馬だ!と感じました。

シュヴァルグランの時と同じですね。フィーリングを信じます。

印まとめ

◎ヤマカツエース
○シュヴァルグラン
▲スワーヴリチャード
B
△キタサンブラック
△レインボーライン
△ミッキークイーン
穴クイーンズリング
穴サトノクロニクル
紐4.5.7.11.12.15

適正、枠は嫌いましたが、本気度ならやはり○▲の2頭。

ジャパンCで4着以下につけた着差から、間違いなく2頭の能力は抜けていますからね。

それこそ、シュヴァルグランは、昨年の敗戦のせいか、あまりにも人気なさすぎです。

昨年とは、馬の質も出来も雲泥の差とも言えるもの。相手本線はこの馬。

サトノクラウンは参戦をギリギリまで待った馬。状態が戻っていない証拠。

苦し紛れのポリ調教、ムラ駆けのこの馬がこんな間に合わせの状態で走れるとは思えず。

人気馬に不安要素たっぷりなら、どの馬にもチャンスは十分、ヤマカツから買うなら100円でも十分いい配当が得られることでしょう。

荒れる有馬記念らしく、幅広く買いたいです。


GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 


まずはいつものように、平場.特別の穴馬をピックアップ

穴A
最強競馬ブログランキングへ
(3位前後)

3歳馬がズラリ!

そのため妙味が出てきたこの馬。この条件は得意ですし、このオッズなら買いでしょう。


<スポンサーリンク>




阪神C


フルゲート18頭。やはり阪神Cはこうでないといけませんね。

阪神Cというレースは、
bandicam 2017-12-22 22-26-57-872

bandicam 2017-12-22 22-27-07-893


内枠差し馬が外の馬に押し込められ、詰まっている間にスムーズな馬が抜け出すレース。

bandicam 2017-12-22 22-25-19-731


それは過去10年でも現れています。

データを使う時はこうやって使います。

データ見て、外有利だ!!

ではなく、こういう理由があって、そこにデータが伴えば、使えるデータ。というわけです。


◎レーヌミノル


もう一つのポイントとして、阪神Cは、マイルCSで負けた馬がよく来るレース。

1400mベストの馬が、マイルG1でドカ負けから巻き返すのが阪神C

1400mベストで、最も強い負け方をしたこの馬。

正直1200mなら相当いいところまで行く馬。ベストは1400よりも1200ではありますが、長い距離を使ってきているなら、今は1400mがベストだろう。

差し追込決着を、前目で粘って4着。これは相当強い。

更にベストの距離に近づく今回は、前走以上の走りが期待できるはず。


穴○
B


モズアスコットや、アポロノシンザンなど、1600万の1400mはかなりハイレベル。いきなり通用する馬が多い。

この馬も阪神1400mはベストで、重賞でもやれることを示した前走。

1200mを使ったことで、今回は位置をとれるでしょうし、これだけ人気がないなら狙い目。



紐まで→モズアスコット

ハイレベルですし、いきなり通用していいでしょう。

ただし、上記で述べた通り。

阪神Cは中団差し、そして馬群を割るような競馬を選択した瞬間終了します。

ステルヴィオで詰まった騎手が、詰まらない保証はない。


紐まで→イスラボニータ


こちらも詰まる可能性あり。位置をとれなかった前走を見ても、安田記念を見ても、安定感は認めつつも、このレースのこの枠は危ない。

印まとめ

◎レーヌミノル
B
▲ミスエルテ
★サンライズメジャー
△2.7.10.11.12.13.15.17.18

イスラもモズも危ないとみれば、幅広く流すのが最適。荒れるレースらしいレースを期待!

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 


有馬記念予想の前に、話したいことが一つ。

先日、韓国のスーパースターが、自ら命を絶った。韓国が好きな友人も多く、私もその一人。昨日一昨日はとても哀しい気持ちでいっぱいだった。

27歳という若さ。自分に置き換えたら、もう死ななくちゃいけない。


彼は、一般人が羨むほどの美声と容姿を兼ね備えていた。



2番目に出てくる甘い声が彼が、今ニュースでも取り上げられている、SHINeeのジョンヒョン

彼の歌声が好きで、よく曲も聴いていた。


それでも彼は、そんな自分に満足しておらず、いつも悩んでいた。

自分への要求がプレッシャーとなり、それに耐えきれなくなった。


人一人一人が持つ価値観は、外からじゃ分からない。



競馬ファンも、2年前、同じような哀しい経験をしましたね。

みんなが羨むほどの明るさを持っていて、今週末もまた、競馬場に行けばそんな姿が見れると思っていた。

でも、外で見せていた姿とは裏腹に、内心はすごく悩んでいた。苦しんでいた。


我々からすれば「どうして…」という気持ちでいっぱい。周りの人間は特に悔やむだろう。

「気づいてあげられなかった…」と。

でも、そういう人は、「気づかせないようにしている」人がほとんどだ。

周りにそんな人はいないかい?なんでも一人で解決しようとしている人はいないかい?

「一声かけてあげる」ちょっとした気遣いが、その一声が、その人を救うかもしれない。



競馬ファンは、まずは軽はずみな発言はなるべく控えること。思っていても口に出さない人は立派。口に出しても、それを公の場でないところで言おうか。

カッてなってしまうことはよくある。お金がかかっているんだもの。仕方ない。

でも、言って良いことと悪いこともある。これからもよく考えて行動したい。

馬券を買う決断を下しているのは最終的に自分だ。

騎手、馬、予想、それらを見て、馬券を買っているのは自分だ。

持っているお金をつぎ込んで、生活に支障をきたして、欲に飲まれて、そんな馬鹿なことで、「死のう…」なんて思わないでくれよ。



毎週末の競馬が楽しみ。

それだけでどれだけ幸せか。

そんな幸せを噛み締めつつ、予想していこう。



R.I.P KimJongHyun

<スポンサーリンク>


有馬記念を獲りに来ている馬

命も大事。お金も大事。大事じゃないものなんてないな。この世に。

そんなお金がかかっているからには、馬券を当てないといけないね。やるからには、頑張ろう。

今年は、本気度などから、◎シュヴァルグランなどを打てました。やはり、メイチ仕上げはパフォーマンスを跳ね上げますね。

秋古馬GIの3戦目の有馬記念。余力があるかないか、大きなカギを握りそう!


カレンミロティック


本気度85点

約1年ぶりを使って3戦目。アルゼンチン共和国杯から間隔をしっかりとっての参戦と、ローテとしては絶好ですね。

後は、どこまでここを獲りに来ているか。

適正という意味では、持続力タイプで有馬記念向きですし、チャンスは十分あると思いますよ。

9歳ですが、年齢的な衰えはなさそうですしね。セン馬だけに、走ることに一生を捧げた一頭。鞍上も一発を狙っていることでしょう。


キタサンブラック


本気度100

ラストラン。陣営の、「究極の仕上げで出すんだ」という意気込みが感じられる猛調教ぶり。

本気度はMAXでしょう。後は、そこに状態が追いついているかどうかだけ…。

クイーンズリング


本気度75

メイチは前走のエリザベス女王杯でしょう。そこから間隔が空いて仕切り直しの一戦。

鞍上にルメールと不気味ですが、力の衰えは否めずか。

サウンズオブアース


本気度70

この秋3戦目。衰えは隠せませんね。ドバイから帰国3戦目の前走も精彩を欠いてますし、もう厳しいかなぁという印象です。

サクラアンプルール

本気度90


天皇賞秋を使い、ジャパンCをパスしてここ一本は、好感が持てますね。

マツリダゴッホや、ドリームジャーニーも同様のローテーションからこのレースを制しただけに、不気味な一頭でしょう。

鞍上も中山芝2500mを得意としている蛯名騎手。本命にしても面白いなぁと思ったほどの一頭。本気度も高く、要注意だ。

サトノクラウン

本気度55


直前に出走を決めた馬で、本気度は低め。

「先週よりはいい状態ですよ」

という言葉はつまり、「前走より」「前々走より」は良くない。を意味していると思います。

ムーア騎手起用で怖いですが、あまり使い込んでいいタイプでもない馬。本気度からは、軽視か?

サトノクロニクル


本気度65

唯一の秋4戦目。前走勝っていなければ出れなかったでしょう。ここ目標というよりは、出走にこぎつけた印象。

上がり目はどうか。3歳の勢いとこの調教師の飛び込み参戦は過去に激走例もあり、注意が必要か?

シャケトラ

本気度75


「有馬記念で狙いたい」

と思っていた人は大多数でしょう。

しかし、ここ2戦があまりにも不甲斐なく、「どうしよう・・」と不安になっている人が急増しているイメージですw

アドマイヤデウスとかなり似ていますね。あの馬で何度痛い目にあったことか。

前走は掛かるところもみせていましたし、この鞍上はあまり合わない気がします。

スワーヴリチャード


本気度120

普通ならジャパンCに行くところを、有馬記念に回したんですから、「獲りに来た」という言葉はこの馬のためにあるようなもの。

後は、適正ですね。エンジンのかかりが遅い点は、「ハーツクライらしさ」を残している馬。

前走好位から運んだレースぶりをうまく活かしたいところ

トーセンビクトリー


本気度60

有馬記念で穴を開ける一族

だけに、怖さはあります。が、メイチは前走でしょう。

内枠引いて、ドスローなら、立ち回りだけでワンチャンスありそうかも。

ブレスジャーニー

本気度80


カレンミロティック同様、約1年ぶりを叩いての3戦目。

更に上積みはありそうですね。

個人的に大好きな馬。

コパノリッキーが叩き3戦目でパフォーマンスが激変したように、ブレスジャーニーが前走まだまだ60%くらいの出来で、ここが100%なら、一変する可能性も?

「加速の速さがドリームジャーニーに良く似ている」というのコメントを2歳時にしていたので、走ったら嬉しいかも。


ミッキークイーン


本気度90

一頓挫明けで半信半疑のエリザベス女王杯が強い3着。

やはりこの馬は牝馬トップクラスの実力ですね。

GIでほとんどチャンスのない浜中騎手ですから、ここは相当気合が入っているかも。

ヤマカツエース


本気度80

それこそジャパンCパスしてほしかったのはこの馬かも。

ただ、使いながら調子を上げるタイプではあるので、秋3戦目で落ち目ということはないかも。

関係者の話しでも元気いっぱいとのこと。昨年4着、レースが上手な馬。乗り方一つで

ルージュバック


本気度75

天皇賞ではなく、エリザベス女王杯を選択したところを見ても、メイチはエリザベス女王杯。

ただし、中山で結果が出たのは大きいでしょう。北村宏司騎手がオールカマーSの再現を見せれば、ワンチャンスがあるかも?


レインボーライン


本気度80

使い減りしない馬で、出来オチはないでしょう。

ジャパンCも、あの位置からよく追い上げました。やはり力があります。

ただ、上位止まりの馬であるのも事実。後ろから行く以上、前の馬を捌かなくてはいけませんし、常に不利はつきまとうもの。

スムーズなら大チャンスも、そのスムーズさが一番の課題に。

本気度から狙いたい馬



Cスワーヴリチャード

「有馬記念だけを勝ちに来た」

というローテからも、ジャパンCのシュヴァルグランと同じくらいの本気度が伝わってきますね。

後は適正だけですが、今はある程度の位置からでも競馬ができますし、皐月賞も最後来ていますしね。

そんなに気にする必要はないかなぁと。

逆に、本気度から、軽視したいのは

Dサトノクロニクル

開幕週の綺麗な馬場が理想なタイプでもあり、荒れつつある中山のタフな芝はひと息でしょう。

ただ、前走上手な競馬をした点は評価。過去には飛び込み参戦となったトゥザグローリーで3着と激走させた調教師。

臨戦過程はマイナス。それは間違い無しで、軸には絶対にしないですが、紐には入れようかなと、結局切れそうにないかも(苦笑)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

↑このページのトップヘ