カテゴリ: 海外競馬


いい例となるのが、今年のヴィブロスのドバイ制覇でしょう。

あれが何を物語っているのかというと、

G
最強競馬ブログランキングへ
(3位前後)

ヴィブロスは正直牝馬路線でも上位レベルであり、トップレベルでないことはエリザベス女王杯を見てもわかると思います。

実力で言えば、3歳世代とミッキークイーンよりも下でしょう。

それでもドバイを制することができた。

これはつまり、

要は異国で力を発揮できるかできないか

これがカギになってくるわけです。

ネオリアリズムもしかりですよね?

日本ではGII止まりの馬が勝っちゃうわけですから。

日本馬のレベルというのは相当高い。

だから海外馬もなかなか日本に来てくれないのです。(もちろん検疫や輸送などもありますが)

日本馬は、向こうの環境にどれだけ順応できるかがカギとなりそうです。

そういう点では、輸送距離も短い香港なんかは、最も日本馬が活躍できる国際舞台だと思います。

<スポンサーリンク>

どの路線も強いわけではない


ということは気をつけたいですね。

日本がトップレベルにあるのは、芝の中距離路線に限定した話だと思います。


中距離のトップレベルにあるヨーロッパ競馬のスタイルに、日本の競馬スタイルが似てきたのも、近年の好結果に繋がっているとも言えます。

もちろんそこには芝の適正なども関わってきますが。

だから、異質であるアメリカのダート競馬なんかでは日本競馬は通用しないし、短距離路線でもスローが多くなっている日本の競馬では、最強に近い香港に通用しません。

そう考えれば、今回の香港、短い路線では、香港馬を重視。中長距離では、日本馬を重視

しても良いと思います。

となると、馬券的妙味は、人気先行の日本馬が凡走が予想できる香港スプリント

ここが一番の勝負になるかなぁと。

ちなみに、個人的に買いたい馬は

H
(15位前後)

馬はすごくいいんですが、枠的にはかなり厳しいですね。内枠はかなり揉まれやすい舞台で、スムーズに直線さばけるかがカギに。

ジャパンCの再現ができれば、面白いんですが。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 


競馬ブログランキングへ
(5位前後)

(30位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!


本日の競馬もマズマズでしたね!
勝負気配のあるレースを外したのが個人的にはいただけないですが、的中報告もいただいてますし、やはり買わないレースはグっと我慢するのが大事で、買うレースだけしっかり買うべき。
明日もそのスタンスで頑張りたいですが、まずは朝一、海外競馬を堪能しましょうか

注目!イチオシの競馬サイト

<PR>本編に入る前に今イチオシの競馬サイトをご紹介
(※ブログ記事本編はページ下にあります)
新世代の競馬WEB新聞競馬成駿

40年以上に渡って競馬予想界の最先端を走り続けた
清水成駿によって考案された、
全く新しいスタイルのWEB競馬新聞です。
ラップ理論のパイオニア!上田琢巳
東大卒の超頭脳派!水上学など、
清水成駿が認める業界の俊英たちが勢ぞろい。
紙の新聞には掲載することのできない、
レース直前の馬場状態やオッズ情報を加味した上で、
予想家たちの最終結論を
予想印◎〇▲△でご提供させていただいております。
先週も怒涛の的中ラッシュ!!
ラップ予想家今川が見事な万馬券的中
bandicam 2017-06-08 12-34-13-971
直近の的中実績はコチラ
bandicam 2017-06-08 12-08-01-844
(※こちらは有料会員会員向けコンテンツになります)

また、レース毎にコース・ラップ・血統
それぞれの視点からプロの見解を掲載しており、
こちらもレース検討に役立つこと間違い無し!

web競馬新聞『競馬成駿』では、
エプソムCの予想家の全印、全見解すべてを、

無料で公開致します!!
実際に無料公開された新聞がこちら
bandicam 2017-05-31 19-30-04-529
この機会に是非とも、
鮮度精度をご体感下さい!!

▼エプソムCの予想を無料公開▼

▼ご利用には競馬JAPANへの登録が必要です▼
登録はメールアドレスを登録するだけ
▼下記参照『最短60秒!無料登録はコチラから』からメールを登録するだけ
bandicam 2017-05-31 19-32-23-857

競馬JAPANに無料登録または既にご登録されている方は
競馬成駿公式HPから予想をご覧ください

<スポンサーリンク>


ベルモントS

◎はこちら

O
(30位前後)
○ゴームリー
▲タップリット
△5.6.9

米三冠は過酷ローテゆえ、ケンタッキーダービー、プリークネスSからベルモントSに臨む馬は、三冠を勝ち負けできるレベルでない限りは厳しいのがほとんどだ。
ゆえに、ルッキンアットリーは消す。

逆に、ここに照準を定め、プリークネスSをパスしてここ臨むような馬が好相性だ。
本命馬は最優秀2歳馬を破った実績もあり、巻き返しは可能と見た。

エピカリスは、来ても馬券的には妙味なし。
一頓挫もありましたし、アメリカで通用するかどうか微妙なところがある。
応援はするが、馬券は別、という考え方で勝負したい。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

今日は日経賞はミライヘノツバサが見事好走もゴールドアクターがまさかの5着。
毎日杯は読み通りサトノアーサーが2着も個人的には絞って失敗。

ただ、強烈な一撃を決めたのが中京11R
bandicam 2017-03-25 21-21-56-370
(的中報告Jさん)
bandicam 2017-03-25 21-25-47-554
bandicam 2017-03-25 21-25-42-902

89.6倍。もう少しで単勝万馬券のスズカリバーをピックアップ。
的中報告してくれたJさんも、「まさか本当に来るとは…」とコメントしてくれました。
このスズカリバーは夏の北海道で2度美味しい思いをさせてもらった馬。
その時の強さが分かっており、近走の敗戦も明らか。
スンナリ行けることができればきっと好走するはず。
そう思ってしつこく狙って、今回マイペースで逃げた結果、完勝。

「穴馬はしつこく狙ってなんぼ!」

根拠なく穴馬を狙っているわけではないですからね。
必ず根拠を持って穴馬を推奨しているからこそ、我慢して買い続ければこうして莫大なマネーバックがあるのです。
今回毎日杯で、ビリ人気の馬を狙ってハズレはしましたが、きっとあの馬はダートの短距離に戻ってまたいい思いをさせてくれるでしょう。(前走単勝30倍的中)

こういう馬券を重賞でも逃さないよう、また明日の競馬も頑張ります

<スポンサーリンク>


ドバイターフ

bandicam 2017-03-25 21-32-05-096
bandicam 2017-03-25 21-32-09-024


問題はこの雨ですよ…
どしゃんこ田んぼ馬場。
ただでさえ普段買わない馬を予想するのに、各馬走ったことのないような馬場での予想。
まぁ、あまり額を張らずに、いきましょうか。

bandicam 2017-03-25 21-34-35-888
非常にオーソドックスなコース。
日本の外回り1800mの左回り。平坦で、新潟の直線を少し短くしたイメージでしょう。

bandicam 2017-03-25 21-37-50-960

海外競馬で勝つためには、日本馬が好走しないレースを選び、日本馬を買わないこと。
4歳牝馬の中距離路線は、正直レベルが低いと昨年のオークスの時にコメントしました。
つまりヴィブロスの力では正直どうあがいても足りないというわけです。
それで4.5倍複勝1.7~2.3倍と売れるわけですから。
他の海外の馬を買って儲けたいところです。

◎ムタケイエフ



一頓挫あってぶっつけにはなりますが、インターナショナルSの3着を評価。
1着ポストポンド2着ハイアンドリール
日本でもおなじみの2頭。
一番外の青い帽子がムタケイエフ
bandicam 2017-03-25 21-37-02-926
bandicam 2017-03-25 21-37-06-707
bandicam 2017-03-25 21-37-22-284

この不利ですよ。これがなければポストポンドに迫っての3着ですから。
このメンバーの中でも十分勝ち負けになるんじゃないでしょうか?

重馬場実績もありますし、ここはこの馬から。
単複をメインに、○ザラック▲リブチェスターを置いて、馬連馬単も少々買ってみます。

 

ドバイシーマC

bandicam 2017-03-25 21-48-28-639

まぁまぁこちらは日本でお馴染みの2頭が例によって売れるわけですよ。
ポストポンドは衰えの心配もありますし、ハイランドリールは夏から冬にかけて使って使って調子を上げるタイプ。
ここはこの馬を狙ってみます 


◎はこちら


(30位前後応援クリックお願いします 
競馬ブログランキングへ

凱旋門賞に出てくれば、本命にしょうか迷ったウマでした。
それくらい終いの末脚ってのが素晴らしい馬。 
ちょっと雨の馬場がどうかは微妙ですけど、ガリレオ産駒ですからね。
 bandicam 2016-11-04 22-27-36-273

前走BCはまぁ小回りですから。それで4着は負けて強しと見ています。
スロー濃厚なメンバー構成ですから。牝馬のキレ!に期待してみます。

ドバイワールドC

bandicam 2017-03-25 21-57-05-090

過去にはヴィクトワールピサが勝ちましたが当時はAW。
ダートはやはりアメリカが強く、昨年もカリフォルニアクロームが圧勝しました。
日本馬のレベルはまだ世界にないというのは、ラニが歯が立たないことが証明していますし、あのホッコータルマエも完敗を毎年喫したのがこのドバイの地での出来事。
それでも日本の馬が出れば、このようにオッズで支持されるわけですから。
そこに妙味を見出して馬券を買いたいですね
 

◎アロゲート


日本で言えばなんでしょうね。
フラワーCでファンディーナ以外の馬をアタマ固定で買うようなもんでしょうか?
歴史的名馬の匂いもするほどの強い馬。それがアロゲート。
昨年の世界のレースでもNO.1だったんじゃないかというBCクラシックの勝ち馬。
ガンガン速いペースを先行し追いかけて、そのまま長く長く脚を使って押し切るスタイル。
操縦性のいいゴールドシップみたいなイメージでしょうか。 
これについてくる馬、負かしにくる馬ってのは、厳しいでしょうね。

 

○キーンアイス

となれば、漁夫の利狙いのこの馬。
BCクラシックでもうまく展開を味方にしての3着。
bandicam 2017-03-25 22-04-45-968

ドバイワールドカップは、3着でもG1で1着のような賞金がもらえるレース。
勝たなくてもいいんですよ。
キーンアイスは、勝ちに来ない馬。着を拾うにくるような馬。
アロゲートが前に行く馬や負かしにくる馬を軒並み倒してくれますから。
それをうまいこと利用して、この馬が2、3着に入り込んでくるでしょう。

○ホッパーチュニティ

bandicam 2017-03-25 22-07-31-706

昨年外から追い込んで3着だったのがホッパーチュニティ
キーンアイス同様、狙いたいのはこういう馬。
ちなみにこの馬はBCクラシックで差のない4着。
キーンアイスと同等くらいの評価の馬です。

アロゲートを頭固定にし、この2頭を2、3列目に置いた三連単で、勝負してみたいです。
 
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

 

(並びは馬番、〇数字が枠番)
bandicam 2016-11-01 11-42-48-122
(提供:Horse Memorys)

bandicam 2016-11-01 12-35-47-897


発走時刻は本日11/1 13:00予定。

まず、予想する時間がない。

うえにゆっくりレースを見る暇もない。

かつ、24頭立てで当たる気がしないw

斤量も51.0~57.0

日本のカレンミロティックは56.5kgで出走

日本のオッズとブックマーカーを見比べてみて
bandicam 2016-11-01 11-51-47-223
bandicam 2016-11-01 11-54-14-568

オーシャノグラファーあたりが妙味がありそうですね。

ここら辺の単複だけちょっと買ってみようかと思います。

とにかく日本のカレンミロティック、がんばれー!


☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟   

☆勝ち組になりたい方はこちらをクリック☆
   


bandicam 2016-03-01 19-37-18-912   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<スポンサーリンク>


アルゼンチン共和国杯

CTXER02UYAA2Pee

bandicam 2016-10-31 15-43-56-341

昨年ゴールドアクターがここから有馬記念を制しました

かつてはスクリーンヒーローがJCを制し、

トーセンジョーダンアドマイヤジュピタなども後にG1を制しました

成長とともにここを制した馬は、後に大成していきます

ひとつの登竜門として、注目のレースです。

bandicam 2016-10-31 15-37-59-208

bandicam 2016-10-31 15-38-08-687


ハンデ戦で、11人気が勝ったこともありましたが

結構堅めのハンデ重賞となっています。

人気上位も安定しており、そこは力を発揮しやすい舞台設定も背景にあるでしょうね

bandicam 2016-10-31 15-37-07-212
bandicam 2016-10-31 15-37-31-781
bandicam 2016-10-31 15-37-40-301


2400mと違うのは、やはり2度の坂越えでしょう。

これだけでたったの100mにより、問われるものが違います。

このレースがステイヤーズSへの好ステップレースとなるのは

スタミナが問われるレースとなるからです。

また、そういう馬が多く出走してきます

bandicam 2016-10-31 15-38-35-693

前走オールカマーS組やアイルランドS組が好成績。

それと条件戦からの臨戦も悪くない。

bandicam 2016-10-31 15-38-49-246


ハンデが軽くなる点もありますし、

4歳馬が多く活躍している背景には、

bandicam 2016-10-31 15-39-22-726

4歳は夏で一旦降級する関係でしょうね

bandicam 2016-10-31 15-39-07-223



故に55kg・56kgという斤量を背負う4歳が非常に強いレース

今年はモンドインテロとシュヴァルグランが4歳でスタンバイ。

ただ、2頭とも実績馬ですし、57・57.5あたりになってしまうでしょうか?

1年五ヶ月ぶりに復活したヴォルシェーブは、実質4歳として扱ってもいいと思います

bandicam 2016-10-31 11-38-04-048
bandicam 2016-10-31 11-38-14-658


東京も週末には良馬場になりそうですね。

JBCがやや重か重にはなりそうですが

bandicam 2016-10-31 15-55-58-138


好メンバーが揃った印象。好レースを期待したいですね。

中でも注目は

このレースはステイヤーの登竜門の一つ。

ここを使ってきたというのはそういうことでしょう。

今後はJC・有馬記念・天皇賞春を大目標としてくるでしょうから

ここを勝って勢いをつけてG1を勝ってきた先輩方にあやかりたいですね


GOOD LUCK!!

<スポンサーリンク>



凱旋門賞が終わりました


マカヒキは残念でしたね


馬券も外れてしまいました

ただ、海外競馬の奥の深さを痛いほど痛感しました


GCを見ていた方なら、この武豊騎手のレース回顧は実に興味深かったんじゃないでしょうか?




<スポンサーリンク>




ハイアンドリールオーダーオブセントジョージを外にやり、それをわかっていたようにファウンドは内へ入っていった」


エイダンオブライエン厩舎の3頭出しだからできる芸当

「そういう作戦が組まれていたんじゃないか」



という仮説。


そう言われると、いくつか気になる点がありました。


この武豊騎手のヒントを私なりに解説していきます


スタートしてハイアンドリールは執拗に外へ。ファウンドのムーア騎手はすぐ内を確認しています
bandicam 2016-10-03 10-43-31-875


マカヒキ
を外に追いやるようにプレッシャーをかけ、その間ムーア騎手は内へ
bandicam 2016-10-03 10-43-36-243


bandicam 2016-10-03 10-43-41-495
bandicam 2016-10-03 10-44-01-049
bandicam 2016-10-03 10-44-17-208
bandicam 2016-10-03 10-44-23-894


オーダーオブセントジョージ
のフランキーデットーリは昨年のゴールデンホーンと同じように外から内へ
bandicam 2016-10-03 10-44-49-958



ポイントがここ

オブライエン厩舎の3頭が縦に一列作ったんですよね
bandicam 2016-10-03 10-45-13-286


ポストポンドとマカヒキは壁を作れない状況に

そして直線


ハイアンドリール
ヘファナ騎手は内のファウンドを確認して外に出します
bandicam 2016-10-03 10-51-11-762


そして、オーダーオブセントジョージデットーリ騎手もここで後ろを向いているのがわかります
bandicam 2016-10-03 10-45-51-121


そして、馬を内に入れて、ファウンドの進路を作ったわけです
bandicam 2016-10-03 10-46-08-899


わざわざ失速するであろう逃げ馬の後ろになんか普通は入りませんよね?


その証拠にデットーリ騎手ファウンドが抜けるまで追うことをやめています
bandicam 2016-10-03 10-46-27-522


で、ファウンドを行かせてからしっかり追い出しました
bandicam 2016-10-03 10-46-37-154


このオブライエン厩舎のコンビネーションが掴んだ勝利でしょう

しかも1、2、3着独占というオマケつき


また、当日は凱旋門賞まで3R行われましたが、


勝ち馬は全て逃げ切り


馬1、2頭分しか伸びない馬場でした
bandicam 2016-10-03 10-46-58-944


馬券を夕方に買ってしまったことを大きく後悔

これを見ていれば全く違った予想になったでしょうね


しかし、海外競馬はラビットは用意したり、多頭数出しで


潰れ役や潰し役など、役割分担がきっちりしていますよね


ここら辺が日本の競馬と全く違うところだと思います


勝たせたい馬をきっちり勝たせる



今回の凱旋門賞は大変勉強になったんじゃないでしょうか?

少なくとも、ファウンドすげー!とか、オブライエンすげー!で終わってるようでは、


今後の海外競馬も当たらないでしょう


陣営の思惑やジョッキー心理が日本とはまるで違っていますから


そこを読みきらないとこれだけいい馬券は取れないでしょう
bandicam 2016-10-02 23-30-39-873


また、マカヒキの過剰人気で絡まなかったことで高配当も演出

馬券とは残酷で、日本馬を応援していない人ほど儲かるのが海外競馬かもしれません


本当に儲けたいなら


「日本馬飛べー!飛べー!」


と、心の中だけで叫んで馬券を買うといいでしょうね


これからの海外競馬、今日の凱旋門賞を活かした予想をしていきたいですね


面白かったと感じていただいたらワンクリックお願いします
人気ブログランキングへ

<スポンサーリンク>

↑このページのトップヘ