カテゴリ: 解説するっち

皐月賞

まず、解説する前に、馬場を確認。
bandicam 2017-04-17 22-17-19-213

bandicam 2017-04-15 18-39-39-734
いやいやおかしいでしょw
ってくらいの超高速化。
イン伸び内前超絶有利。

「速い馬が勝つ」

それが皐月賞。
「じゃあ、馬場を速くしないと!!」

ってのは、どうなの?っていう気がします。
上位3頭はマイルで勝ち鞍のある3頭。
今年の皐月賞は、思惑通り速い馬が勝ったレースだったと思います。
まぁ簡単にまとめるとそうなってしまいますが、レース自体は、非常に解説しがいのある、卓越した騎乗技術と駆け引きが飛び交う面白いモノだったと思いますので、徹底的に回顧していきたいと思います。

スタートです。カデナはやや躓き気味のスタートで、ダッシュがつかず。
bandicam 2017-04-18 15-06-06-404

ウインブライトもやや立ち遅れてしまいました。
bandicam 2017-04-18 15-06-12-031


サトノアレスは、内外から挟まれて、後ろからに。
bandicam 2017-04-18 15-06-30-920
bandicam 2017-04-18 15-06-46-726


注目の先行争い。「この枠だと控えることも…」なんて言ってましたが、私はこの枠だからこそ行ったほうがいい!とコメントしたトラスト。スタートも速いですし、やはり行きました。負けじと主導権を取りたいアダムバローズ。
bandicam 2017-04-18 15-06-53-621


スタートを決めたスワーヴリチャードは出たなりで中団のイン。外を見ながら。ダンビュライトの武騎手とプラチナヴォイスの和田騎手は内を見ながら、ポジションを探ってました。
bandicam 2017-04-18 15-07-05-354


得に和田騎手は何度も内を見ていましたから。理想はスワーヴリチャードの位置だったんじゃないでしょうか?
bandicam 2017-04-18 15-07-15-576
bandicam 2017-04-18 15-07-26-335
bandicam 2017-04-18 15-07-37-471

アメリカズカップも内へ入れたげでしたね。この日は特に内有利ですから、各ジョッキー内内へ意識があったと思います。
bandicam 2017-04-18 15-08-00-206


岩田騎手は内を見て、馬を内に。
bandicam 2017-04-18 15-08-22-921

イメージとしては、このまままっすぐ走らせて、前2頭をやり過ごして、外の3番手で今まで通りの競馬をしてくると思ったんですけどね。
bandicam 2017-04-18 15-08-51-244


逆にスワーヴリチャードの四位騎手は早め早めに外へ出していました。四位騎手といえば、外差しですからね。自分の理想の競馬をしようとしていましたが、枠を活かした競馬なら、結果は違ったと思います。
bandicam 2017-04-18 15-09-01-327
bandicam 2017-04-18 15-09-09-447

結果、ファンディーナがいて欲しい位置には、アルアインがうまく収まってました。積極的にポジションを取る松山騎手の積極性が光りましたね。
bandicam 2017-04-18 15-09-46-283


このような隊列で1角へ
bandicam 2017-04-18 15-10-07-414


後方では、ペルシアンナイトがやや狭くなってブレーキ
bandicam 2017-04-18 15-10-16-643

下がったペルシアンナイトのデムーロ騎手は、素早く内を確認して、馬を内に入れます。
bandicam 2017-04-18 15-10-32-436
bandicam 2017-04-18 15-11-09-250


ファンディーナは好位のインに収まりました。まぁ岩田騎手のマウントポジションなんですが、ファンディーナにとっては、初めての揉まれる競馬。だったらフラワーCの時にも馬群に入れるなどしないと。本番でわざわざやることではないと思います。
bandicam 2017-04-18 15-12-02-267
bandicam 2017-04-18 15-11-24-990


向正面。ペルシアンナイトは、結局この位置からこの位置へいつの間にか移動し、
bandicam 2017-04-18 15-11-36-251


さらにポッカリ空いた内側を進撃開始。
bandicam 2017-04-18 15-11-41-509

ちょうどペースが落ちて前が下がってきたところでしたね。
bandicam 2017-04-18 15-50-47-515

スワーヴリチャードあたりはややかかり気味でした。
bandicam 2017-04-18 15-12-20-346


59.0。2秒以上速い馬場を考えると、普通なら1.00.0くらいの平均ペースだと思います。よって前半はそんなきついペースではないはず。そして、ちょうどペースが落ち着いたタイミングでミルコはポッカリ空いたインを突いて位置を押し上げていきました。
bandicam 2017-04-18 15-12-37-945


これにはさすがのノリさんも驚いたことでしょう。
bandicam 2017-04-18 15-12-43-778
bandicam 2017-04-18 15-12-51-792


それを後ろで見ていたカデナの福永騎手も、嗅覚で「この馬についていけば…」と思ったのでしょう。素早く内に入れて、このペルシアンナイトの後ろに入れて、位置を押し上げます。
bandicam 2017-04-18 15-13-03-732
bandicam 2017-04-18 15-13-07-525
bandicam 2017-04-18 15-13-11-925
bandicam 2017-04-18 15-13-19-565

この判断は良かったと思います。勝つためには、どの馬が上位にくるかを読み、その馬の後ろを取れば自然と進路ができるもの。ただ、カデナがそういった変則的な競馬に対応できませんでした。ここがペルシアンナイトとカデナの差でしょうか。自分の競馬に徹していれば、もっと着順は上だったかもしれません。ただ、それではおそらく6~7着くらいが精一杯でした。負けはしましたが、こういう攻めの騎乗は大事だと思います。
bandicam 2017-04-18 15-13-59-486
bandicam 2017-04-18 15-14-05-271



内からマクっていく奇襲作戦に、気づいた岩田騎手は、すぐさま内を閉めます。それによってややブレーキになったペルシアンナイトですが、逆にここで一息入れることができた感もあります。
bandicam 2017-04-18 15-13-41-066


レースが動いたのはここ。クリンチャーが3角から一気に動いていきます。
bandicam 2017-04-18 15-13-51-385


クリンチャーが動くなら、じゃあ俺も動くよ!!!とトラスト。トラストが動くならじゃあじゃあ俺も動くよ!!!とアダムバローズ。
bandicam 2017-04-18 15-14-37-532

ここでどうぞどうぞなら、きついレースにはならなかったんですが、3頭が譲らず行ったので、ここから一気の持久力勝負となりました。
hqdefault (1)


3頭が一気にペースアップしたことで、前が開いていたファンディーナに3枚の壁が。
bandicam 2017-04-18 15-14-47-358

となると、外へ馬を誘導するしかなく、岩田騎手は外へ。
bandicam 2017-04-18 15-14-54-779

これによって、その外にいたアルアインは若干ブレーキをかけることに。
bandicam 2017-04-18 15-15-04-013
bandicam 2017-04-18 15-16-31-475


外に出したい岩田騎手に対し、外へは出させないぞと武豊騎手。きっちりタイトに回って、しっかり壁を作っていましたね。
bandicam 2017-04-18 15-15-09-190


ファンディーナに前をカットされたアルアインは一歩後退。これによって、好位のインがポッカリ空いて、デムーロ騎手はしめしめ。
bandicam 2017-04-18 15-15-16-485


何が何でも外へ出したい岩田騎手!何が何でもファンディーナをブロックしたい武豊騎手!熱い攻防でした。
bandicam 2017-04-18 15-15-27-287

しかし、半ば強引に岩田騎手がタックル!ダンビュライトを突き飛ばして外へ進路確保!
bandicam 2017-04-18 15-15-39-621
bandicam 2017-04-18 15-15-46-843


これによって進路確保。賛否ありそうですが、私はこれくらい攻めたほうがいいと思います。が、ファンディーナにとって、レース中に他の馬にタックルするのも初体験♡優しく乗ってあげないとダメですよね…何も本番でこんな厳しい競馬をしなくても…。逆に前をカットされたアルアインは当然空いた内を狙うのですが
bandicam 2017-04-18 15-15-52-391

8枠2頭が内へ入り、脱落したアダムが失速。その真後ろにたダンビュライトは外へ逃避するも、そこには内へ入った来たアルアインが。
bandicam 2017-04-18 15-16-02-750


ここまでほぼ完璧にレースを運んだミルコ。「邪魔すんなやボゲェ!ファッキュ!」と言わんばかりの怒号を飛ばしていたのでしょう
bandicam 2017-04-18 15-17-07-418

同厩舎ですし、若手の松山騎手は、それに対して、「すみません!すみません!!」と言わんばかりに、外へ。昔岡部騎手が「どけどけどけー!」と言ってたみたいですしね、そんな感じで松山きしゅは引いてましたね。これアルアインに外人騎手乗ってたらもっと面白かったのでしょうがwまぁ外人騎手は熱いですよ。日本人騎手もこれくらい熱くなってもいいんですが、お国柄でしょうかね。
bandicam 2017-04-18 15-16-12-010
bandicam 2017-04-18 15-16-17-777


アルアインから進路を強奪したペルシアンナイト。ダンビュライトから奪い取った岩田騎手。スムーズに4角。スワーヴリチャードも四位騎手らしく4角外に出して追い上げ開始。四位騎手の中ではここまでほぼ完璧だったと思います。
bandicam 2017-04-18 15-17-26-400


ウインブライトは早々にステッキ。これまでみたいに自分から動いていく競馬ではなく、周りが動いていく競馬についていく形。それでも対応してくれそうな馬な気はしましたが、残念ながら脱落してしまいました。
bandicam 2017-04-18 15-17-41-326


直線入り口。タイトにタイトに回ろうとクリンチャー藤岡佑介騎手は内へ。
bandicam 2017-04-18 15-17-46-517

しかし、そこに入ってくるはペルシアンナイトのデムーロ騎手。多分ですが、ここでもデムーロ騎手の怒号が飛んだのではないでしょうか?進路を譲ったアルアインも、直線入り口ではうまいことスペースができてましたね。
bandicam 2017-04-18 15-17-52-560

慌てて馬を外へ出しているように見えます。絶対後ろから「内を開けろ!」って言われてますよねw
bandicam 2017-04-18 15-18-54-756


まぁでも、トラストを競り落としていますから、次は外へ併せに行っただけかもしれないので、このシーンに関しては想像でしかありません。ただ、4角ではミルコが叫んでいるのは口の動きからわかります。
bandicam 2017-04-18 15-18-15-258


逆にこれによって外にいたアルアインはまた寄られる格好になりました。
bandicam 2017-04-18 15-19-07-903

それでも何とかひるまず狭いスペースに突っ込める瞬発力を見せました。ここで引かずに攻めたことが、勝利の要因でしょう。
bandicam 2017-04-18 15-18-36-953

で、クリンチャーが外へ行ってくれたことで、労せずして内へ進路を確保したペルシアンナイト。
bandicam 2017-04-18 15-18-27-241


内からグイっとひと伸び。ファンディーナも横綱相撲で押し切りを図り、外へはじかれたダンビュライトもよく食い下がってました。
bandicam 2017-04-18 15-19-15-474

狭いスペースで追い出すと、アルアインはグイグイ伸びてましたね。
bandicam 2017-04-18 15-19-25-085

内から抜け出すペルシアンアイトですが
bandicam 2017-04-18 15-19-31-758

一完歩ごとにグイグイ伸びるアルアインが差しきり、優勝
bandicam 2017-04-18 15-19-37-409
bandicam 2017-04-18 15-19-43-397
bandicam 2017-04-18 15-19-54-947


4角の事象で、ミルコは中指を立てていたみたいですが、松山騎手からしたら、「ちゃんと開けたのになぁ」って感じ。まぁ、ミルコもそれくらい悔しかったんでしょうが、うーんこういう光景は見たくなかったですね。

bandicam 2017-04-18 15-21-51-410
bandicam 2017-04-18 15-22-00-552


高速馬場、内前有利で前が止まらない馬場。ペースは平均。3角からのスパート戦。前が止まらず後ろからでは厳しいレースになりました。
bandicam 2017-04-18 15-50-37-183
bandicam 2017-04-18 15-50-47-515

今日の馬場なら、58秒くらいで前半流れていれば、後ろと前が入れ替わったのかもしれませんね。
もしもアダムバローズとトラストの枠が逆なら、そうだったかもしれませんね。

<スポンサーリンク>


1着アルアイン

幾度となく苦しい場面がある中での勝利ですから、みなさんが思っていた以上の完勝だと思います。
10101607

会心の騎乗ではなかったとは思います。あんだけ苦しい競馬をさせられた中で掴んだ初のG1タイトルですから。そりゃあ嬉しいですよね。
アルアインの母ドバイマジェスティは米の短距離G1ホース。
近年は、小柄に生まれやすいディープ産駒に、母の方でパワーを補填するべくパワータイプを組み合わせることに力を入れている印象。
筋肉モリモリタイプのディープが今後多くなるかもしれませんね。
しっかり結果を出すあたりはさすがはノーザンファームといったところでしょう。
血統、馬体からも、マイルがやはりベストでしょう。
速い皐月賞勝てました。
ダービーでは、どうでしょうね

2着ペルシアンナイト

レース後の粗行はさておき、レース運びの凄さはもう圧巻ですね。
ゲームしてるような手綱捌き。凄すぎます。
ヴィクトワールピサの岩田騎手もすごかったですが、それに匹敵するものがありました。
ただ、道中で位置を押し上げた分だけ、最後はさすがに脚が甘くなってしまいましたね。
馬場と展開を読んだ素晴らしい競馬。
いくつか窮屈な場面はありましたが、それは内を回ったリスクですから、十分ロスはカバーできた競馬だったと思います。
こちらもベストはマイルかもしれませんが、アルアインよりは距離の幅はありそうです。
ダービーではアーリントンCのように終いを活かす競馬をしてくるでしょうね。


3着ダンビュライト

ファンディーナを潰したのは間違いなく武豊騎手。
同じサンデーRのアルアインを勝たせるような競馬に、結果的にはなりました。
厳しい競馬でしたが、3着に踏ん張るのだから立派。
ルーラーシップ産駒は、外を回る競馬のほうが良さそうですね。
前走窮屈なところから追ったからパフォーマンスは落ちてましたが、スムーズなら能力は高い。
ゆえに、広い東京コースは歓迎ですね。
怖い一頭です。

4着クリンチャー

自分の得意な形に持ち込み、4着。
これだけの相手にこの走りはりっぱ。
負けて強し。
ダービーはさらに切れ味ある馬にやられるレースではありますが、馬場が高速化して内が止まらない馬場。
アポロソニックやトーセンホマレボシのようなタイプなので、ダービーでも侮れない存在だと思います。
うまく前が残るような競馬に持ち込めれば。


5着レイデオロ


bandicam 2017-04-18 15-21-12-150
bandicam 2017-04-18 15-20-38-987

内をロスなく、終いまで不利はなく。
着拾いの5着ですね。
まぁダービーに向けての叩き台としては終い重点の調教はできたんじゃないでしょうか。


6着スワーヴリチャード

スワーヴリチャードの誤算は、直線で右手前のままだったことですよね。久々の右回りでしたし、元々器用なタイプじゃないだけに、やはり東京向きなんでしょうね。
bandicam 2017-04-18 15-18-42-369

四位騎手にとっては内枠も微妙でした。
東京コースなら四位騎手は4角ぶん回しはしないので、差し馬の中では強い競馬をしてますし、巻き返し可能でしょう。

7着ファンディーナ

ペースよりも、わざわざ揉まれるような位置に入ってしまったことが敗因だと思います。
経験したことのないぶつかり合いなど、牝馬ファンディーナへのエスコートが少々手荒だったと思います。
まぁ競馬ですからね。外に出しての競馬はロスもありますし、難しいところですが、
道中はイン、直線だけ楽に外。
なんて言った理想の競馬が常にできるわけがなく、それが1人気ならなおさら。
ちょっと岩田騎手も甘かったと思います。
今日がいい経験になるんじゃないでしょうか。

8着ウインブライト

出遅れてずっと外を回る形。
今日は内前有利の馬場。
色々と噛み合わなかったと思います。
もう少し内枠ならもっとやれたと思います。
ただ、ダービーよりも皐月賞向きだったのは事実。
まぁでも、ダービーでも能力は見劣りはしませんから。
こういうタイプはガクっと人気を落とした時が狙い目なので、私はPOG指名馬でもありますし、また買うと思います。

9着カデナ


つまずいた分、余分に後ろからになってしまったでしょうか。
道中で脚を使った分最後もいっぱいに。
もしも溜めたとしても今日の馬場では間に合いませんから、
どうあがいても今日は用無しでしたね。
マカヒキも古馬になって中距離仕様になってきてますし、ディープ×フレンチ。
ダービーは長いかもしれません。
ただ、じっと後方で我慢すれば、大外から弾けても不思議ではない馬でもあります。
こちらも人気が落ちるなら狙ってもいいじゃないでしょうか?

10着プラチナヴォイス

bandicam 2017-04-18 17-31-00-135

直線クリンチャーなどの動きによって寄られる不利はありました。
内に馬がいたから内へササらなかったかも?という感じでしっかりまっすぐ走ってはいました。
もしかすると周りに馬がいないほうがグンと伸びるタイプかもしれません。
うまく立ち回れば一発はあったかも?
まぁタラレバにはなりますが。
権利を取れませんでしたから、このあとはどこへ向かうか。
個人的には、前から言っていた、白百合Sで狙いたい馬です。


皐月賞から次走注目馬


E
競馬ブログランキングへ
(5位前後。応援クリックお願いします)

多分サトノアーサーが1人気になるんじゃないですか?この分なら。
ファンディーナはどうするんでしょう?
オークスでしょうか?
皐月賞とは、全く違ったダービーとなるでしょうね。
となれば、今度はもっと楽な競馬が出来ると思います。

11着以下の馬の多くは、後ろから競馬をしたウマでした。
今日は馬場に泣きましたが、アウトライアーズやサトノアレスなどは、NHKマイルあたりで普通に巻き返しても不思議ではないと思います。
 
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


桜花賞

スタートです。アドマイヤミヤビの脱糞騒ぎがレース後ありましたね。
bandicam 2017-04-11 11-32-05-625

IMG_3998

まぁこれがどれだけ同馬に影響したかは分からないのですが、それもあってか、半歩遅れてのスタートでしたね。
bandicam 2017-04-11 11-32-16-612

敗因はこれだよ!って思いたくなるくらいの負け方でしたし、そういう風に思い込んだほうが、オークスで狙う方は買いやすいかもしれませんね。

勝ち馬レーヌミノルは、抜群のスタート。やはり短距離適性が高いですね。このダッシュ力がこの馬の持ち味。
ただ、そこから制御が利かなくなるから、距離不安と言われており、一にも二にも折り合いが鍵と話していたのはそういうことです。
bandicam 2017-04-11 11-32-24-679


カラクレナイの田辺騎手は、意図して後方へ下げてましたね。一発を狙うためには、極端な競馬をしないと勝てないっと察していたような騎乗でした。
bandicam 2017-04-11 11-32-37-722


ショーウェイは前に行きながら内にきましたが、リスグラシューより外の馬が、内に入ってきませんでした。これはめちゃめちゃ大きいですね。エンジンのかかりが遅いリスグラシューにとって、内に包まれて直線を迎えるわけにはいかず、どこかで外に出したかったはず。労せずしてここで外側へ馬を誘導できたことで、「しめしめ」と武豊騎手は思ったでしょうね。
bandicam 2017-04-11 11-33-09-283

ショーウェイが内を見て内へ寄せるのを、武豊騎手もしっかり見ており、そしてその外のポケットにもきっちり見つけてますからね。
bandicam 2017-04-11 11-33-55-777


スっと外に馬を誘導していました。2着に入れたのはこの枠の並びと外の馬の運びが大きいと思います。もちろんそこに素早く入った武豊騎手も素晴らしいですけどね。まぁ武騎手に言わせれば、普通なのかもしれませんが。
bandicam 2017-04-11 11-34-15-164


ショーウェイは外を見ながら。もう行く気なかったですね。これが行くようだとまた違ったレースにはなったんですが。
bandicam 2017-04-11 11-33-33-751


外から前に行ったのはヴゼットジョリー。ソウルスターリングだと思った方は多いと思いますwカワキタエンカは一頭外を走らせ、リラックスさせながらハナを奪ってうまく馬のリズムを作ろうとしてましたが、思いのほかハミを噛んでしまって、やや暴走気味になってしまいましたね。
bandicam 2017-04-11 11-34-31-693


リスグラシューはここ。ソウルスターリングはここ。
bandicam 2017-04-11 11-34-46-553

阪神JFがこれですもんね。阪神JFも武豊騎手なら勝っていたと思います。今回は勝負にいる位置で競馬できたのが好走要因でしょう。
bandicam 2017-04-11 11-36-04-320


3F34.7。2番手以下は35.5前後でしょう。2番手の福永騎手が後続をうまく抑え込んだと思います。
bandicam 2017-04-11 11-45-34-806


どこかで後ろは決してスローじゃないって見た気がしますが、平均よりも間違いなく遅いと思います。現に掛かっている馬がチラホラと。
bandicam 2017-04-11 11-37-03-822


前走折り合ったミスパンテールも壁ができず外からかかり気味。カラクレナイも下げるのに苦労していますから、2番手以下は遅いです。故に、前有利の流れでした。
bandicam 2017-04-11 11-35-07-792

その流れの中、折り合い不安のレーヌミノルがきっちり折り合っているわけですから。Twitterで、素直におめでとう!と言いたいとつぶやいた理由はこれですね。このペースで折り合える馬に作ってきた陣営さんに拍手を送りたいです。
bandicam 2017-04-11 11-37-15-564

アドマイヤミヤビは逆にこれだけ遅くてもおっつけおっつけで後方2番手。もう行きっぷりが悪かったです。馬場を気にして馬が走ってくれなかったようで、デムーロ騎手でこれですから、キャリアの浅い3歳牝馬が出てしまったのでしょう。
bandicam 2017-04-11 11-37-39-079


勝負どころ。レーヌミノルはこんな馬場は得意で、力強く手応え抜群。ソウルもそれに続き。
bandicam 2017-04-11 11-38-46-220


リスグラシューは逆に追っ付け追っ付け。エンジンのかかりが遅い点を考慮して武豊騎手も早めに馬を促してました。
bandicam 2017-04-11 11-38-51-207
bandicam 2017-04-11 11-38-54-024



アドマイヤミヤビはもうステッキが入ってました。普通じゃなかったですね。
bandicam 2017-04-11 11-39-01-399


それでも直線入り口の感じは悪くなかったんですけどね。
bandicam 2017-04-11 11-39-15-736


直線入り口で早々にステッキが入るリスグラシュー。
bandicam 2017-04-11 11-39-33-873


カラクレナイの田辺騎手は、大外ぶん回したアドマイヤミヤビとは違い、内をロスなく立ち回り、直線だけうまく捌いて、という、ある騎手いわく「ずるい騎乗」をしていました。ただ、そう思い通りにいかないのが競馬で、アロンザモナに行きたかった進路を取られてしまいます。
bandicam 2017-04-11 11-39-50-752


アロンザモナの外に行きたかったんですが、そこにはいられてしまったので、内へ切り替えます。「これが痛かった!」という声もありそうですが、自分はむしろそうじゃなく、むしろ詰まったことで4着まで来たかなって思います。まぁそこを最後までに解説していきます。
bandicam 2017-04-11 11-39-53-752
bandicam 2017-04-11 11-40-06-005


レーヌミノルは、スローの早め抜け出し!理想的な馬場、展開でした。ここで90点。そこに課題の折り合いがついて、120点の競馬。勝つときは何もかもうまくいくもの。
bandicam 2017-04-11 11-40-34-148


リスグラシューは、ソウルスターリングの外に出して、これに馬体を併せて行きたかったんですが、
bandicam 2017-04-11 11-40-37-567

ここで置かれてしまうんですよね。これがこの馬の脆さ。ペースももう少し流れていれば、これだけ瞬発力の差は出ないので、そこも痛かったですね。
bandicam 2017-04-11 11-41-05-235

ソウルスターリングはソウルスターリングで、外を向いたりして直線左手前⇒右手前、そしてまた左手前に戻したり、内にササったりと、こちらもこれまでの優等生ぶりが嘘のよう。こちらも3歳牝馬というキャリアの浅さが出てしまった印象です。
bandicam 2017-04-11 11-40-54-543
bandicam 2017-04-11 11-42-05-420


うまく内に切り替えたカラクレナイは、素早く外に進路を移します。
bandicam 2017-04-11 11-41-22-737


前に進路を見出し、追い出すと、グングン加速し、
bandicam 2017-04-11 11-41-27-567
bandicam 2017-04-11 11-41-36-368

ここでリスグラシューを捉えます。
bandicam 2017-04-11 11-42-35-076
bandicam 2017-04-11 11-42-37-418

それを尻目にレーヌミノルは抜け出し
bandicam 2017-04-11 11-42-45-323


ソウルスターリングはやや追いにくそうも、抵抗。
bandicam 2017-04-11 11-42-51-561


一旦交わしたはずのリスグラシューに、最後は盛り返され、カラクレナイ自身は失速。つまり一瞬の脚はカラクレナイですが、総合的な末脚はリスグラシューのほうが長くいい脚が続き、カラクレナイは詰まった分だけ脚が溜まったということ。あそこがスムーズなら、もっと早々にいっぱいになり、距離不安がもっと大きく露呈されていたと思います。
bandicam 2017-04-11 11-43-00-858

bandicam 2017-04-11 11-45-02-770
bandicam 2017-04-11 11-45-11-936

ミスパンテールとアドマイヤミヤビはダメでしたが、力のある5頭がやはり後続を離しての入選でした。
この5頭+2頭ってのは、やはりこの世代でも抜きん出てるなと思います。








<スポンサーリンク>


1着レーヌミノル

とにかく折り合いがついて溜めれば、力強く脚を使える。
しかしその折り合いがつくかがポイントとレース前話していました。
そのためには、ゆったり出して後ろから行ったほうがいいじゃないの?
って思っていただけに、前につけてピッタリ折り合うのですから。
陣営がここに向けてしっかり仕上げてくれたことが、
恵の雨、他馬が苦にする馬場、理想的な展開と枠がドンピシャに回ってきてくれたのだと思います。
bandicam 2017-04-11 12-24-31-491

この写真が物語るように、本当に人事を尽くしてきたのだと思われます。
関係者の皆様、本当におめでとうございます。

そして、レーヌミノルは折り合いがつくようなら、マイルもOKですね。本質は1200が良さそうなので、今の混沌とした短距離路線の主役になれる一頭だと思いますが、一生に一度のクラシックですから、オークス⇒秋華賞でしょうね。
今後も折り合い次第でしょう!


2着リスグラシュー

前走完敗を喫しましたが、一度使って状態も上向き。
勝負になる位置で運んだ武豊騎手の好騎乗も冴えました。
馬場もこなすあたり、ディープ産駒よりもハーツが優れている点でしょうね。
個人的には馬体的な成長がもっと欲しいところではありますが、
距離が伸びていいタイプとは前から言われていました。
そして、エンジンのかかりが遅いレースぶり。
オークスはいいでしょうね!
一番オークスで買いやすいのはこの馬でしょう。
ただ、ちょっと折り合い面には不安はあるので、オークスは少しソロっと乗ったほうがいいかも。


3着ソウルスターリング

無敗馬、負け知らずも、初めての雨馬場で、キャリアの浅さが出ました。
「欧州血統、母の走りなどから、馬場は大丈夫だろう!」
と師は言ってましたが、母は母。仔は仔です。
今の教育で大事な点ですねw
競馬でも大事。例えば、ドリームジャーニーは左回りダメでも、オルフェは東京で勝ちました。
その弟のアッシュゴールドはG1どころか重賞も勝てず。
同じ父、同じ母を持ちながら、これだけ能力の個体差、個性が違うのですから。
自分が血統を重視しない理由はここです。
とにかく馬一頭一頭向き合うことが大事。
そして、競馬に絶対はない。
4000万の授業料は高すぎますけどね。


4着カラクレナイ

上で述べた通りです。
ベストは1400mでしょうね。
今回ごまかしがうまく利いたことから、マイルで人気するなら、嫌ってもいいかもしれませんが、このメンバーで4着に入るのは力がないとできないこと。
鞍上がミルコのままだったら、下げずに中団で運んだかもしれませんね。
それがどう転んでいたかは、Ifの世界。
田辺騎手は、勝ちに行くいい騎乗は示しました。
ベストの4着でしょうね。


5着アエロリット

折り合いに若干不安がある馬なので、とにかくリズムを大事にした騎乗。
後は、ホンの少しでも展開が向いてくれれば。
これもノリさんらしい、一発を狙った攻めの騎乗でしょう。
上がり2位で追い込んでくるあたりは能力の証明。
馬体を見てもパワーアップしてますしね、血統や折り合い面からオークスの距離延長はマイナスも、うまく乗ればこなせなくもないんじゃないかぁ、と思ってます。

6着ディアドラ・7着カワキタエンカ

明らかに能力が違う馬が上位にいましたから。
それでも食い込みを狙うとなれば、極端な競馬しかなく。
その通りに1番手と17番手の馬が、6着以下では最先着。
逆にいうと、8着以下も、乗り方一つでもう少し着順は入れ替わったかなと思います。
ただ、5着以内が1軍なら、この6、7着の2頭は2軍。
メンバー一つで楽しみですし、今年のレベルからも、古馬混合一発目は先物買いしたいですね。


12着アドマイヤミヤビ

うーん、今日は3歳牝馬の春ということで、完成された古馬とは違って、常に自分の力を出し切ることの難しさを痛感したレースといったところでしょうか。
オークスは間違いなく向きますから、それが戦前の評価でもありましたから。
これで人気は落ちますし、今回狙った人はしつこく次も狙っていいと思いますよ。

16着ミスパンテール

負けましたけど、血統を重視せず、馬体派の私から言わせてもらうと、
レーヌミノルと同じ父を持つミスパンテールですが、こちらは距離が持ちそうな馬体と歩き方をしているなぁと思いました。
なので、オークスは嫌われるでしょうから、狙ってみても面白いと思いますよ。
チューリップ賞で穴をあけて好走した馬は、桜花賞でこけますけど、その後走るケースはありますからね。

桜花賞を終えて一言


B
競馬ブログランキングへ
(5位前後。応援クリックお願いします)

例えば、昨年の3歳牡馬も、ハイレベルと言われ、3冠全てで違う馬が勝ちました。
ハイレベルと言われる年は、ハイレベルなのですから、強い馬が多くいるわけで。
今回のように、ちょっとした要素一つで、着順が変わるということです。

逆にいうと、今回の桜花賞ってのは、ポテンシャル通りに決まったとは想いにくく、
まぁ、今日の桜花賞で一番強かったのはレーヌミノルで間違いはないにせよ、
これが晴なら、ペースが速ければ、枠がこうなら、などなど、色んな展開、結果が交差していたと思います。
ゆえに、オークスも、一筋縄ではいかない気がします。
ただ、メンバーレベルで言えば、桜花賞組がやはり抜きん出ていますから。
よほどのことがない限りは、オークスは今回の5頭とミスパンテール、アドマイヤミヤビあたりで決まるんじゃないかなぁとは思ってます。
今日はこのへんで。
 
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


大阪杯

記念すべき第一回大阪杯、注目のゲート入り。キタサンブラックってゲートの中では結構うるさいんですよね。
bandicam 2017-04-03 11-57-53-559

ミッキーロケットの和田騎手が度々消えてました。つまり潜ったり突っ込んだりガタガタしてたんですよね。ここら辺がこの馬の弱み。
bandicam 2017-04-03 11-58-09-132


最後の枠入りはマカヒキ。ミッキーロケットの和田騎手の位置に注目。
bandicam 2017-04-03 11-58-41-420

bandicam 2017-04-03 11-58-48-207


な!?!?
bandicam 2017-04-03 11-58-52-238



突進してましたね。もうゲート内でガタガタガタガタ。やはり1番枠というのは最悪な枠でした。この枠を引いて◎のままにしているようじゃ未熟者ですね。反省します。


サトノクラウンも怪しかったですけどね。ギリギリセーフでした。
bandicam 2017-04-03 11-59-11-743


それでも各馬、綺麗にスタート
bandicam 2017-04-03 11-59-22-951

キタサンはゲートの中ではうるさいのに開くと本当に速い。
bandicam 2017-04-03 11-59-30-138
bandicam 2017-04-03 11-59-36-610


ステファノスの川田騎手はガンガン押していってましたね!これが2着の決め手にもつながります。
bandicam 2017-04-03 11-59-41-940


ミッキーロケットは本当はここが欲しかったのですが、ゲート内での態勢も悪くダッシュがつかず、後ろからに。すぐさま外のマカヒキなどの有力の位置を観れる位置を取るべく外外へ張ってました
bandicam 2017-04-03 12-00-04-105
bandicam 2017-04-03 12-00-07-144



このレースを一つ左右した事象として、キタサンブラックの武豊騎手のコース取り。内に入っていかず、まっすぐ、むしろ外外へ張ってました。
bandicam 2017-04-03 12-01-01-648


ここでキタサンが内にいかなかったことで、ステファノスがここに労せず入っていけましたからね。これもラッキー。一つの運。枠の並びによるもの。こういうのがうまくハマると競馬ってのは着順が上がります。
bandicam 2017-04-03 12-01-20-030


外から行きたい口を行かせるまでは馬を外に張り、被せに来たサクラ、サトノ、ディサイファなどをうまくブロック。ラッキーという感じで、川田騎手はこのポッカリ開いている内へ入れました。
bandicam 2017-04-03 12-05-23-017
bandicam 2017-04-03 12-05-28-293


外外へ張ることで、自身も被されず、そして、他の馬を外に弾けだしてロスを誘うという一つの戦法。
bandicam 2017-04-03 12-03-27-857


サクラアンプルールとサトノクラウンなんかは勝負にいった先行策でしたが、見事に潰されてしまいましたね。
bandicam 2017-04-03 12-05-46-512


そして、前二頭をやりすごし、コーナーまで外に張り、コーナーに入るとすかさず内に入れ、自身はロスのない競馬を。武豊騎手の卓越したレース運びが垣間見えたレースだったと思います。
bandicam 2017-04-03 12-05-55-527


レースは大方の予想通りマルターズアポジーが積極策。
bandicam 2017-04-03 12-06-10-181



キタサンがここ。ステファノスも最高の位置を取れました。結局ガンガンスタートから押していったからこそこの位置を取れたわけで、積極性が結びついた結果ですよね。運を呼び込むいい騎乗でした。
bandicam 2017-04-03 12-06-25-094
bandicam 2017-04-03 12-06-31-412


ペースは速そうに見えましたが、このように手綱を引っ張る馬が多く、実際は早いのはマルターズだけで、2番手以下は、ロードヴァンドールが後ろを押さえ込む平均~スローというレースでした。ますますキタサンブラックにとっては絶好の展開。
bandicam 2017-04-03 12-06-37-392


となると、後方組はもうほぼほぼノーチャンス。アンビシャスは何とか折り合ってたんですけどね。展開次第という馬になってしまったのは残念です。
bandicam 2017-04-03 12-06-47-856



1000m59.6。2番手以下は60.2~5とかそこらへんですかね?G1とすれば、遅い流れ。後ろとはさらに1秒近く差があるわけですから。
bandicam 2017-04-03 12-07-21-474



サクラアンプルールが序盤出していき、さらにロスもあって早々に脱落。キタサン、ステファノスには外の壁がなく、いつでも進路を確保できる最高の形。ロードヴァンドールというペースメーカーをうまく利用できましたね。
bandicam 2017-04-03 12-08-00-593


後方組、そろそろやばいという感じで仕掛けていきました。
bandicam 2017-04-03 12-08-13-059


3着ヤマカツクラウンby檜川アナ。うまく馬群に入れ、しかし前と外に壁。
bandicam 2017-04-03 12-11-33-991


しかし、ディサイファが手応え劣勢。これがバテるとわかっていた池添騎手は、ギリギリまでロスなく運び、これがバテたらいつでも外に出せる、という確信を持っていたと思います。
bandicam 2017-04-03 12-11-39-124
bandicam 2017-04-03 12-08-49-339




読み通りディサイファがバテ、スムーズに外が開いてましたね。
bandicam 2017-04-03 12-11-55-761


内に手綱を引っ張りギリギリまでロスなく、外枠を克服しようとする素晴らしい騎乗だったと思います。
bandicam 2017-04-03 12-08-24-295


外を回らされたアンビシャスやマカヒキと比べたら、これだけのコースロスの差があるわけですからね。大きかったですよ。
bandicam 2017-04-03 12-11-58-984



4角。実質スローですから。切れる馬にやられないように、早め早めの競馬でキタサンブラックが2番手へ。それを徹底マークのステファノス。
bandicam 2017-04-03 12-09-09-494


読み通りディサイファがバテ、そこにうまく進路をヤマカツは見出しました。
bandicam 2017-04-03 12-09-25-032



マカヒキ、アンビシャスにとっては、このディサイフアがめちゃめちゃ邪魔でしたね。
bandicam 2017-04-03 12-09-32-697


この一頭分だけで、これだけロスがありますから。これも枠の差と並びですよね。たった一つ内外違うだけで、これだけレース運びが変わってきます。
bandicam 2017-04-03 12-12-13-531


徹底的にマークしたステファノスでしたが、直線では、交わすはずがその差が全く縮まらない。
bandicam 2017-04-03 12-09-44-722


追っても追っても差が詰まらない。川田騎手は、「うわぁ強すぎだろ」っていう感覚で追っていたと思いますよ。それくらい完璧なレースでしたから。
bandicam 2017-04-03 12-09-54-509


後方からようやく有力馬たちが追い込んできますが。
bandicam 2017-04-03 12-10-01-120
bandicam 2017-04-03 12-10-05-742
bandicam 2017-04-03 12-10-13-048



キタサンブラックが年度代表馬の力をまざまざと見せつけて初代大阪杯チャンピオンに。
bandicam 2017-04-03 12-10-21-457

bandicam 2017-04-03 12-44-29-947
bandicam 2017-04-03 12-44-47-796




上がりが34.3。後方のアンビシャスが33.6。この時点で1秒近く離れていたわけですから。物理的に差し切るのは不可能なレース展開でしたね。
bandicam 2017-04-03 12-07-21-474


<スポンサーリンク>


1着キタサンブラック

bandicam 2017-04-03 12-45-11-370

これが逃げて3着だった宝塚記念のレースラップ。
この時のほうがよっぽどきついレース展開。
今回のレース展開は、相当楽だったんじゃないでしょうか?
ロードヴァンドールが深追いせず、しっかり溜めてくれて、うまいことペースメーカーとなってくれたのが大きいですね。
テンよし!中よし!終いよし!
この馬の出るレースではこれしか言ってない気がしますが、本当にそれしか言えないほどの完璧な馬。
今回の宝塚記念、一言で言えば「前有利」のレースでした。
現代競馬らしい大阪杯でした。質とすれば、「つまらない」レースではあったんですが、その中でいい結果を残すには、前で競馬するしかないんですよ。
つまり、キタサンブラックのような馬こそが、最も好走できるのが現代競馬。
このレースセンスこそがこの馬の強み。海外になると、また別でしょうが、国内においては、ホント崩れるイメージがありません。
ハイペースになっても踏ん張れますしね。
すごい馬です。強いです。


2着ステファノス

120点の競馬でした。
展開も、枠も、最高の形。
その最高の形を呼び込んだのは、積極策。
人気薄という立場だからできることですが、にしても人気なさすぎだったでしょうか。
G1で幾度となく馬券に絡み、妙味を持ってくる、競馬ファン思いの立派な馬ですね。
ただ、勝った馬とは力の差は相当大きいですし、正直力関係で言えば、上位7頭でも下の方。
それでも、力が足りなくても、枠、展開、そして状態、戦法によっては2着にこれるのが競馬。
紛れがあるのが競馬。大舞台に向けてしっかり仕上げた藤原英昭厩舎も素晴らしいですね。


3着ヤマカツエース

欲しかったのはステファノスの位置でしょうね。
あの位置さえ取れていれば、勝ち負けだったかもしれません。
それくらい今は充実していました。
ただ、いかんせん13番枠。
それでもこの枠なりに最高の騎乗はしたんですけどね。
かなり悔しい3着。この借りは宝塚記念で!というところでしょうね。

4着マカヒキ

せめてヤマカツエースと枠が逆なら、3着はあったかもしれませんね。
ただ、無難に乗りすぎた感はありますよね。
川田騎手のダービーは前につけての勝利でしたし、折り合いそんな欠く馬でもないですし、もう少し出していってもよかったかもしれません。
力負けではないですよ。
衰えもないし、強い競馬はしています。
ただ、今日はキタサンブラックの競馬。ステファノスの競馬になっただけ。
展開次第で逆転は可能。

ただその展開が現代競馬では中々向いてくれないからこの手のタイプは取りこぼしが多くなります。
故に、ダービーを勝ったような、ある程度の位置で競馬しないとダメですよね。
この馬、サトノダイヤモンドとの兼ね合いもありますし、ミルコデムーロが乗るようなら、変わるかもしれませんね!


5着アンビシャス

前の馬にこれだけの上がりを使われたらどうしようもなく。
強い5着です。強いです。
でも、強くても勝てないのが競馬。
良くも悪くも展開と折り合い、全てが噛み合わないと好走できない。
これも実力の内。
現代競馬では難しいタイプの馬ですね。
能力は高いんですよ?でも、ポテンシャルだけで勝てないのが競馬。
噛み合えば、ですね。いい加減マイルでも使って欲しいところではありますが。
息の長い血統を考えると、まだ長い距離で挑戦したいっていう音無厩舎の考えもわかりますけどね。

6着サトノクラウン

1角で外を回されるロスはありましたが、それ以外は展開も良かったですが。
それで差されてしまうと考えると、まぁ能力的にはちょっと上位7頭のなかでは一番劣っていたかな、とは思います。
得意の重馬場なら、掲示板には乗れていたとは思いますが。
このサトノクラウンの6着は、日本競馬のレベルの高さを物語っていると思いますよ。
逆に考えると、サトノクラウンレベルの馬は、どんどん海外にトライしてもいいと思うんですよね。
ステファノスが香港で好走したりしてますからね。


7着ミッキーロケット

ゲートを含めて競馬。
キタサンやサトノダイヤモンドとの差はここでしょうね。
同じくポテンシャルは高いのですが、ゲートという不安要素が大きく脚を引っ張ってます。
逆に言えば、外枠偶数で位置が取れれば、勝ち負けになるということなので、また好走してくれる一頭だと思いますよ。
サトノと同じく、こちらは香港に行くべきでした。
まぁでも、大阪杯⇒香港というローテも可能ですよね?
海外でも通用する馬だと思います。
まぁ、そこでもスタートは課題ですよね。


bandicam 2017-04-03 12-44-29-947

7着以下は2.1/2馬身と、上位7頭がG1レベル。メンバーは非常に揃っていたレースでした。

より、攻めた騎乗をしたヤマカツとステファノスが上位に食い込み、自分の競馬に徹した、悪く言えば無難に乗ったアンビシャスやマカヒキは4、5着という結果。
G1では、普通じゃ中々勝てませんね。

競馬に絶対はない。
競馬は力通り決まらない。

また一つ、いい勉強になりました。


大阪杯を終えて一言


A
競馬ブログランキングへ
(5位前後。応援クリックお願いします)

エイシンヒカリとかでも散々言ってきました。

逃げてるわけではなく、スタートダッシュの違いでハナに行っているだけ。
それはこの馬も例外ではなく。
ちょっとこの馬に対して、そういうイメージを持ち初めていた自分がいました。
ですが、この馬は差すこともできるんですよね。
つまり、逃げたい馬が7頭いれば、キタサンは8番手からでも競馬ができる馬。

この自在性は、必ず次走も活きてくるでしょう。
それこそ、サトノダイヤモンドが無難に乗るようならば、こちらのほうが勝つ確率は高いと見てます。
有馬記念は、うまく乗られた感もありましたからね。
本音は、ここで2、3着に負けて、よりサトノダイヤモンドに人気が集中する天皇賞春でアタマ固定で狙いたかったんですけどねw
まぁ、思い通りいかないのが競馬の面白いとこですからね。
今日はこの辺で。
 
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


高松宮記念

スタートです。各馬揃いました。
bandicam 2017-03-27 11-36-17-662

シュウジがポンと出ました。ポンと出てガッカリする馬も珍しいですけどねwここでシュウジは終わりました。
bandicam 2017-03-27 11-36-28-627


ラインスピリットも久々にいいダッシュでしたね。このスタートなら!という感じでハナを狙いに行きました。メラグラーナは馬場が影響したか、ダッシュ鈍かったですね。
bandicam 2017-03-27 11-36-35-239

外に行きたい口が揃ってたので、内の出方をみつつ。シュウジの川田騎手は早く前に壁を作りたかったんですが、馬が行く気満々で、抑えがきかなかったですね。
bandicam 2017-03-27 11-38-17-749


ハナに行きたいトウショウピスト。しかし、G1の1200はそんなに甘くありませんね。速い馬がたくさんいます。
bandicam 2017-03-27 11-38-29-818
bandicam 2017-03-27 11-38-35-032


ラインスピリットは速くないけどハナに行きたい馬。ガンガン押してハナを取りきりました。常時自在性を身につけた今なら、出たなりで運んだほうがよかった気がしますが。
bandicam 2017-03-27 11-38-57-117
bandicam 2017-03-27 11-38-46-334

レッドファルクスは中団のベストポジションを取りましたね。追い込み馬のイメージがありましたが、今はいい位置で運べる分、成績も安定してきているのでしょう。
bandicam 2017-03-27 11-39-08-392


メラグラーナは行きっぷり悪く後方。やはり馬場が悪化しすぎたでしょうか?
bandicam 2017-03-27 11-39-19-071


各馬内側をポッカリ開けて走ってましたね。それくらい馬場がひどかったのでしょう。その中でミルコは内側をロスなく。
bandicam 2017-03-27 11-39-34-330


結果、2.3.4.5着は、綺麗に一列並んでました。昨年もそうでしたよね?内側は荒れているようで、実はそこまで悪くない。ゆえに、外を回った馬はロスがあるだけ、というレース。これがこのレースの全てでしょう。
bandicam 2017-03-27 11-40-12-191

bandicam 2017-03-27 11-40-20-409


前半33.7。まぁこの馬場ならハイペースですね。このペースを気分よく先行してしまうとシュウジはダメですね。前走と全く同じ負け方だと思います。
bandicam 2017-03-27 11-40-56-879


各馬手綱を動かす中、セイウンコウセイは持ったままで絶好。こんな馬場が得意なのでしょう。
bandicam 2017-03-27 11-41-04-770


逆にメラグラーナは手応え劣勢。直線もサッパリでした。馬場でしょうね。
bandicam 2017-03-27 11-41-12-152


直線。各馬馬場のいい外にドンドン出して行くので、内側がポッカリ。
bandicam 2017-03-27 11-40-29-246


馬場を気にしないタイプが内側をロスなく、直線もポッカリ前が開いて、なんもロスなく追い出すことができましたね。
bandicam 2017-03-27 11-41-17-643

岩田騎手得意のイン突き。岩田騎手らしい騎乗でしたね。最近いい頃の手綱捌きが光る気がします。
bandicam 2017-03-27 11-40-34-918
bandicam 2017-03-27 11-41-53-002
bandicam 2017-03-27 11-41-58-668


内をロスなく回ってきた馬が、労せずして内が開きました。そのまま伸びてきましたからね。
bandicam 2017-03-27 11-40-46-505
bandicam 2017-03-27 11-42-07-377


しかし、セイウンコウセイは意に介さず、馬場のいい外をグイグイと伸び、完勝でした。
bandicam 2017-03-27 11-42-13-611
bandicam 2017-03-27 11-42-29-391



外を回った馬たちは、内を通った馬と比べてほとんど伸び切れず。馬場の優劣が大きいレースでした。
bandicam 2017-03-27 11-42-17-131




<スポンサーリンク>


1着セイウンコウセイ

テンよし中よし終いよし

完璧。言うことなし。勝つ時ってのはこんなもの。
元々ダートで勝ち上がった馬ですし、重馬場も得意。
こういうタフな馬場は鬼。
そして、前走ダンスディレクターに最後まで食い下がった内容は強かったですしね。
状態も良かったのでしょう。
今後は、JBCスプリントなども視野に入れていきたい馬ですね。
スピードとパワーを兼備。秋は、パンパンの良馬場のスプリンターズSになったとき、どうかでしょう。

2着レッツゴードンキ

馬場が向きましたね!
パンパンの良馬場ではスピード負けした昨年。
今年はこの馬に得意な馬場。
そして、岩田騎手得意の内枠。
そしてうまく内側も開きました。
いい頃の走りができてますが、パンパンの良馬場だと、1200ではスピード負けする印象。
タフな条件下が、好走条件でしょう。

3着レッドファルクス

bandicam 2017-03-27 12-11-25-557

海外帰りでぶっつけ本番。
気持ちゆるかった気がします。
それでもこれだけ走るんですから、G1馬の面目は保てたでしょうか。
この馬もタフな馬場は合いますね。
JBCスプリントとか、いいんじゃないでしょうか?

4着ティーハーフ

ティーハーフはとにかくパワフルな馬だけに、こんな馬場はピッタリでしたね。
兄サドンストームも、一昨年のどしゃんこ馬場で4着でしたし、この馬も仲良く4着。
これがピーク時なら、もっと走れたかもしれませんね。


5着ウリウリ

唯一解説しがいがある競馬をした馬でしょうか。

直線までインでロスなく、直線は馬場のいい外へドンドン出していきました。
bandicam 2017-03-27 11-42-58-359

たぶんここかここらへんを内田騎手は狙ってたと思います。
bandicam 2017-03-27 11-43-03-049

ただ、ソルヴェイグの田辺騎手も外外という意識があった競馬でした。
bandicam 2017-03-27 11-43-07-372

ここかここを狙っている感じ。
bandicam 2017-03-27 11-43-16-478

それを見た内田騎手は素早く内に切り替えて。
bandicam 2017-03-27 11-43-20-844

シュウジとラインスピリットの間に突っ込み
bandicam 2017-03-27 11-43-26-729
bandicam 2017-03-27 11-43-31-741

bandicam 2017-03-27 11-43-45-949

うまく捌いてきましたね。
bandicam 2017-03-27 11-43-49-871

さすがに届きませんでしたが、力のあるところを見せてました。8歳ですが、よく頑張ってますね。
bandicam 2017-03-27 11-44-04-857


高松宮記念のまとめ

(30位前後応援クリックお願いします 
競馬ブログランキングへ


1~3着馬は、ダート好走馬ですからね。
bandicam 2017-03-25 23-22-35-119

これが前日の天気予報ですが、蓋を開けてみれば朝から雨が降ってまさかのやや重スタート。
重に近いやや重での競馬。発表よりもかなりタフな馬場だったと思います。

ここが競馬の難しいところ。

前日に買ってしまった馬が当日-20kgだったりもしますしね。
かと思えば、パドックでめちゃめちゃいい馬がいたからそっちに代えたらその前に買おうとした馬が来てしまったりと。

そこらへんにうまく折り合いをつけて、今回で言えば、7、9Rまでは内を走ってましたが、10Rから内を開けるなど、1日の中で変化がありましたからね。
bandicam 2017-03-27 12-21-29-526
bandicam 2017-03-27 12-21-21-156
bandicam 2017-03-27 12-21-00-611

ギリギリまで馬場を見てから考えれば、的中に近づけたのかなぁと思います。

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


フェブラリーS

スタートです。ゴールドドリームはミルコになってからどうしても半歩遅くなりましたね。まぁ元々こんなかんじの馬でしたから
bandicam 2017-02-23 19-04-08-036

外が速かったですね。ニシケンは前走根岸で先行してますし、インカンは何が何でもと藤岡康太騎手の強い意志が感じられました。久々のマイルでもケイティはいいダッシュをしてましたね。前二頭がこんな飛ばさなければ…
bandicam 2017-02-23 19-04-17-429


コパノリッキーの武豊騎手も、よくこの馬のことを心得ており、しっかり出して行きましたが、前二頭がちょっと速すぎました
bandicam 2017-02-23 19-04-49-485
bandicam 2017-02-23 19-05-08-670

ガンガン2頭で競ってましたね。入りは結構速く、これで差し馬向きの流れになりました。
bandicam 2017-02-23 19-05-20-360


外二頭がくるわけですから、内枠のコパノリッキーの武豊騎手は、被されないように、早め早めに外へ。一昨年もこんな感じでしたね!
bandicam 2017-02-23 19-05-27-420
bandicam 2017-02-23 19-05-43-154




モーニンはこの位置。まぁ被されずにいい位置を確保できてましたよね。
bandicam 2017-02-23 19-06-02-058


出遅れも二の脚きかせてゴールドドリームはベストウォーリアを見る形。前にいいく馬と、後ろに下げる馬のちょうど真ん中、結果一番いい位置で競馬できていましたね。
bandicam 2017-02-23 19-06-20-757



面白かったのが、内を選択したベストウォーリアの戸崎騎手と、外を選択したゴールドドリーム。もちろん馬の特徴なども加味しての判断ではあるのでしょうが、2着続きのベストウォーリアにとっては、一か八かのインという選択だった気もします。
bandicam 2017-02-23 19-06-41-164


カフジテイクやサウンドトゥルー、エイシンバッケンはじっくり後方。これがこの馬たちのスタイルですからね。
bandicam 2017-02-23 19-06-57-058


モーニンのムーア騎手は内を確認し、この後馬をコパノの後ろに入れます。ムーア騎手って研究熱心って聞いたんですが、モーニンに関して何を研究してきたのか、という騎乗になりました。競馬ファンのほうがモーニンの凡走要因を知ってますよね。
bandicam 2017-02-23 19-07-11-142


案の定モーニンは砂をかぶってバタバタに。キングスガードが内のゴールドドリームに蓋をします。
bandicam 2017-02-23 19-08-03-279

ベストウォーリアは同厩モーニンがもうダメだなというのを悟って、このスペースを狙ってたと思います。
ゴールドドリームのミルコはそれでも外へ訴えかけます
bandicam 2017-02-23 19-08-08-167


そして、半ば強引に馬を外へやり、キングスガードを跳ね飛ばすように外へ
bandicam 2017-02-23 19-08-16-697
bandicam 2017-02-23 19-08-19-969



ここがキーポイントでしたね。このまま蓋をしていれば、勝ち馬は違ってました。そして、ラップが12.8と落ち込んだタイミングでミルコが上がっていったのも好判断。馬群もグっと凝縮。後ろも徐々に間合いを詰めてきました。
bandicam 2017-02-23 19-08-47-130


そして直線へ。
bandicam 2017-02-23 19-09-00-203


ベストウォーリアはうまくコパノとニシケンのポッカリ開いたスペースを確保。VMのストレイトガールなみの「勝ってください」というビクトリーロードでしたね
bandicam 2017-02-23 19-09-14-966


サウンドトゥルーは直線まで内にいて最後は外。チャンピオンズCと同じ乗り方を柴田善臣騎手はしてきました。乗り代わりとしての仕事はしたんじゃないでしょうか。
ベストウォーリアは最内は開かないし、前2頭のベテランはしっかりまっすぐ走ってくれましたし、本当にうまくいった感はありましたよね。
bandicam 2017-02-23 19-10-40-616
bandicam 2017-02-23 19-10-53-054


4角からうまく加速していった勢いそのままにゴールドドリームが外から抜け出し、最高の立ち回りをしたベストウォーリアが内からひと伸び
bandicam 2017-02-23 19-11-27-327


そして、ようやく後方待機の各馬が突っ込んできましたが
bandicam 2017-02-23 19-11-57-037


ちょうどいい位置で、うまく立ち回った2頭の1、2でした
bandicam 2017-02-23 19-12-23-495
bandicam 2017-02-23 19-12-26-339


ミルコお決まりの飛行機ポーズ!後でみっちり怒られますw
bandicam 2017-02-23 19-25-49-005



前半はかなり速く、道中の緩みをうまく活かしたミルコの完璧な競馬。これでフェブラリーは連覇ですね。
bandicam 2017-02-23 19-13-24-272


<スポンサーリンク>


1着ゴールドドリーム

前に行きたい馬と後ろから行きたい馬が揃っており

真ん中で競馬したい馬が少なかったことで、出遅れて内枠でも

かなり捌きやすい条件が揃っていました

外に出すタイミングも完璧で、

ペースが落ちたところで上がっていく勝負勘も抜群

取りこぼしに近かった武蔵野Sの敗戦があったからこその勝利でもあると思います

ゴールドドリームも素晴らしいですが、

この馬を2人気まで押し上げる競馬ファンも、恐ろしいなぁと実感

馬については、これからは東京以外で結果を出せるかどうか

出遅れを挽回できない小回りコースなどでは、危ないかも?


2着ベストウォーリア

2着続きにピリオドを打つべく攻めた騎乗をした戸崎騎手

直線も綺麗に前が開き、100点の競馬をしての2着だけに

悔しいでしょうが、力負けでしょうね。

過去のフェブラリーで最高着順!

一番強い競馬!

という感じはしないです。一番うまく乗った!

というのは間違いないですが、正直なところ、一番相手がだらしなかった

なんて印象もあります。

グレンツェントやアポロケンタッキー、そしてアウォーディーもいませんでしたからね

これからも安定感のある、買いやすい馬として、また頑張ってくれるんでしょうが

単勝5人気のこの馬が絡んで三連複は1人気

やっぱり競馬ファンは本当に上手だなぁ、と実感しますわ

3着カフジテイク

やることはやりました。

追い込み最先着。

追い込み馬の限界でしたね。

武蔵野Sでゴールドドリームに付けられた着差を0.1に縮め

この馬の成長も見れましたが

どうしてもいい位置でいい脚を使える馬がいれば、届かないですよね

かと言って位置を取りに行けば脚を使えなくなる

津村騎手もよく頑張りました。

これからもチャンスがもらえるといいなぁと思います。

4着エイシンバッケン

とにかく溜めるだけ溜めて、直線爆発させてきました

一時のテスタマッタのような雰囲気での競馬で

直線も見せ場たっぷり

ただ、最後はやっぱり距離かなぁという印象でしたが

根岸で見せた最後の鬼脚を見せてくれましたね

スッカリ力をつけています。

前は結構位置をとって競馬もしていましたし

5歳ですし、まだまだ競馬の幅は広がりそうです

1200もいけそうですし、東京盃とか、いいんじゃないでしょうか?

5着ニシケンモノノフ

予想通りノリさんは出していきましたね!

ただ、ノリさんも私もインカンテーションが何が何でも行くのは予定になかったです。

それでも、最後までしぶとく見せ場たっぷり

根岸Sでのパフォーマンスはなんだったの>というくらいの上昇ぶり

負けて強しでしょうね!

インカンテーションがいなかったら、面白かったのでは?

立派な5着。これからも重賞戦線を沸かせてくれそうです

6着ケイティブレイブ

久々のマイルでも、さすがのセンスで先行

ただ、外の馬があれだけのダッシュを見せたら、中々いけないですよね

ゲートを出てから控える判断をした幸騎手ですが

まぁこの馬の力はしっかり出したと思いますし、立派な6着です

まだ強くなりそうな雰囲気もありますし、長くダート界で活躍してくれる一頭だと思います

7着ノンコノユメ

去勢してからスッカリ普通の馬になっちゃいましたね

あの爆発力は影を潜めております

何か起爆剤になるようなものがあればいいんでしょうが

8着サウンドトゥルー

こちらも善臣騎手が代打として最低限の仕事をしました

相手も強いですし、今のこの馬にはマイルはスピード不足ですね

この馬もセン馬なので、生涯現役

また帝王賞で頑張ってくれるでしょう

12着モーニン

馬は悪くないです

騎手が悪いです。

近走は全く力を出し切れていません

人気が落ちた来年のフェブラリーで外枠を引けば、本命にするかも

フェブラリーSを終えての注目馬

(30位前後応援クリックお願いします 


正直ゴールドドリームと遜色のない馬

放牧に出されてから帰ってきませんが、

この馬が戻ってくれば、またダート路線は盛り上がるかもしれません

来年のフェブラリーは、ここにエピカリスが加わるでしょうか

また新たに強い馬が出てくるのか、今から楽しみですね!
 
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>


初月無料キャンペーン中

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟ 
☆メルマガ購読はこちらをクリック☆
    
bandicam 2016-03-01 19-37-18-912    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↑このページのトップヘ