今日はかしわ記念が行われますね。

注目馬は先日発表したとおり。

後はモーニンあたりが和田騎手で先行できれば面白いんでしょうが、最近テンが余計に遅くなってきているのも気がかりですよね。

雨予報ですし、もう一頭推すなら、逃げた時のオールブラッシュでしょうか?

川崎記念のように止まらない馬場と展開なら、一発があっても不思議ではないかなと。

友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)

<スポンサーリンク>


【PR】

GIシリーズの買い目を無料公開



最強の関西情報社チェックメイトは

勝負の関西馬情報で

中山牝馬S【5万0360円】的中

フラワーC【1万2440円】的中

金鯱賞【2万4410円】的中

など重賞競走で万券的中をお届け

さらに大ヤリ関西馬情報で!

4/14 福島11R【5万2420円】的中


c640_100

今週は3歳マイル王決定戦

第23回 NHKマイルC (G1)

タワーオブロンドンの牙城を崩す
人気薄大ヤリ関西馬の情報は必見


最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

NHKマイルC・3連単勝負買い目の
→→→無料入手方法はコチラ!!←←←
【先着100名様限定】
c200-200

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

天皇賞春


ここ数年の天皇賞春の中でもかなり見応えのある天皇賞春となりました!

レースレベルはそこまで高くありませんでしたが、かなり面白かったですね。ではいきましょう。

マカツライデンはやはり速くスっとハナへ。サトノクロニクルは痛恨の出負けでしたね。
bandicam 2018-05-02 17-58-35-718


しかし、大外トミケンスラーヴァが競りかけにいったことで、展開がガラリと変わりました。
bandicam 2018-05-02 17-58-49-382


楽にハナを切りたかった松山騎手ですが、外を見るとガリガリ追っているトミケンスラーヴァが。
bandicam 2018-05-02 17-59-40-379


結果、ハナを切りたい2頭がガンガン競るような展開となり、テンから速くなりました。
bandicam 2018-05-02 18-00-16-574



驚いたのがシュヴァルグラン。この2頭についていきましたからね。普通この2頭を放置してガンコの藤岡佑介騎手カレンミロティック池添謙一騎手が、後続をスローに落とし込むのですが、シュヴァルグランが前に行ったことで、3番手以下も平均ペースで前2頭についていく展開になりました。日本人騎手では絶対にあり得ない展開となりました。
bandicam 2018-05-02 18-00-30-709
bandicam 2018-05-02 18-06-52-005


クリンチャーは押してはいましたが、今回は周りが早くいけなかった印象。すぐに切り替え、「折り合いを意識してほしい」というオーダーに応えて、中団のいい位置で収まることができました。
bandicam 2018-05-02 18-00-55-778


前2頭に後続がついていく、という、近代日本競馬ではあまり見られない光景。これが本来競馬のあるべき姿なんですよ。
bandicam 2018-05-02 18-07-19-989



そして1周目スタンド前。こうなると綺麗な縦長になりますね。
bandicam 2018-05-02 18-08-50-183


そして岩田騎手がここで馬を内に入れました。
bandicam 2018-05-02 18-08-57-120

このシーンはリアルタイムでも流れており、「あーこれは岩田騎手にやられたかも」って思いました。何故なら前が速く、後ろに展開の利があると思ったからです。
bandicam 2018-05-02 18-09-49-837


1コーナー。このあたりからヤマカツライデンは徐々にペースを落とし、
bandicam 2018-05-02 18-10-33-283

内回りの1600mハロン棒付近でトミケンスラーヴァを下げさして、自身はペースアップ
bandicam 2018-05-02 18-11-04-710


bandicam 2018-05-02 18-18-49-016


ちょうどラップが落ち込んできた13.2-12.6あたりのシーンですね。競りかけられたのは誤算でしたが、この逃げは良かったと思いますよ。


ガンコが外に出したということは、トミケンスラーヴァが下がってきたという証拠です。ここで2番手以下が一気に凝縮します。
bandicam 2018-05-02 18-11-20-439
bandicam 2018-05-02 18-11-31-238


それを追走していたサトノクロニクルの川田騎手は外に持ち出し、一気にマクってポジションを押し上げます。それにアルバートのルメール騎手もついていく形に。
bandicam 2018-05-02 18-11-43-352


今週は川田騎手絶好調でしたし、芝の傾向も早め抜け出した馬が押し切れるというものでした。
bandicam 2018-04-29 12-44-58-683
bandicam 2018-04-29 12-44-38-669
bandicam 2018-04-29 12-44-23-591

それゆえに動いた行ったのでしょうね。結果、厳しい展開を作ってしまったのですが、それは勝負にいってのもの。仕方ありませんね。


それを見たトーセンバジルのMデムーロ騎手やチェスナットコートの蛯名騎手もこれに合わせて外に持ち出し早々に進出を開始
bandicam 2018-05-02 18-11-50-220
bandicam 2018-05-02 18-11-59-198


そんな中、唯一動かなかったのが、レインボーラインの岩田騎手でした。ヒルノダムールが勝った天皇賞春も、各馬が動いて行く中、動かなかったヒルノダムーロとエイシンフラッシュのワンツー。有力が動けばコチラも動かざるを得ないですが、そこでグっと我慢できる騎手が、長距離でうまい騎手と言えるでしょうね。
bandicam 2018-05-02 18-12-19-547


トミケンスラーヴァが早くもいっぱいとなり、ミッキーロケットも下げて外に持ち出し周りの動きに合わせて進出を開始しました。
bandicam 2018-05-02 18-12-26-351


サトノクロニクルトーセンバジルが外から被せにきたところで、三浦騎手は内に押し込められる形に。ただここで慌てなかったのも良かったと思います。加速に時間がかかるだけに、慌てて一緒に進出したくなるのですが、そこで冷静にやり過ごしたことが、最後までしっかり伸びた要因でしょうね。
bandicam 2018-05-02 18-12-32-989


馬群は一気に固まり、残り1000mからの消耗戦。
bandicam 2018-05-02 18-12-41-386


シュヴァルグランが周りの動きに合わせて加速し、上位勢を引き連れる形
bandicam 2018-05-02 18-12-58-077



bandicam 2018-05-02 18-12-58-077
bandicam 2018-05-02 18-13-05-522
bandicam 2018-05-02 18-13-21-548
bandicam 2018-05-02 18-14-18-941

ここの4角は持ったままでしたからね。横綱相撲か!?と思いましたね。


直線、持ったままでシュヴァルグランが先頭
bandicam 2018-05-02 18-14-28-311

岩田騎手のレインボーラインは一気に内に切り込む得意な形
bandicam 2018-05-02 18-14-40-308


和田騎手もソツなく立ち回り、最後は内をスルスルきていました
bandicam 2018-05-02 18-15-02-339


最後は抜け出したシュヴァルグランに、内に切り込んだレインボーラインが強襲
bandicam 2018-05-02 18-15-16-932



bandicam 2018-05-02 18-15-23-678
bandicam 2018-05-02 18-15-35-363


最後レインボーラインがちょっとつまずいてしまったところでゴール。入線後下馬する事象がありましたが、大事には至らず。

bandicam 2018-05-02 18-31-02-359
bandicam 2018-05-02 18-18-49-016


勝ち時計3分16秒2は平凡ですね。

平均ペースで後続もそれについていき、残り1000mからラップが

12.6-12.1-12.1-11.4-12.4


の消耗戦。それゆえ、一番強い競馬をした馬はこの馬ですね、

C
(10位前後)

早めに動いたものは苦しく、脚を溜められた馬に分があるレースとなりました。

そして、やはり前哨戦というのは着順や内容をあまり気にする必要がないなと再認識。

だからこそオッズ的妙味もあったんですけどね。現役古馬ではやはりこの馬は抜きん出た存在です。

宝塚は回避みたいなので、秋以降の東京での活躍を期待したいです。

逆に次走で嫌いたかったのは、展開と鞍上のファインプレーが光ったレインボーラインですが、故障してしまいましたからね。

まずは大事に。秋以降、展開と馬場がハマれば、また出番があるかも。

レース的には、逃げ馬にしっかりついていき、レースとして成立した素晴らしい戦いでした。

後は能力順でしょう。上手く乗ったのはミッキーロケットの和田騎手とレインボーラインの岩田騎手。

長距離レースは騎手の腕も大事。そして外人騎手はさすが、それを実感したレースでした。

今日はこのへんで。こちらも応援クリックよろしくお願いします。

(2位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>