今日のカギは馬場以上に風と、一つ前の記事でも書きましたが、再アゲ

bandicam 2018-04-15 12-47-09-935
bandicam 2018-04-15 12-49-22-196


芝ダートともに最後は外を回った馬が良く馬券に絡んでいる。

これは恐らく、向正面は壁を作って風を避けて脚を溜め、直線の追い風は風を味方に終いが活きるのだろう。

bandicam 2018-04-15 12-45-51-627

現地にいる人間に聞いたところ、今は風がほとんどやんでいるとのこと。

風が強く気温も高い。

メインまでに雨がフラなければ、比較的走りやすいコンディションになるのではないでしょうか?



友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


<スポンサーリンク>


【PR】

的中率80%の予想が無料

■■■■■■■■■■■■■■■
“馬券内率80%を継続中!
鉄板度★323戦23連対!!
(7/22~4/1)

俊英予想家が集う競馬JAPAN
充実したコンテンツが無料で使える
≪週末の手助けとなること間違い無し!≫
三連系の軸にも最適!鉄板軸馬3
は土日3頭ずつ無料配信
j300-300

■■■■■■■■■■■■■■■

GI開催も鉄板軸馬にお任せ!
4/8阪神11R 桜花賞
推ラッキーライラック2着

4/1阪神11R 大阪杯
推アルアイン3着

2/18東京11R フェブラリーS
推ゴールドドリーム2着

鉄板軸馬3を無料で入手する
j640-100

皐月賞


ダノンプレミアムを負かすとすれば、という視点で皐月賞をずっとイメージしていました。

低レベルなホープフルS勝ち馬タイムフライヤーでは無理でしょうし、オウケンムーンでも役者不足。

候補は3頭

ワグネリアン

ステルヴィオ

キタノコマンドール


この3頭。

ワグネリアン


ワグネリアンは、爆発的な末脚で「来年のダービー候補」に真っ先に上がった馬でしょう。

イメージとしてはマカヒキ。

弥生賞は休み明けでもありましたし、まぁダノンプレミアムもそうでしたが、「あくまで試走」という走り。

中山芝2000mを経験できたアドバンテージは大きく、ホープフルS上位2頭を展開不向きの中差し切ったことを考えても


ワグネリアン>>タイムフライヤー>ジャンダルム>サンリヴァル

という力関係が成り立つ。

故に、逃げ馬が揃い、ダノンプレミアムがしんどいレースになったとき、チャンスはあると思っていました。

ステルヴィオ


サウジアラビアRCは、ダノンプレミアムに出し抜けをくらった形。

朝日杯は鞍上の騎乗ミス。



まだ勝負付は済んでいませんでした。

そこで迎えた距離延長のスプリングSでは、ダノンプレミアムを負かせる位置で折り合い、前に有利な流れを、休み明けの仕上げながら差し切る強い内容。

やはりこの世代はダノンプレミアムとステルヴィオが抜けている

そう確信したレースでありました。

ステルヴィオ>>エポカドーロ>>>>>マイネルファンロン

マイネルファンロンをものさしにすれば、

ステルヴィオ>>>ジェネラーレウーノが成り立ちます。

ダノンプレミアムとのレースを考えても、

ステルヴィオ>>タイムフライヤー>ジャンダルム

が成り立つでしょう。

折り合いに心境がみられた前走。

アーモンドアイ同様に爆発力ある末脚も魅力。

先週の再現があっても驚けないとみています。

キタノコマンドール


すみれSがとにかく秀逸。

上がっていく脚はサトノダイヤモンドのイメージと丸かぶり。

正直「これはすごいのが出てきたぞ…」という衝撃を受けました。

時計2分11秒7は超秀逸。

そこに皐月賞漢ミルコデムーロ!

あれだけDMMが騒いでるってことは、勝負になることを踏んでのものともとれる。

ただし、これまで揉まれる競馬、多頭数、厳しい流れは未経験。

池江先生も、「ダービーの権利を獲る」という目論見でしたし、ここはサトノダイヤモンド同様、ダービーへの叩き台となるでしょう。

結論

◎ステルヴィオ
○ワグネリアン
▲エポカドーロ
★キタノコマンドール
N
(10位前後)
△3.9.1.13.11

展開と馬場を考慮し、エポカドーロ本命も考えましたが、スプリングSを見ても、ステルヴィオがエポカドーロよりも断然強いのは明らか。

ここはこの2頭の能力が抜けているとみて、2頭を中心に馬券を買ってみたいと思います。

オウケンムーンは前回お世話になりましたし、共同通信杯組ということで人気になってますから、ここでは相手まで。

コチラも応援クリックお願いします

A
最強競馬ブログランキングへ
(2位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>