今日の朝方行われたチャンピオンズリーグの準々決勝2試合目

1試合目はバルセロナのホームで

バルセロナローマ

で、バルサの圧勝。ローマはホームで、3点以上取らなくてはいけなく、失点すれば4点、5点ととっていかなくてはいけないという、試合前から非常に厳しい中でのゲームとなりましたが

ローマバルセロナ

1試合目でアウェイゴールを奪っていたローマが、トータルスコア4-4ながら、準決勝進出するというドラマが。

海外サッカーのすごいところは、3点を獲らなくてはいけない状況で、本当に3点を獲ってしまうのがすごいですよね!

日本サッカーでは、獲れて精々1点ですし、攻撃に得点の匂いがないですもんね。

慈悲はないですが、ハリル解任は正解だし、てか遅すぎ。

ワールドカップまでの期間はわずかですが、これがいい方向に働いてくれるといいですね。


友だち追加
(毎週推奨馬を配信中!LINE@友達追加はコチラから)


<スポンサーリンク>



【PR】

的中率80%の予想が無料

■■■■■■■■■■■■■■■
“馬券内率80%を継続中!
鉄板度★323戦23連対!!
(7/22~4/1)

俊英予想家が集う競馬JAPAN
充実したコンテンツが無料で使える
≪週末の手助けとなること間違い無し!≫
三連系の軸にも最適!鉄板軸馬3
は土日3頭ずつ無料配信
j300-300

■■■■■■■■■■■■■■■

GI開催も鉄板軸馬にお任せ!
4/8阪神11R 桜花賞
推ラッキーライラック2着

4/1阪神11R 大阪杯
推アルアイン3着

2/18東京11R フェブラリーS
推ゴールドドリーム2着

鉄板軸馬3を無料で入手する
j640-100

皐月賞

bandicam 2018-04-11 12-36-11-555

さぁ皐月賞です。今年は牡馬が非常にレベルが高いと騒がれ、早い段階から注目の一戦と取り上げられていましたね。

ただ、大本命馬ダノンプレミアムが出走取り消し。

これにより、他陣営は俄然色気を持ったことでしょう。

盛り上がりという点では少し残念ですが、馬券的にはまた違った見解が必要となりましたし、ある意味面白くなったかなとは思います。

bandicam 2018-04-11 11-19-31-031


ただ、今年は好メンバーに水を差す雨模様。

実は過去、重馬場以上で行われた皐月賞というのは、1989年のドクタースパートが勝った年まで遡らないといけないんですよね。
bandicam 2018-04-11 16-15-01-481

なので、ちょっとイメージが掴みにくいレースにはなると思います。馬場読みが大事になりますね。

近年やや道悪だったのは、2015年のドゥラメンテ。2012年のゴールドシップ、2010年のヴィクトワールピサになります。

bandicam 2018-04-11 12-36-44-616

中でも、内を大きく開けたゴールドシップの年が一番近くなるのかなぁと思います。ここまで内を開ければ、外を回せばロスも響いてきますし、そうなれば騎手の腕が大きく左右することになるでしょう。

bandicam 2018-04-11 12-35-58-702

こちらは先週の日曜メインの光景です。

こちらは開幕2週目の弥生賞。
bandicam 2018-04-11 12-37-17-986


今年は非常に気温も高いため、芝の生育が素晴らしく早く、徐々に時計が回復していく開催となりました。

傷んだ箇所はBコース替わりでしっかりカバー。

良馬場なら非常にGOODコンディションでの皐月賞となったんですが、土曜からのダメージが、皐月賞までにどれだけの影響を与えるか。

メインまでの馬場状態、傾向というのは、とてもとても重要となるでしょうね。

bandicam 2018-04-11 12-33-19-181
bandicam 2018-04-11 15-59-37-628
bandicam 2018-04-11 15-59-43-710



中山芝2000mというのは、内外の有利不利はなく、ペースは非常に引き締まります。

ゆえに差しが決まるのです。

bandicam 2018-04-11 16-00-05-538

コチラは昨年の皐月賞ですが、前半5F59秒0と平均より速めのラップを刻み、

後半12.4-11.9-11.4-11.4-11.7

という持続力が問われるレースに。これが皐月賞。中々皐月賞でペースが緩むということはないんですが、昨今は逃げ馬を追いかけないということが度々起きているのも事実。

そこをどれだけ読み切れるかもカギになるでしょうね。

bandicam 2018-04-11 12-39-48-983


もしもダノンプレミアムがいれば、

アイトーン・ジュンヴァルロが引っ張る流れを、好位から追走し、他馬がこれを目標に早めに動くという、タフなレースが予想できました。

しかし、その大本命馬がいなくなり、他馬の目は前ではなく後ろのステルヴィオ・キタノコマンドール・ワグネリアンに向くことになるでしょう。


ダノンプレミアムが出ていれば厳しかった先行勢にチャンスが巡ってきたということからも、ここは先行勢の穴馬を狙ってみるのも面白いと思います。


注目馬

D
(10位前後)

となれば、この馬にチャンスが出てくるでしょう。パワータイプで道悪もOK.

鞍上がちょっと乗れてなくて不安ですが、先行馬ですし、この厩舎の馬ならうまく乗ってくれる気もします。

今日はこのへんで

こちらも応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ
(2位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>