桜花賞
1着▲アーモンドアイ

2着○ラッキーライラック

3着△リリーノーブル



このレースは、別路線組が勝つ。シルクが勝つ。

それがドンピシャにハマりました!

シルク→○ラッキーライラック

の馬券で勝負し、ガッチリ的中!


IMG_5471


ラッキーライラック>>>リリーノーブル>マウレア
の構図もドンピシャリ

これだけ格付けができてしまえば、馬券の組み立てはメチャクチャ簡単ですよね!

だってラッキーライラックに先着できる馬は別路線組しかいないわけですからね。

シルク→ラッキー→シルク・リリー

シルク→シルク→ラッキー


だけ買っておけばOKですから。

申し訳程度にハーレムラインは買いましたけど、本線は完全にシルク→ラッキーライラックです。

昨年5月に、「今年はシルクの年になる」という、読みもドンピシャリ!

こんな気持ちいいことありませんよね!預言が的中したワケですから!

20160628000605

悩んだときは、頭で考えず、心で考える

馬券を買うのに、とても大事なこと。それを思い出すことができたのが、本当に大きな収穫です。

ありがとうシャロンおばちゃん・・・。

さて、この桜花賞、昨年こそ的中なりませんでしたが、

2016年
ジュエラー
シンハライト


馬連馬単2点的中!

2015年
レッツゴードンキ
クルミナル


馬単万馬券的中!

過去4年で3勝!非常に相性のいいGIで、しっかり馬券を獲れたことは大変うれしく思います!

また、LINE@の爆穴ヤンキーくんも、中山12R11人気ペイシャバラードで2着!大万馬券の立役者となりましたし、(配信直後1分程度、キーワードが反映されていなかったそうです。受け取れなかった方は申し訳ございません。)
IMG_5674


友だち追加
(友達追加はコチラから)

中山メインも6人気◎サウンドテーブルが2着にしっかり好走!

非常にいい一日となりましたね!さぁ、今週はいよいよ皐月賞

皐月賞と言えば、

◎ドゥラメンテ
○リアルスティール

馬連馬単2点で仕留めたレース!

他にも、
◎ヴィクトワールピサ
○ヒルノダムール


馬連馬単2点なども!

基本的にクラシックは力関係の査定をしっかりできれば、小点数で獲れるGIなのです!

今年はダノンプレミアム絡みで一点勝負を目論んでいただけに、ちょっと考え直しになりましたが、頑張って当てますので、皆さんよろしくおねがいします!


<スポンサーリンク>



【PR】

的中率驚異の80%の予想が無料!?

■■■■■■■■■■■■■■■
“馬券内率80%を継続中!
鉄板度★323戦23連対!!
(7/22~4/1)

俊英予想家が集う競馬JAPAN
充実したコンテンツが無料で使える
≪週末の手助けとなること間違い無し!≫
三連系の軸にも最適!鉄板軸馬3
は土日3頭ずつ無料配信
j300-300

■■■■■■■■■■■■■■■

GI開催も鉄板軸馬にお任せ!
4/8阪神11R 桜花賞
推ラッキーライラック2着

4/1阪神11R 大阪杯
推アルアイン3着

2/18東京11R フェブラリーS
推ゴールドドリーム2着

鉄板軸馬3を無料で入手する
j640-100

桜花賞


スタートです。プリモシーン痛恨の出遅れ。
bandicam 2018-04-08 18-16-24-882


ラッキーライラック
は抜群のスタートセンス!アーモンドアイはゆったりと。
bandicam 2018-04-08 18-16-33-466


プリモシーンの戸崎騎手は出遅れた瞬間内を確認し、出遅れのロスをカバーすべく、内へ誘導していました
bandicam 2018-04-08 18-17-26-277
bandicam 2018-04-08 18-17-34-741


最内枠が課題のラッキーライラック石橋脩騎手は外の馬たちの出方を見ながらどの位置で競馬するかを決めていた印象です。
bandicam 2018-04-08 18-17-46-664

ライバルであるリリーノーブルの川田騎手も、ラッキーライラックの位置を見ながらの競馬でした。
bandicam 2018-04-08 18-19-08-532


うまかったのが序盤の誘導ですね。先週のサトノダイヤモンドが悪い例だとすれば、コチラはいい例です。アマルフィコーストが取り消したこともプラスに働いたでしょう。最内枠ですが、馬を外に出していきました。
bandicam 2018-04-08 18-17-58-612


こうすることで、自身の選択肢は増えますし、外の馬は、余計に脚を使わないと前に行けないんですよね。脚を使わせつつ、自身が捌きやすいポジションを確保する。非常にうまい騎乗でした。
bandicam 2018-04-08 18-18-07-314


この様な隊列で3角へ。
bandicam 2018-04-08 18-18-26-270



前半34.5。やはりスローですね。スローですから、馬群はそこまで縦長にならず。
bandicam 2018-04-08 18-19-21-774


アーモンドアイは、後方でやや促し気味の追走で、ここでは、「あれ?大丈夫?」と少し不安に。
bandicam 2018-04-08 18-19-32-458


3~4角。ラッキーライラックは最高の位置取り、好位のイン確保で、間を割っても良し。外に出しても良し。最悪内に突っ込んでも良し。どこでも行ける位置取りでした。有力馬もいつでも外に出せる位置を確保する中、プリモシーンだけは、一頭馬群の内へ突っ込んでいきました…。
bandicam 2018-04-08 18-20-22-265
bandicam 2018-04-08 18-20-44-659


さぁ直線。手応えの差は歴然で、ラッキーライラックはアッサリと外へ出しました。
bandicam 2018-04-08 18-20-58-428

リリーノーブルも外へ。アーモンドアイは大外へ
bandicam 2018-04-08 18-21-12-950


そこからのアーモンドアイの脚がまさに異次元。説明不要。コマ送りでも分かるこの素晴らしい末脚
bandicam 2018-04-08 18-21-19-698
bandicam 2018-04-08 18-21-30-253
bandicam 2018-04-08 18-21-40-157
bandicam 2018-04-08 18-22-06-421
bandicam 2018-04-08 18-22-18-729


ね?笑
コマ送りでも分かりますよね。ほんまにすごい脚。ラッキーライラックは最高の立ち回りをしたし、リリーノーブルも、阪神JFよりも詰めてきました。これは収穫と言えるでしょうが、勝ち馬が異次元でした。


解説不要ですね笑

ただこのレース、解説しなくてはいけない人物が一人
bandicam 2018-04-08 18-22-34-282


ここに入って、どこへ行こうとしていたんでしょうか?内もダメ。中もダメ、その外もダメ。突っ込めるところなんて全くありませんでした。素直3~4角で外に出しておけばよかったのですが、出遅れて脚を使ったことで、その消耗を挽回しようとしていたんでしょうね。
bandicam 2018-04-08 18-22-54-931

ここがダメと分かった戸崎騎手は馬を外へ
bandicam 2018-04-08 18-23-02-803


今度はここを狙うようです
bandicam 2018-04-08 18-23-10-563

しかし、前の馬が右ムチですから、外に寄れるワケです
bandicam 2018-04-08 18-23-17-824


更に、アーモンドアイが外から切り込んできたため、リリーノーブルも内へ寄せられ、進路がふさがりました
bandicam 2018-04-08 18-23-28-526


ここはダメかぁと、今度は内を狙いにいきますが、ここも前の馬が右ムチですから、当然外にくるわけです
bandicam 2018-04-08 18-23-35-098
bandicam 2018-04-08 18-23-40-058


で、リリーが内に寄ってきて、そのアオリで内の馬も内へ寄せられ
bandicam 2018-04-08 18-23-47-644


はいジャンクーっという形に。
bandicam 2018-04-08 18-23-51-971


bandicam 2018-04-08 18-26-05-407

上がりはメンバー3位の34.3。大外に出していれば、上位入選は間違いなかったでしょうね…。

bandicam 2018-04-08 18-25-47-668

馬場差を考えれば、前半はスロー。大きく緩まず、直線は瞬発力比べとなりました。

bandicam 2018-04-08 18-25-00-500

昨年の阪神JFの3頭が、2,3,5着。4着トーセンブレスは阪神JFで5着ですから、暮れからの力関係は大して変わっていませんでした。

割って入ったのはやはり別路線組。

予想段階での力関係の精査も完璧でしたね。

1着アーモンドアイ

言うことなしです。

いい意味でズブさが出ていますから、これは距離延びても問題ないですし、

こういう勝ち方をした馬がオークスで距離が不安になることはほとんどありません。

そもそもオークスは、スローでスタミナが問われるレースにはなりにくいですからね。

自ら消耗するタイプでなければ、能力がカバーしてくれます。

なんせほぼノーステッキ。まだ底を見せていないと言えるでしょうね。

2着ラッキーライラック


やるべきことはやりました。

距離が延びていいのはコチラですからね。

本番はレースのうまさで何とか逆転したいところ。

3着リリーノーブル


馬体はコロンとしていますが、父ルーラーシップですから、距離はそこまで不安ではないでしょうが、

ただ、何が何でもラッキーライラックに勝ちに来た仕上げを施して、3度目の土をつけられましたからね。

スピード能力はそこまで大差はなさそうですが


4着以下

特にないですね。

力関係は特に変わっていないですから。


次走注目馬

プリモシーン


まぁこれは当然ながら、次も狙いたいですね。今日はこのへんで


こちらも応援クリックよろしくお願いします。



最強競馬ブログランキングへ
(2位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>