大阪杯、本当に残念な結果になりました。

馬券はもちろんハズれですが、それ以上に、日本人騎手の情けなさですよね。

馬に跨ってるだけが競馬ではないのですから、勝ちに行かないと。

かなりダメ出しだらけの解説するっちになるとは思いますが、それも含めて勉強なので、じっくり見ていきましょう

<スポンサーリンク>



【PR】

桜花賞の買い目予想がなんと無

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第78回 桜花賞(GI)

プロが買う3連単勝負を
知りたくありませんか??


>>関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

m300_250

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

①元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

②情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

>>【大阪杯】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ

m728_90

大阪杯

スタートです。ペルシアンナイトとスワーヴリチャードは若干怪しかったですが、まぁ許容範囲です。
bandicam 2018-04-01 18-42-52-984


スワーヴリチャードはじっくり下げていきましたね。ヤマカツライデンが公約通りハナ
bandicam 2018-04-01 18-43-11-381



サトノノブレスもやや行く構え。ダンビュライトもジワっと外から先行していきました
bandicam 2018-04-01 18-43-31-426
bandicam 2018-04-01 18-43-45-068


スワーヴリチャードは前半この位置から。ミッキースワローもじっくり後方。
bandicam 2018-04-01 18-43-53-272



サトノダイヤモンド
の戸崎騎手は迷わず最内に入っていきましたが、これはダメですね。サトノダイヤモンドは大トビで加速に時間がかかるタイプ。真っ直ぐ走らせて、内に入りそうなスマートレイアーあたりを行かせて自身は外へ外へ行かないと行けませんから。この時点で不利を受けることが確定したと言えるでしょう
bandicam 2018-04-01 18-45-04-486


1角でちょっと窮屈な場面がありました。
bandicam 2018-04-01 18-44-37-219

外のウインブライトが内に切り込み、ただでさえ大混雑していた馬群が狭くなりました。外枠の利点は内の馬を押し込めることができること。競馬は必ずしも内が有利とは限らんのです。
bandicam 2018-04-01 18-45-37-466


ペルシアンナイト
は前半行きたがりましたが、前に壁を作って何とかなだめていました。
bandicam 2018-04-01 18-45-48-538


逆にシュヴァルグランの三浦騎手はこの時点でいつでも動ける外側へ切り替えた点はVERY GOOD!
結果は惨敗でしたが、レース運びはほぼ100点だったと言えるでしょう。
bandicam 2018-04-01 18-46-29-083


サトノダイヤモンドはやや力む面もありましたが、まぁ許容範囲でしょう。
bandicam 2018-04-01 18-47-11-911


向正面に入ると、トリオンフ田辺スワーヴリチャードミルコが外へ。積極的な二人らしい動きでしたね
bandicam 2018-04-01 18-47-36-196


そのままトリオンフは前へ進出。それに合わせてミルコも動いていきました
bandicam 2018-04-01 18-48-31-660
bandicam 2018-04-01 18-48-46-437
bandicam 2018-04-01 18-47-49-310


トリオンフはここで息を入れるんですが、ミルコは間髪入れずに一気にマクりきってしまいました。
bandicam 2018-04-01 18-48-54-432
bandicam 2018-04-01 18-49-05-643


1000m通過1分1秒1のドスローですからね。このマクリが勝因でしょう。他の騎手の体感速度はどうなってんだって話しですけどね。
bandicam 2018-04-01 18-51-16-784


前走の成功例もあるからでしょう、自信をもってましたよね。ここにスペースがあるのは覚えておいてください
bandicam 2018-04-01 18-49-16-726



ミルコがマクってきたことで、ダンビュライトの前に突如壁ができ、そこをすかさず松岡ウインブライトが蓋。
bandicam 2018-04-01 18-49-36-971


しかしそこはパワーのあるダンビュライトの特徴をうまく活かして体を入れてスペースを確保。ここは非常にうまかったですね。
bandicam 2018-04-01 18-49-49-467
bandicam 2018-04-01 18-50-08-840


で、うまく進路を確保したんですが、今度は外からトリオンフが内へカットイン
bandicam 2018-04-01 18-50-18-675


bandicam 2018-04-01 18-50-26-135



ダンビュライトはここで再びブレーキ。加速に時間がかかるタイプだけに、痛恨でした。それを防ぐ意味でも、ミルコのマクりに合わせて仕掛けてほしかったです…。
bandicam 2018-04-01 18-50-37-454



トリオンフ田辺により、馬群はさらに窮屈に。もしかすると外から寄られて仕方なく内へ行ったかも知れませんが、個人的には先程示したスペースを川田騎手は頭に入れており、この事象に合わせてうまく内へ入れた印象。それにより、スマートレイアーは進路をカットされブレーキ
bandicam 2018-04-01 18-50-47-660


これにより、その後ろにいたサトノダイヤモンドヤマカツエースはズルズル後退。勝負どころでこのブレーキは痛恨でした
bandicam 2018-04-01 18-50-59-345
bandicam 2018-04-01 18-52-16-148



スマートレイアーがズルズル後退したことで、サトノダイヤモンドは慌てて外へ切り返し、それを見たヤマカツエースは逆に内に入れていきました。ここの池添騎手うまかったですね
bandicam 2018-04-01 18-52-47-270



トリオンフが今度は早め先頭。田辺騎手勝ちに行ってます。三浦シュヴァルグランもスムーズな競馬でした
bandicam 2018-04-01 18-52-59-338



川田騎手がうまかったのは、内に入った後すぐにヤマカツライデンの外へ進路をとりにいったこと。ラグビーのドリブルのようでした。ここで内に閉じこもってしまうと、ヤマカツライデンが下がってきてブレーキですからね。一瞬の判断がさすがで、川田騎手が乗れている証拠でしょう
bandicam 2018-04-01 18-53-57-602



直線。ペルシアンナイトはジっとソツなく、直線はウインブライトが失速するのを見計らって外へ
bandicam 2018-04-01 18-54-20-173


その動きによってウインブライトが外にヨレ、シュヴァルグランも寄られる不利がありましたが、もう手応えがありませんでした
bandicam 2018-04-01 18-54-37-383



ドスローの瞬発力比べ。さすがはマイル王のスピードをペルシアンナイトは見せてくれましたが
bandicam 2018-04-01 18-54-51-647


前が止まらずここまで。
bandicam 2018-04-01 18-55-13-148
bandicam 2018-04-01 18-56-06-199

bandicam 2018-04-01 20-06-37-434
bandicam 2018-04-01 20-06-54-101



ドスローの瞬発力比べ。ポジショニングと決め手が全てのレースとなりました。

相変わらずの芝のGIだなぁという感想。このメンバーでこの程度のレースしかできない日本の競馬はほんとつまらないです。

1着スワーヴリチャード

ミルコの完璧なエスコート。日本に残った選択は吉となりました。

ならばレッドファルクスも持ってこないとダメですよね。

さすがのムラッ気。

この馬が外枠に入った時点で、ミルコが色んな選択肢を感じていることは察していましたが

1番人気に乗って、奇襲とも言えるマクりで勝つ

すごいの一言ですよね。

馬も充実一途。流れる競馬ではモタれる面は怖いですが、日本の中距離は流れませんからね。

宝塚記念も同じ競馬になりそうです。

今度は他の騎手もスワーヴリチャードの動きに合わせて動き、一気にペースが早なる可能性も、

いますが、低レベルな日本のジョッキーですから、また指を加えて見てるだけになるかもしれませんね。

2着ペルシアンナイト


うまく立ち回りましたね。

うまく立ち回ってはいるんですが、この競馬じゃ2着が限界でしょう。

勝ちにいったというよりも、うまく乗ろうとした印象。

まさに日本人騎手の心境を表現している気がします。

みんな綺麗に乗ろうとしすぎですよね。

田辺騎手のように攻めないと、GIでは勝てません。

レースは最後スピード能力が問われる展開となりましたから、マイル王者のこの馬にとっては絶好の流れとなりました。

ミルコに戻った安田記念は期待できそうです。


3着アルアイン


田辺騎手のカットインにより、ゴチャつき、捌きに手間取ったのが痛恨でしたね。

それでも対処は完璧でしたし、日本人で信頼できる騎手の一人と言えるでしょう。

ただ、スパっと切れるタイプではないだけに、厳しいレースとなりました。

できれば4角外から上がっていく競馬が理想だったでしょうね。

ミルコと田辺にしてやられたというレースでした

4着ヤマカツエース


いやはや、あの不利がありながらここまで来るんですから、前走からの上積みは相当だったのでしょう。

まぁでも乗り方的に、「不利がないまま進んでくれ」という神頼み的な面もありましたから、内枠のデメリットをモロに受けてしまいました。

有馬記念が出していって伸びあぐねていましたから、今回出していくことはできなかったし、最後の伸びをみても、前半はタメたほうがいいですね。

ただ、タメれば不利も受けやすくなるのも事実。難しいですね


5着ミッキースワロー


展開不向きの中よく頑張っていますよ。

もっと流れてバラけてくれればチャンスだったんですけどね。

キタサンブラックがいる時にこの馬の走りが見たかったです。


6着ダンビュライト


前半は完璧な位置でしたが、ミルコにマクられたところの対処が実にもったいなかった。

あんだけ楽に先行できる流れなんですから、残り1000mからロングスパートしたってこの馬は頑張ってくれますよ。

再起をかけた一戦だと思ったんですが、まだ時間はかかりそうですね。

少なくとも、皐月賞で差のない競馬をした3頭が上位を独占したわけですから。

この馬も乗り方ひとつだったわけです。


7着サトノダイヤモンド


7着まできてますからね。何度も不利を受けてしまったことが敗因ともとれます。

決して力負けではないだけに、どこかでまた奮起してくれることでしょう。

このまま終わる馬ではないですが、宝塚記念は勢いのある馬が勝つレース。

秋の始動戦でのパフォーマンスに注目です。

13着シュヴァルグラン

三浦騎手はよくやりましたよ。

結果論ですが、馬がデキてなかったですし、この距離でこの展開はかわいそうでした。

どうにも阪神の中距離とも相性が悪いですね。

まさにハーツクライ産駒。

伸び伸び走れるコースで期待です。

次走注目馬


A
(10位前後)

次走はキッチリ巻き返してくれるはず。

触れませんでしたが、トリオンフは腰が甘いところがあって、阪神ではややキツかったと思って無印に。

平坦コースなら面白いと思いますよ。

今日はこのへんで

LINE@好評配信中!お友達3000人突破!4000人も秒読み段階!

友だち追加

こちらも応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ
(2位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>