土曜は、LINE配信2週目にして、いきなり高配当レースの的中を収めることができました

bandicam 2018-03-11 09-20-59-967

2着ニシノオリーブ(7人気)

3着カミノコ(2人気)



直前まで、「どっちにしようかなー」とものすごく悩んでいて、「だったらどっちも書いてしまえ!

ってことで2頭書いたら2頭とも来てくれましたね!

ワイドでも10倍つきましたし、この調子でガンガンいきましょう!

本日分は、昨日の夜に、配信中。


友だち追加


キーボードから、「あさイチ」と入力し送信するだけで、予想をGETできるので、まだお友達じゃないという方!まだ間に合うよ!急いで急いで(^^)

アネモネS

◎B
最強競馬ブログランキングへ
(2位前後)


競馬は時計が全てではないですが、時計が違いすぎます。

未勝利勝ちの時計だけでは、事故的なケースもありますが、前走も好時計で完勝とくれば、もう本物。

見た目でレッドレグナントが売れていますが、ポテンシャルはこちらの方が断然上でしょう。

自力勝負に持ち込めば、まず勝ち負けに。

<スポンサーリンク>



【PR】おすすめの競馬予想サイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
金鯱賞(G2)・3連複10点勝負

昨年も5万6390円的中
今年も激走必至の穴馬が!
h300_250
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■直近の的中買い目
2/24 阪神11R    1万9590円的中
2/18 フェブラリーS 4万1560円的中
2/12 クイーンC 1万5560円的中
2/11 京都記念  1万6450円的中
2/10 小倉12R 2万5070円的中
2/4 東京8R  1万0280円的中
2/3 東京8R 1万8870円的中
1/28 東京9R 3万9500円的中
1/27 京都12R 1万2890円的中

金鯱賞(G2)を無料で見る方法

金鯱賞


逃げ馬不在のメンバー構成


9頭立て。

逃げ馬不在。誰が行くの?誰が行くの?という感じで1コーナーを迎え、ようやく押し出されてサトノノブレスがハナに。

ヤマカツエースが好位のイン。ダッシングブレイズが好位の外。

それらの後ろで有力各馬。

ほとんどの馬がガッツリ手綱を引っ張るドスロー。

1分3~4秒もありえるでしょう。

そのまま直線を向いた場合、果たしてどうなるのか


求められるのは、ギアチェンジ力


スワーヴリチャードも、サトノダイヤモンドも、メートルダールも追ってから一瞬でグイっと出るタイプではありません。

むしろ追って味のある、長くいい脚を使える馬たち

求められるのは、33秒台前半の瞬発力。追って一瞬で加速できるギアチェンジ力です。

どんなに強い馬でも、ドスローのヨーイドンとなった場合は、キレる馬や前にいる馬を差せません

そもそも、強いという定義は色々で、スローに強い、ハイペースに強い、雨に強い、と様々。

レースは生き物。そのレースに求められる特徴は、瞬発力・位置取り・持久力・パワー・こちらも様々。

GIで毎回馬券になるような馬は、どんなレースにでも対応できるポテンシャルを持っているからこそ、安定した成績を残すことができますが、一つの分野に特化したレースとなった時に、そこを専門としている馬に敗れるケースは少なくない。

bandicam 2018-03-11 09-44-54-179

一昨年の金鯱賞、2着には条件馬、格上挑戦だったパドルウィールが入り、3着には牝馬のシュンドルボンが絡みました。

人気のヴォルシェーブや、サトノノブレスなどを押さえて勝ったのはヤマカツエース

1000m1分01秒5のスローからの瞬発力

このレースで求められるたものは、位置取り・ギアチェンジ力・キレ味の3つ。

加速に時間がかかるヴォルシェーブは後ろからで、全くの洋梨のレースとなりました。

前目につけたことでパドルウィールは粘り込みました。シュンドルボンは牝馬らしくキレのあるところを活かして3着に食い込みました。

このように、総合力よりも、そのレースに特化したアビリティが必要となるレースでは、その特徴を活かした馬たちが馬券になるのが競馬なのです。

今回必要なのは、この2016年の金鯱賞と似たようなものになるのではないでしょうか?

bandicam 2018-03-11 09-47-32-189

しかも土曜の中京は逃げ切り2つ。

勝ち馬は全て先行馬。内前が有利な傾向です。

となれば、必要なものは


前目のポジション・ギアチェンジ力・キレ味

の3つ。

それに合いそうな馬を狙えばOKというわけです。

印まとめ

◎ヤマカツエース
○サトノノブレス

▲H
(10位前後)
★デニムアンドルビー
△2.3.5.9


とにかく、前目、そしてギアチェンジ力・そしてキレ味のある馬を上位に。

スローの中山記念で33秒の上がりで差し切り。

スローの金鯱賞で、33秒1の上がりで差し切り。


ヤマカツエースは、とにかくギアチェンジ力が優秀。中山記念では、早め抜け出しで、「やった!」と思ったマイネルフロストを差し切りましたし、金鯱賞では、「やった!」と思ったパドルウィールを差し切りました。

金鯱賞に最も必要なポテンシャルを持っている馬といっていいでしょう。

GIでは正直叶わないと感じている陣営は、ここに向けてビッシリの仕上げ。

いわゆる、GII大将になりつつあります。個人馬主でもありますし、6200万円は大きな賞金。

勝ちに来ているでしょう。ヤマカツエースにとって、金鯱賞はGIよりもほしい勲章なはず

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>