今週からRムーア登場で、デムルメ人気に加えてムーア人気が追加。

日本人ジョッキーのオッズが美味しくなりそうですし、若手騎手なんかは特に妙味が。

下手なの承知で狙ってみるのもありでしょう。

今週はとにかく過剰人気に目を配るのも、一つの手だと思います。

いろんな視点から3日間競馬を攻略したいですね。

<スポンサーリンク>




【PR】イマイチ推しの競馬サイト
j300-300

クイーンC


今年はかなりいいメンバーが揃いましたね

bandicam 2018-02-08 17-59-10-866

bandicam 2018-02-08 17-48-22-851

過去10年でみても、掴みどころがあまりないレースといった印象。

一頭抜けている馬がいて、そこに混戦の2番手以下が2着争いをするイメージ。

今年は昨年や、キャットコインの勝った年くらいいいメンバーです

bandicam 2018-02-08 17-49-25-103


もちろん中心は、阪神JF3着のマウレアでしょう。

得意の東京に戻りパフォーマンスを上げてくる可能性も高く、何より4着以下を離した3着は、

この3頭が抜けていた

と競馬ファンに思わせる内容でした。

ただ、個人的には、レベルが高かったレースかなぁ?と言われると、疑問符がつきます。

メジャーエンブレムの代もそうでしたが、今年はまだまだ新興勢力が出てきそうなイメージで

それこそシンザン記念から桜花賞馬ジュエラーが出たように、今年はアーモンドアイが逆転最有力だと私は思っています。

そして、今年クイーンC参戦のメンバーも、このレース次第では、桜花賞候補に一気に躍り出るでしょう。

つまり、マウレアが強いのは間違いないですが、それを脅かす馬は結構いるんじゃないか、ということです。

フェアリーSを読み解く


今年のフェアリーSは例年になくハイレベルのメンバーでした。

どうせフェアリーS組でしょ?

と高を括ると痛い思いをすると思います。

しかし、レース内容としては、少々もの足りず

bandicam 2018-02-08 17-52-14-696

bandicam 2018-02-08 18-24-38-254

スローペースの中山で差し決着となりました。

これは、

助走ありで300m走る

助走なしで300m走る


どっちが速いかってことです。もちろん、助走ありですよね?

つまり、上位の馬は、4角から勢いをつけて直線へ向かい、スムーズな加速でゴールに向かって走れたことが好走要因。

逆に、内で溜めていた馬は、外から被され仕掛けが遅れ、加速がままならないままゴールを迎えたわけです。

ゆえに、ここで溜め殺しになってしまった馬の巻き返しは十分考えられる、と私は思っているのです。

推奨馬

E

となれば、狙いはこの馬に。

血統的にも、加速がスムーズじゃないとトップになかなか乗れない。

前走勝ち馬とは未勝利戦で差のないレースができていたわけですから。

枠も応えましたし、フラットな東京芝1600mに戻るのは歓迎。

流れに乗って直線自分のテンポで追い出せば

しっかり勝ち負けまで持ち込んでくれるでしょう。

敗因は明確でオッズはガタ落ち。絶好の狙い目でしょう。


こちらも応援クリックお願いします。

最強競馬ブログランキングへ
(2位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>