(30位前後)


競馬ブログランキングへ
(5位前後)

いつも応援クリックありがとうございます!!

東京優駿

スタートです。申し訳ありません。私をもってしても下からのアングルでスタートを映す意図がわからず、解説できません。あらかじめご了承ください
bandicam 2017-05-29 13-39-59-677

なので、PVから。まずまずだったんじゃないでしょうか
bandicam 2017-05-29 13-40-12-784

まぁまぁスワーヴリチャードもサトノアーサーもこんなものですからね。
bandicam 2017-05-29 13-40-24-871

押して押してマイスタイルが積極策。狙ってましたねー! 
bandicam 2017-05-29 13-40-47-746

武豊騎手は、外を見て馬を外へ。外の各馬は内を見ながら。
bandicam 2017-05-29 13-41-22-787

問題はこの男ですよ。最初の一二歩目こそ押してましたが、ダッシュがつかないと思った途端、追うのをやめてました。
bandicam 2017-05-29 13-40-58-834

ガリガリ追えばアルアインの内でも行かせて外からでも行けますからね。何がしたかったんでしょうか?この馬に今まで乗っていてこの馬の何が武器なのか分かってなかったんでしょうか?お話になりませんでしたね。
bandicam 2017-05-29 13-41-55-566


ダンビュライトは一旦マイスタイルの後ろへ。1角へ入りやすかったり、外からカットされたり、最初のコーナーへの入り方を工夫していたように思えます。レイデオロは、掛かっているというほどでもなく、「まだだよ?」と抑え込んでいるような印象でしたね。
bandicam 2017-05-29 13-42-01-691


1角。サトノアーサーはこの位置。「うわっ、これはやられたか?」と思ったほどいい位置で競馬をしてましたよね。序盤は・・・。
bandicam 2017-05-29 13-42-46-169


外からカットされてペルシアンナイトはやや後手を踏んではいましたが
bandicam 2017-05-29 13-43-40-659

これは馬が終始エキサイティングしていた影響の方が大きいですね。ちょっと気性面での課題が浮き彫りになりました。
bandicam 2017-05-29 13-44-16-844


さて、武豊騎手の激怒ポイント①。トラスト丹内騎手が内を見て、マイスタイルの内に馬を入れるんですよね。
bandicam 2017-05-29 13-44-27-892
bandicam 2017-05-29 13-44-47-868


これにより、より横山典弘騎手がペースを落としやすくなりました。遅くて各馬掛かってますからね。
bandicam 2017-05-29 13-45-27-877

クリンチャーなんかこんなところで折り合いをつけようとしてますからね。切れ味勝負に持ち込む気なの?この馬が前に行ってれば、全然レースの質も変わったんでしょうし、勝ち負けまであったと思います。
bandicam 2017-05-29 13-45-39-558


ペースがガクンと落ちたことで、前からドンドン渋滞が起きていました。後ろの馬はより後ろへ追いやられた印象です。
bandicam 2017-05-29 13-45-55-948

渋滞が起きている中、外側に位置していたレイデオロが、スっと外へ持ち出し、一気に上がって行きます。
bandicam 2017-05-29 13-46-20-430
bandicam 2017-05-29 13-46-16-343

ちょうど1000m1.03.2というドスローが表示された瞬間だっただけに、この判断はもう素晴らしいの一言。この大舞台で人気馬に乗って、中々できる芸当ではありません。先週の戸崎騎手もそうですけど、G1でこういう思い切りのある騎手ってのはホントすごいと思いますし、今後も応援したくなりますよね。勝ちに行って掴んだ勝利は本当に価値が高いですし。
bandicam 2017-05-29 13-46-47-771

それを見て、ペルシアンナイトも外に出して上がって行きます。まぁ掛かってましたから、こちらは、上がっていったというよりも、「抑え込むくらいなら・・・」に近いと思います。ゴール前ひと伸びがあるないは、この差でしょうね。ここでアドミラブルも行くと思ったんですけどね・・・。
bandicam 2017-05-29 13-46-29-589

それを丹内騎手は、しっかり目視。
bandicam 2017-05-29 13-47-02-968

上がっていった2頭は、3角前に、いい位置を確保し、ここで一旦落ち着かせます。
bandicam 2017-05-29 13-47-18-133


キレないトラストですし、前半たっぷり緩いペースでスタミナを温存したわけですから、ここから徐々に消耗戦に持ち込む!のかと思いきや、またしても内を見て、
bandicam 2017-05-29 13-47-28-293

内に入っちゃいました。武豊激怒ポイント②。「なんのためにお前はダービーに乗ってるんだ?なんで勝とうとする競馬をしないんだ?」武豊騎手は、自分が結果が出なかったことに怒っているというよりかは、持ち味を活かす競馬をしようとしない丹内騎手に呆れ気味だったのかと思います。まぁトラストが動いた方が都合も良かったってのが大半だとは思いますが、そういう感情は少なからずあったと思いますよ?仮にも日本騎手を代表する騎手ですからね。次世代を担う若手中堅騎手がこんなんじゃダメだと思ってるでしょうね。
bandicam 2017-05-29 13-47-36-289


ちょっとペースが速くなりましたが、レイデオロはその後すぐに抑えると息が入りましたから、また落ち着きましたからね。ここでペルシアンナイトもうまい具合にガス抜きできたからよかったですが、これが掛かってそのまま行っちゃえばまた違ったレースになったんでしょうね。
bandicam 2017-05-29 14-02-58-324



動かなかったアドミラブル「一緒に上がっていけばいいじゃん」と怒っていた音無厩舎。レース後「外の外になるからきついと思って・・・」と動かなかったデムーロ騎手ですが、そこにいたって同じですからねw負けたらすーぐ騎手を批判する音無調教師ですが、さすがにこのデムーロ騎手のコメントを聞いたら、そう言いたくなっちゃいのは分かりますwむしろ前に行ったほうがまだ一頭分内は走れたんじゃないでしょうか?まぁデムーロ騎手らしくないですよね。ルメール騎手に完全にお株を奪われてしまいました。
bandicam 2017-05-29 13-47-46-035

四位騎手は3角でそうそうに外外へ進路を確保に行ってました。ここが勝負ポイントだ!と思ったのでしょう。伊達にダービーを2勝していない嗅覚だったと思います。


前が渋滞し、後ろの馬が位置を押し上げたことで、サトノアーサーはここまで位置が下がってしまいました…。まぁこの馬のスタイルですから、仕方ありませんね。展開に左右される追い込み馬の宿命です。
bandicam 2017-05-29 13-48-53-966

3~4角。スーっとダンビュライトの外につけるスワーヴリチャード
bandicam 2017-05-29 13-49-31-068


アルアインのここを狙ってましたよね。松山騎手は吹っ飛ばしやすいですからねw皐月賞でも揉みくちゃにされてましたし、もうちょっと気迫を持って騎乗しないと伸びない気がします。優しいだけじゃ生き抜けないですからね競馬は。
bandicam 2017-05-29 13-49-39-604


馬をうまく外へ押しのけ進路を確保。まぁ締めが甘いですし、G1。これくらいあって当然と言えると思います。
浜中騎手なら批判される騎乗になっちゃうんでしょうけどね。
bandicam 2017-05-29 13-49-49-155
bandicam 2017-05-29 13-49-52-608

そうなるとその外にいたウインブライトは余計に外を回る形に。デムーロ騎手はこれを危惧したのかとは思いますが、ペルシアンナイトやレイデオロの外ならこうはなってませんしね。むしろ動かなかったことで更に不利を受けますから。
bandicam 2017-05-29 13-49-56-116
bandicam 2017-05-29 13-49-59-435


にゅっと顔が出てますからねw
bandicam 2017-05-29 13-50-32-424
bandicam 2017-05-29 13-50-35-450

さぁ直線。VM、オークスと同じく、斜めに入って馬場の外へ出していったレイデオロ。
bandicam 2017-05-29 13-50-50-761


これによって、その外にいたペルシアンナイトが、スワーヴが、アルアインが、と玉突き気味に外へ張られます。
bandicam 2017-05-29 13-51-21-098

そうなるとさらにその外にいた馬ってのは、外を回らされますからね。
bandicam 2017-05-29 13-51-24-894


bandicam 2017-05-29 13-51-01-469
bandicam 2017-05-29 13-51-08-642
bandicam 2017-05-29 13-51-12-805

結局アドミラブルは一旦ここで立て直すロスがありましたからね。かなり手痛いロスですよ。
当然その後ろにいた馬はさらに外ですから。後ろは不利なスポーツです。


レイデオロは、まだムチを使わず、追って追って徐々に加速を促していました。
bandicam 2017-05-29 13-51-45-136

対してスワーヴリチャードは早々にムチが入ってました。
bandicam 2017-05-29 13-53-48-053

ルメール騎手のすごいところは、ギリギリまでムチを使わないことです。先週のソウルスターリングもそうでしたよね?300mでようやくステッキが一発、二発と入ります。
bandicam 2017-05-29 13-53-00-336
bandicam 2017-05-29 13-54-04-061


必ずしもムチで馬が動くというわけではありませんが、ムチによってギアをコントロールすることで、外からスワーヴが来たときにもうひと伸びできますからね。
bandicam 2017-05-29 13-54-11-530
bandicam 2017-05-29 13-54-21-804
bandicam 2017-05-29 13-54-28-508



しっかり脚を残し、最後にもうひと伸びグイっと伸び、見事にダービー制覇!
bandicam 2017-05-29 13-54-34-403
bandicam 2017-05-29 13-54-41-678


最後はアドミラブルもようやくきましたが、時すでに遅しでした…。

ルメール騎手と言えば、勝った時にニコって笑うのが印象的でした。この締まった表情!気持ちが入っているのがよく伝わってきます!
bandicam 2017-05-29 14-42-23-396

ウイニングランでも、笑顔ではなく、この引き締まった表情ですよ!
bandicam 2017-05-29 13-55-33-153


それもそのはず。昨年は悔しいハナ差。負けたと思って、おめでとうと握手を差し伸べたルメール騎手。
bandicam 2017-05-29 13-58-46-946


それでも、「もしかしたら!?」と僅かな奇跡にかけましたが、やはり届いておらず、感情は真逆でも、お互い天を仰いだシーン
bandicam 2017-05-29 14-37-00-783
bandicam 2017-05-29 14-37-01-541


2016年競馬で最も印象的だったシーンでした。このシーンは、何回見ても鳥肌が立ちますから、是非ともまた見てみるといいと思います。


昨年は、悔しい気持ちを押し殺し、相手に「おめでとう」
b3038a94

目の前で、後一歩のところで届かなかった栄光。
その一年後に、雪辱を果たしたのですから、この表情も頷けますね。
本当に、素晴らしいジョッキーです。ダービージョッキーの誕生でした。
bandicam 2017-05-29 14-42-23-396


bandicam 2017-05-29 14-03-36-631
bandicam 2017-05-29 14-03-05-661

まぁレースに関しては、結局ラスト3Fだけのレース。
後ろが届くわけもなく。
しょっぱいですねw
ここ数週の東京の中では、最もフラットな馬場だっただけに、ガチンコでの競馬が見たかったですね。
まぁ、1.2.3人気で決まってるから、上位3頭で順当!と紙面上は見れるかもしれませんが、内容はかなり薄いですね。

面白いと思ったのは、皐月賞で、5.6着に敗れ「ダービー向きの負け方」をした2頭が1.2着。皐月賞上位が5.6.7着という点ですね。
皐月賞は全く直結しないレースだったということがよくわかりますね!

まぁでも、こういうレースでそれが証明されるのも、うーんという感じ。
昨年のダービーを見直してしまったところでもあるので、なおさら凡戦感がすごいですね。


<スポンサーリンク>


1着レイデオロ

bandicam 2017-05-29 14-43-57-622
(提供Horse Memorysさん)

とは、言ったものの、ルメール騎手は自ら動いて掴んだ栄光ですから、素晴らしい騎乗だった!
賛辞の嵐でしょう!おめでとうございます!
上でも解説したように、脚の残し方が素晴らしいんですよ。
それが一番はっきり分かるレースがあったのを、皆さんご存知?
当日の4Rです。私の本命10人気のアンデスクイーンが、藤岡佑介騎手のひどい騎乗で2着になった、あのレースです!
undefined__lt__iframe frameborder="0" allowfullscreen="" src="https://www.youtube.com/embed/mGiVN66ZElw" width="640" height="480"__gt____lt__/iframe__gt__">

ムチに呼応してグーンと伸びているのが、よく分かるでしょう?
ルメール騎手ってのは、このように、優しく、優しく、ソフトに加速を促し、最後まで脚を残すんですよ。
大体は、松岡修造のように!
イケルイケルイケルイケル!!!!
2f653209

ですが、ルメール騎手ってのは、桑田真澄のように、
undefined__lt__iframe frameborder="0" allowfullscreen="" src="https://www.youtube.com/embed/QecoDEgU1mc" width="640" height="480"__gt____lt__/iframe__gt__">
ゆっくりでいいよ?焦らなくてもいいよ?僕がちゃんと測っているからね?

というような騎乗をするからこそ、最後にグイっと伸びてくるのです。
武豊騎手なんかもきっちり最後に捉えたキズナのダービーなどが印象的でした。
超一流ジョッキーは、着差ではなく、これだけ大胆かつスマートにG1を勝つから素晴らしいの一言ですね。
本当にすごい!

2着スワーヴリチャード


100点の競馬ができましたが、ルメール騎手が120点の競馬をしましたね。
もしもあのままレースが進んでいれば、勝ったのはこの馬だったでしょう。
本当に強い2着だったと思います。


3着アドミラブル

もうらしくないの一言。
私の予想では、2週連続大外を引いたことにより、モチベーションが著しく低下していたのだと思います。
まるで先週と同じ競馬ですからね。
アドミラブルは、アドマイヤミヤビと違って、前からでも競馬ができますから。
これは音無先生もブーブー言いたくなる騎乗でした。
このムラッ気がね、デムーロ騎手の特徴でもあるんですよねぇ。
ノっている時なら、おそらく一緒に上がっていったでしょうし、むしろスタートから位置を取りに行っていますからね。
とにかく物足りない。
ですが、馬は間違いなく一番能力が高かったですね。
それは断言できるので、騎手がしっかりすれば、菊花賞は楽しみですね。


4着マイスタイル

ノリさんはお見事ですね。
さすがの一言。この騎手が主導権を握るレースと怖いですね。


5着アルアイン

まぁまぁまぁ無難ですね。
こんなもんでしょう。距離はマイルくらいがベストになってくるでしょうね。
強いて言うなら、松山騎手はもっと気迫を全面に出して欲しいですね。
技術はあるが、大舞台のG1でポジションを簡単に譲りすぎです。


6着ダンビュライト

まぁまぁ直線も不利なく運べましたからね。
それなりの結果と言えるでしょうね。
ペースが流れた方が、むしろ後ろからのカデナ、サトノアーサーに先着された可能性はあります。
が、やはり「キレないけどバテない」馬に乗った2頭が、バテない強みを活かさなかったのは、本当に見ていて「何しに来てんの?」だったと思いますよ。


7着ペルシアンナイト

気性面から、距離がちょっと長いですね。
ベストはやはりマイルくらいでしょうか。
位置を押し上げた判断は良かったですからね。
戸崎騎手はテン乗りならがよく頑張りました。


10着サトノアーサー

今までのレースは、前が止まった分もあって派手に見えただけ。
前が伸びればこの馬が伸びてないように見えるのは当然。
まぁ、追い込み馬の宿命ですし、この馬はまぁこんなもんですよ。
全然強く感じてないって前々から言っていたのは、そういうことです。
まぁよくなるのは先でしょうし、展開さえ向けば、もっとやれたでしょう。


11着カデナ

サトノアーサーと同じです。
良くも悪くも展開次第。
もうちょっと流れてれば、普通にもっと上位だったと思いますよ?


13着クリンチャー

これはもうひどすぎるとしか言えませんよ。
なぜなら、皐月賞上位1.2.3.5.6着が、7着以内に入ってるわけですからね。

なんもしてないですよ。本当に何しに来たのかわかりません。
少なくとも、先着した2頭が1.2着なわけですから、ノーチャンスなわけがないんですよ。
皐月賞でもかなり強い競馬をしていた馬ですからね。
馬がかわいそうですよ。


ダービーからの注目馬


A
(50位前後)

秋はリベンジですね。
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>

今注目のイチオシ競馬サイト

<PR>新世代の競馬WEB新聞競馬成駿

40年以上に渡って競馬予想界の最先端を走り続けた
清水成駿によって考案された、
全く新しいスタイルのWEB競馬新聞です。
ラップ理論のパイオニア!上田琢巳
東大卒の超頭脳派!水上学など、
清水成駿が認める業界の俊英たちが勢ぞろい。
紙の新聞には掲載することのできない、
レース直前の馬場状態やオッズ情報を加味した上で、
予想家たちの最終結論を
予想印◎〇▲△でご提供させていただいております。
実際に無料公開された新聞がこちら
1495589956820
また、レース毎にコース・ラップ・血統
それぞれの視点からプロの見解を掲載しており、
こちらもレース検討に役立つこと間違い無し!
▼血統スナイパー境和樹日京都12R▼
◎ストロベリーキング複勝2850円の高配当▼
1495590187535
▼競馬成駿 直近の的中実績▼
1495367633059
web競馬新聞『競馬成駿』では、
日本ダービー の予想家の全印、全見解すべてを、

無料で公開致します!!
この機会に是非とも、
鮮度 精度をご体感下さい!!


▼日本ダービーの予想を無料公開!!▼

▼ご利用には競馬JAPANへの登録が必要です▼
登録はメールアドレスを登録するだけ
▼下記参照『最短60秒!無料登録はコチラから』からメールを登録するだけ

競馬JAPANに無料登録または既にご登録されている方は
競馬成駿公式HPから予想をご覧ください