桜花賞

スタートです。アドマイヤミヤビの脱糞騒ぎがレース後ありましたね。
bandicam 2017-04-11 11-32-05-625

IMG_3998

まぁこれがどれだけ同馬に影響したかは分からないのですが、それもあってか、半歩遅れてのスタートでしたね。
bandicam 2017-04-11 11-32-16-612

敗因はこれだよ!って思いたくなるくらいの負け方でしたし、そういう風に思い込んだほうが、オークスで狙う方は買いやすいかもしれませんね。

勝ち馬レーヌミノルは、抜群のスタート。やはり短距離適性が高いですね。このダッシュ力がこの馬の持ち味。
ただ、そこから制御が利かなくなるから、距離不安と言われており、一にも二にも折り合いが鍵と話していたのはそういうことです。
bandicam 2017-04-11 11-32-24-679


カラクレナイの田辺騎手は、意図して後方へ下げてましたね。一発を狙うためには、極端な競馬をしないと勝てないっと察していたような騎乗でした。
bandicam 2017-04-11 11-32-37-722


ショーウェイは前に行きながら内にきましたが、リスグラシューより外の馬が、内に入ってきませんでした。これはめちゃめちゃ大きいですね。エンジンのかかりが遅いリスグラシューにとって、内に包まれて直線を迎えるわけにはいかず、どこかで外に出したかったはず。労せずしてここで外側へ馬を誘導できたことで、「しめしめ」と武豊騎手は思ったでしょうね。
bandicam 2017-04-11 11-33-09-283

ショーウェイが内を見て内へ寄せるのを、武豊騎手もしっかり見ており、そしてその外のポケットにもきっちり見つけてますからね。
bandicam 2017-04-11 11-33-55-777


スっと外に馬を誘導していました。2着に入れたのはこの枠の並びと外の馬の運びが大きいと思います。もちろんそこに素早く入った武豊騎手も素晴らしいですけどね。まぁ武騎手に言わせれば、普通なのかもしれませんが。
bandicam 2017-04-11 11-34-15-164


ショーウェイは外を見ながら。もう行く気なかったですね。これが行くようだとまた違ったレースにはなったんですが。
bandicam 2017-04-11 11-33-33-751


外から前に行ったのはヴゼットジョリー。ソウルスターリングだと思った方は多いと思いますwカワキタエンカは一頭外を走らせ、リラックスさせながらハナを奪ってうまく馬のリズムを作ろうとしてましたが、思いのほかハミを噛んでしまって、やや暴走気味になってしまいましたね。
bandicam 2017-04-11 11-34-31-693


リスグラシューはここ。ソウルスターリングはここ。
bandicam 2017-04-11 11-34-46-553

阪神JFがこれですもんね。阪神JFも武豊騎手なら勝っていたと思います。今回は勝負にいる位置で競馬できたのが好走要因でしょう。
bandicam 2017-04-11 11-36-04-320


3F34.7。2番手以下は35.5前後でしょう。2番手の福永騎手が後続をうまく抑え込んだと思います。
bandicam 2017-04-11 11-45-34-806


どこかで後ろは決してスローじゃないって見た気がしますが、平均よりも間違いなく遅いと思います。現に掛かっている馬がチラホラと。
bandicam 2017-04-11 11-37-03-822


前走折り合ったミスパンテールも壁ができず外からかかり気味。カラクレナイも下げるのに苦労していますから、2番手以下は遅いです。故に、前有利の流れでした。
bandicam 2017-04-11 11-35-07-792

その流れの中、折り合い不安のレーヌミノルがきっちり折り合っているわけですから。Twitterで、素直におめでとう!と言いたいとつぶやいた理由はこれですね。このペースで折り合える馬に作ってきた陣営さんに拍手を送りたいです。
bandicam 2017-04-11 11-37-15-564

アドマイヤミヤビは逆にこれだけ遅くてもおっつけおっつけで後方2番手。もう行きっぷりが悪かったです。馬場を気にして馬が走ってくれなかったようで、デムーロ騎手でこれですから、キャリアの浅い3歳牝馬が出てしまったのでしょう。
bandicam 2017-04-11 11-37-39-079


勝負どころ。レーヌミノルはこんな馬場は得意で、力強く手応え抜群。ソウルもそれに続き。
bandicam 2017-04-11 11-38-46-220


リスグラシューは逆に追っ付け追っ付け。エンジンのかかりが遅い点を考慮して武豊騎手も早めに馬を促してました。
bandicam 2017-04-11 11-38-51-207
bandicam 2017-04-11 11-38-54-024



アドマイヤミヤビはもうステッキが入ってました。普通じゃなかったですね。
bandicam 2017-04-11 11-39-01-399


それでも直線入り口の感じは悪くなかったんですけどね。
bandicam 2017-04-11 11-39-15-736


直線入り口で早々にステッキが入るリスグラシュー。
bandicam 2017-04-11 11-39-33-873


カラクレナイの田辺騎手は、大外ぶん回したアドマイヤミヤビとは違い、内をロスなく立ち回り、直線だけうまく捌いて、という、ある騎手いわく「ずるい騎乗」をしていました。ただ、そう思い通りにいかないのが競馬で、アロンザモナに行きたかった進路を取られてしまいます。
bandicam 2017-04-11 11-39-50-752


アロンザモナの外に行きたかったんですが、そこにはいられてしまったので、内へ切り替えます。「これが痛かった!」という声もありそうですが、自分はむしろそうじゃなく、むしろ詰まったことで4着まで来たかなって思います。まぁそこを最後までに解説していきます。
bandicam 2017-04-11 11-39-53-752
bandicam 2017-04-11 11-40-06-005


レーヌミノルは、スローの早め抜け出し!理想的な馬場、展開でした。ここで90点。そこに課題の折り合いがついて、120点の競馬。勝つときは何もかもうまくいくもの。
bandicam 2017-04-11 11-40-34-148


リスグラシューは、ソウルスターリングの外に出して、これに馬体を併せて行きたかったんですが、
bandicam 2017-04-11 11-40-37-567

ここで置かれてしまうんですよね。これがこの馬の脆さ。ペースももう少し流れていれば、これだけ瞬発力の差は出ないので、そこも痛かったですね。
bandicam 2017-04-11 11-41-05-235

ソウルスターリングはソウルスターリングで、外を向いたりして直線左手前⇒右手前、そしてまた左手前に戻したり、内にササったりと、こちらもこれまでの優等生ぶりが嘘のよう。こちらも3歳牝馬というキャリアの浅さが出てしまった印象です。
bandicam 2017-04-11 11-40-54-543
bandicam 2017-04-11 11-42-05-420


うまく内に切り替えたカラクレナイは、素早く外に進路を移します。
bandicam 2017-04-11 11-41-22-737


前に進路を見出し、追い出すと、グングン加速し、
bandicam 2017-04-11 11-41-27-567
bandicam 2017-04-11 11-41-36-368

ここでリスグラシューを捉えます。
bandicam 2017-04-11 11-42-35-076
bandicam 2017-04-11 11-42-37-418

それを尻目にレーヌミノルは抜け出し
bandicam 2017-04-11 11-42-45-323


ソウルスターリングはやや追いにくそうも、抵抗。
bandicam 2017-04-11 11-42-51-561


一旦交わしたはずのリスグラシューに、最後は盛り返され、カラクレナイ自身は失速。つまり一瞬の脚はカラクレナイですが、総合的な末脚はリスグラシューのほうが長くいい脚が続き、カラクレナイは詰まった分だけ脚が溜まったということ。あそこがスムーズなら、もっと早々にいっぱいになり、距離不安がもっと大きく露呈されていたと思います。
bandicam 2017-04-11 11-43-00-858

bandicam 2017-04-11 11-45-02-770
bandicam 2017-04-11 11-45-11-936

ミスパンテールとアドマイヤミヤビはダメでしたが、力のある5頭がやはり後続を離しての入選でした。
この5頭+2頭ってのは、やはりこの世代でも抜きん出てるなと思います。








<スポンサーリンク>


1着レーヌミノル

とにかく折り合いがついて溜めれば、力強く脚を使える。
しかしその折り合いがつくかがポイントとレース前話していました。
そのためには、ゆったり出して後ろから行ったほうがいいじゃないの?
って思っていただけに、前につけてピッタリ折り合うのですから。
陣営がここに向けてしっかり仕上げてくれたことが、
恵の雨、他馬が苦にする馬場、理想的な展開と枠がドンピシャに回ってきてくれたのだと思います。
bandicam 2017-04-11 12-24-31-491

この写真が物語るように、本当に人事を尽くしてきたのだと思われます。
関係者の皆様、本当におめでとうございます。

そして、レーヌミノルは折り合いがつくようなら、マイルもOKですね。本質は1200が良さそうなので、今の混沌とした短距離路線の主役になれる一頭だと思いますが、一生に一度のクラシックですから、オークス⇒秋華賞でしょうね。
今後も折り合い次第でしょう!


2着リスグラシュー

前走完敗を喫しましたが、一度使って状態も上向き。
勝負になる位置で運んだ武豊騎手の好騎乗も冴えました。
馬場もこなすあたり、ディープ産駒よりもハーツが優れている点でしょうね。
個人的には馬体的な成長がもっと欲しいところではありますが、
距離が伸びていいタイプとは前から言われていました。
そして、エンジンのかかりが遅いレースぶり。
オークスはいいでしょうね!
一番オークスで買いやすいのはこの馬でしょう。
ただ、ちょっと折り合い面には不安はあるので、オークスは少しソロっと乗ったほうがいいかも。


3着ソウルスターリング

無敗馬、負け知らずも、初めての雨馬場で、キャリアの浅さが出ました。
「欧州血統、母の走りなどから、馬場は大丈夫だろう!」
と師は言ってましたが、母は母。仔は仔です。
今の教育で大事な点ですねw
競馬でも大事。例えば、ドリームジャーニーは左回りダメでも、オルフェは東京で勝ちました。
その弟のアッシュゴールドはG1どころか重賞も勝てず。
同じ父、同じ母を持ちながら、これだけ能力の個体差、個性が違うのですから。
自分が血統を重視しない理由はここです。
とにかく馬一頭一頭向き合うことが大事。
そして、競馬に絶対はない。
4000万の授業料は高すぎますけどね。


4着カラクレナイ

上で述べた通りです。
ベストは1400mでしょうね。
今回ごまかしがうまく利いたことから、マイルで人気するなら、嫌ってもいいかもしれませんが、このメンバーで4着に入るのは力がないとできないこと。
鞍上がミルコのままだったら、下げずに中団で運んだかもしれませんね。
それがどう転んでいたかは、Ifの世界。
田辺騎手は、勝ちに行くいい騎乗は示しました。
ベストの4着でしょうね。


5着アエロリット

折り合いに若干不安がある馬なので、とにかくリズムを大事にした騎乗。
後は、ホンの少しでも展開が向いてくれれば。
これもノリさんらしい、一発を狙った攻めの騎乗でしょう。
上がり2位で追い込んでくるあたりは能力の証明。
馬体を見てもパワーアップしてますしね、血統や折り合い面からオークスの距離延長はマイナスも、うまく乗ればこなせなくもないんじゃないかぁ、と思ってます。

6着ディアドラ・7着カワキタエンカ

明らかに能力が違う馬が上位にいましたから。
それでも食い込みを狙うとなれば、極端な競馬しかなく。
その通りに1番手と17番手の馬が、6着以下では最先着。
逆にいうと、8着以下も、乗り方一つでもう少し着順は入れ替わったかなと思います。
ただ、5着以内が1軍なら、この6、7着の2頭は2軍。
メンバー一つで楽しみですし、今年のレベルからも、古馬混合一発目は先物買いしたいですね。


12着アドマイヤミヤビ

うーん、今日は3歳牝馬の春ということで、完成された古馬とは違って、常に自分の力を出し切ることの難しさを痛感したレースといったところでしょうか。
オークスは間違いなく向きますから、それが戦前の評価でもありましたから。
これで人気は落ちますし、今回狙った人はしつこく次も狙っていいと思いますよ。

16着ミスパンテール

負けましたけど、血統を重視せず、馬体派の私から言わせてもらうと、
レーヌミノルと同じ父を持つミスパンテールですが、こちらは距離が持ちそうな馬体と歩き方をしているなぁと思いました。
なので、オークスは嫌われるでしょうから、狙ってみても面白いと思いますよ。
チューリップ賞で穴をあけて好走した馬は、桜花賞でこけますけど、その後走るケースはありますからね。

桜花賞を終えて一言


B
競馬ブログランキングへ
(5位前後。応援クリックお願いします)

例えば、昨年の3歳牡馬も、ハイレベルと言われ、3冠全てで違う馬が勝ちました。
ハイレベルと言われる年は、ハイレベルなのですから、強い馬が多くいるわけで。
今回のように、ちょっとした要素一つで、着順が変わるということです。

逆にいうと、今回の桜花賞ってのは、ポテンシャル通りに決まったとは想いにくく、
まぁ、今日の桜花賞で一番強かったのはレーヌミノルで間違いはないにせよ、
これが晴なら、ペースが速ければ、枠がこうなら、などなど、色んな展開、結果が交差していたと思います。
ゆえに、オークスも、一筋縄ではいかない気がします。
ただ、メンバーレベルで言えば、桜花賞組がやはり抜きん出ていますから。
よほどのことがない限りは、オークスは今回の5頭とミスパンテール、アドマイヤミヤビあたりで決まるんじゃないかなぁとは思ってます。
今日はこのへんで。
 
GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>