スタートです。まぁ、大方の予想通りでしょう。ゴールドドリームは出遅れ。この馬にデムーロは合わない気がします。
bandicam 2016-12-05 20-20-52-944
bandicam 2016-12-05 20-20-59-539


ポンと出たのはアスカノロマンモンドクラッセ。ここまでも大方の予想通りでしょう。
bandicam 2016-12-05 20-21-11-580


外のモンドクラッセはまずアスカノロマンの出方を伺いましたね
bandicam 2016-12-05 20-21-43-620


外のモーニンは内の各馬を見ながら先団へ
bandicam 2016-12-05 20-22-04-406


アスカノロマンの和田騎手は何度も何度も外のモンドクラッセを見ていました。
bandicam 2016-12-05 20-22-13-815
bandicam 2016-12-05 20-22-22-891
bandicam 2016-12-05 20-22-29-305


アウォーディーは外の動きをみつつ、行く馬と控える馬がはっきりしていたので、真ん中で競馬するこの馬にはポッカリとスペースが開き、めちゃめちゃいい展開でしたよね。
bandicam 2016-12-05 20-22-48-527

コパノリッキー
も外のモーニンの出方を見ながら。ルメール騎手ですから、これも番手で競馬するのは予想通りでしょう。
bandicam 2016-12-05 20-22-57-786


サウンドトゥルーカフジラニがかなりテンが遅いので、この枠ですがスっと最内に入れましたね。内を突く騎乗に定評のある大野騎手(知ってました?知る人ぞ知るですよ?笑)
bandicam 2016-12-05 20-23-05-810


何度も和田騎手は外を見てました。「行くなら行ってくれよ」これが本音でしょうね。行かない行くから!って感じでしたよね。なんとも中途半端な逃げをモンドクラッセの丸山騎手が打ってきたのも展開的には微妙でした。
bandicam 2016-12-05 20-23-16-108


出遅れたゴールドドリームはデムーロ騎手ですからね。押し上げて先団へ。ノンコノユメもムーア騎手ですから、押して押していつもよりも前へ。いわゆる勝負になる位置を取りに行く外人スタイル。騎手の性格を読めている人なら、この展開も容易に想像できたでしょう。
bandicam 2016-12-05 20-23-33-894


勝ち馬サウンドトゥルー。周りに馬もいないですし、かなりリラックスしながら脚を溜め、ロスもなく、大野騎手はしめしめだったでしょう。
bandicam 2016-12-05 20-23-41-116


ラニはもう一頭だけ最後の直線でしたねwまさにダート版ゴールドシップ。
bandicam 2016-12-05 20-23-54-115



1角までの入りがポイントと私見で述べたモーニンは、残念ながら、懸念していた「外から4頭目の位置」となってしまいました。これがコパノリッキーの位置なら違うんですが。こうなると、コーナーの度にロスは響いてきますし、かと言って砂をかぶせると武蔵野Sの二の舞。勝負になる位置を取りに行かない戸崎騎手。これが外人騎手との差ですね。リーディングも抜かれるんじゃないですか?
bandicam 2016-12-05 20-24-34-729


結局モンドクラッセは中途半端な逃げで、併走するような感じで1コーナーへ。「逃げるぞ!」という意思表示をしないから、ペースも遅く感じてしまいますし、各馬動くのが早かったのはそのせいかもしれませんね。
bandicam 2016-12-05 20-25-19-708
bandicam 2016-12-05 20-25-16-931


アポロケンタッキーの位置あたりにいたゴールドドリームは外から位置を押し上げてきました。
bandicam 2016-12-05 20-25-41-661


モンドクラッセは2コーナーでようやくハナを切った感じ。
bandicam 2016-12-05 20-26-19-524


bandicam 2016-12-05 21-03-11-796


2F目は少し速くなりましたが、3F目からはペースが落ちました。

bandicam 2016-12-05 20-26-48-419



向正面。アスカノロマンはここでモンドクラッセにカットされて、少しムキになっていたというか、気を遣う場面がありましたよね。和田騎手はここを悔やんでいたんだと思います。これならハナに行ったほうがまだマシでしたね。難しいところです。
bandicam 2016-12-05 20-28-35-296
bandicam 2016-12-05 20-28-22-637


出遅れて位置を取りにったゴールドドリームは、その反動で掛かってしまいましたね。出していくリスク。結果、じっくり溜めていれば、勝ち負けだったかもしれませんね。それも込で、デムーロ騎手なんでしょう。
bandicam 2016-12-05 20-28-57-267



bandicam 2016-12-05 21-03-12-106


ペースが落ちて、一息入れるかってところで、田辺騎手のブライトラインが外へ。
bandicam 2016-12-05 20-29-33-364


休んでるなら俺が行くよ?という感じで動いていきます。その動きをルメール騎手がしっかり見ていました。モーニンはここでブライトラインに被され気味。いつでも外へ出したい馬だけに、ゴールドドリームの位置も確認していました。が・・・。
bandicam 2016-12-05 20-30-04-389


ブライトラインがマクってきたのを見た丸山騎手は、今度は行かせないぞ!とここで合わせてピッチをあげます。
bandicam 2016-12-05 20-30-41-953



bandicam 2016-12-05 21-03-10-503


800m通過から11.8-11.8。ここがこのレースのポイントでしょう。

こここそ行かせるべきなんですが、丸山騎手はこれにハナを譲らない姿勢を示して、全体のピッチを上げます


ルメール騎手はブライトラインがモンドクラッセの外に来たときに外へ出せるように外の動きを確認。武豊騎手も、外から被せにくる馬への対処を考え、1人気ですから早めに外に出したいという考えはあったでしょう。後ろを確認し、被される前に外へ出してましたね
bandicam 2016-12-05 20-30-50-929



そして、3コーナーに入る前にゴールドドリームの外にいつでもいける位置を取りに行ってました
bandicam 2016-12-05 20-31-13-332


ただ、ここでの反応がイマイチなのは、もちろん気の悪さというのもあるでしょうが、種は全体のピッチが急に上がったことでしょう。アウォーディーはアウォーディーなりにペースアップしてるんですが、その前の馬たちがピッチを上げたことで、反応が鈍いように見えてしまったのです
bandicam 2016-12-05 20-31-56-765


切れない長い脚を使うタイプのアポロケンタッキーラニも、離されたら厳しいですから、ここで必死に前との差を詰めにかかります
bandicam 2016-12-05 20-32-03-034


そんな中、後方2頭は、急かさずじっくり。あれ?これなんかに似てますね
bandicam 2016-12-05 20-34-14-678




bandicam 2016-12-05 20-46-49-056
bandicam 2016-12-05 20-58-01-753


そうです。ミドリマキバオーの皐月賞ですねw


bandicam 2016-12-05 21-18-05-711
bandicam 2016-12-05 21-18-19-223


そう、ここで動いてはいけなかったのです。

みどりのマキバオーでは、前半スローと見て、各馬が中盤から一気にペースアップ

しかし、それがオーバーペースとなり、そこで動いた馬は最後アップアップ
bandicam 2016-12-05 20-59-52-491


bandicam 2016-12-05 21-18-44-619

bandicam 2016-12-05 21-18-58-214


ラップがグンと加速してるのを後方ポツンで静観していた2頭が、ゴール前強襲してくる

早めに動いたマキバオーは、必殺マスタングスペシャルを出しても、ジリジリとなってしまいます。

ただ、早めに動いたとはいえ、実力あるマキバオーと、サトミアマゾンは、早めに動いても地力があるから苦しくても最後まで粘る。

しかし、実力で僅かに劣るサトミアマゾンはミドリマキバオーよりも先に脱落。

カスケードと一緒に上がってきたアマゴワクチンは脚部不安で無理をせず脱落。

残るマキバオーとカスケードの一騎打ち

根性を見せ、一旦は先頭に立つミドリマキバオー!

しかし!

アウォーディーに
騎乗していたチュウベイ親分がなんと落馬!
bandicam 2016-12-07 02-13-56-249
bandicam 2016-12-07 02-14-11-891


チュウベイ親分の落馬でソラを使ってしまい、失速するアウォーディー
bandicam 2016-12-07 02-14-52-652


ダメだ!行くんだたれ蔵くん!」とソラを使うアウォーディーを必死で追う武豊騎手
bandicam 2016-12-07 02-14-50-848


しかし、ソラを使ったことで最後にサウンドトゥルーに交わされてしまいました…
bandicam 2016-12-07 02-14-59-394


これがマキバオーの皐月賞でした。

今回のチャンピオンズCと、酷似してますよね?


まぁアウォーディーは有力各馬に合わせたレースをするしかないですよね。

これが1人気の乗り方と、人気薄で一発狙える馬の、立場の違いです。



アウォーディーの敗因は、チュウベイ親分の落馬だったのか…




3コーナー。ゴールドドリームが内に切れ込んだことにより、モーニンは被されてブレーキ
bandicam 2016-12-05 20-34-00-166
bandicam 2016-12-05 20-32-50-178
bandicam 2016-12-05 20-34-05-211
bandicam 2016-12-05 20-33-11-682


そういう競馬を一番やっちゃいけないよっていうのがモーニンなんですが、そういう競馬になってしましましたね。

ルージュバックでデムーロ騎手に何度もやられる戸崎騎手。

デムーロ>>>>戸崎

という構図が秋のG1で完全に出来上がってしまいましたね。残念です。


アマゾンの罠によってピッチが上がったこの集団は、相当きつい展開となりました。前にいるほどきついレースだったでしょう
bandicam 2016-12-05 20-33-38-131


ブライトラインがガンガン押しても追いつかないのだから、モンドクラッセはかなりピッチを上げていたと思います。後続も来てますから、アウォーディーらも動かされてしまいます。
bandicam 2016-12-05 20-34-37-239

bandicam 2016-12-05 20-46-49-056


動かないとアウォーディーは包まれてしまいますからね


サウンドトゥルーの大野騎手は1800mきっちり回るつもりで乗っていたでしょう。昨年ノンコノユメがやった競馬をやりたいと思っていたでしょうね
bandicam 2016-12-05 20-34-59-363


4コーナー。カフジテイクは迷わず外へ。まぁこれがこの馬の形ですからね。インは前の馬がバテてくれば壁になりますから。リスクのほうが大きいですし、何より昨年のサウンドトゥルーと同じで、内にはサウンドトゥルーがいますからね。この選択しかなかった気がします
bandicam 2016-12-05 20-35-10-603


コーナーのきつい中京コース。タイトに回るよう大野騎手もしっかり内に手綱を張ってます。
bandicam 2016-12-05 20-40-34-332



コパノリッキーの直後にいたモーニンブライトアイディアにまで被されられて、ここまで下がって万事休す。大敗するんだろうな…と見てました。
bandicam 2016-12-05 20-41-00-828
bandicam 2016-12-05 20-40-41-419


<スポンサーリンク>



さぁ直線。昨年ノンコノユメが通ったポッカリ開く最内のイン。しかしそれを狙っていたのは大野騎手だけでなく、横山典弘騎手のロワジャルダンも狙ってました。勝負師横山典弘!この枠を引いた時点でイメージしていたでしょうね。
bandicam 2016-12-05 20-41-23-491


そこにはいられた大野騎手は切り替えて外へ。
bandicam 2016-12-05 20-41-31-214


手前を左からへ替えて、迎撃態勢を整えてましたね
bandicam 2016-12-05 20-42-15-184


アウォーディーら先団の後ろには、外へ出せるスペースがポッカリ!勝つときは何もかもがうまくいくものです。
bandicam 2016-12-05 20-42-53-493


そこを逃さず、サウンドトゥルーは斜めに走りながら加速していきます
bandicam 2016-12-05 20-42-36-105


前では、モンドクラッセアスカノロマンが抜け出す構え。東海Sの再現!かと思いました。私は「よし!!!」って叫びましたねw
bandicam 2016-12-05 20-43-15-379


ワクチンの罠にハマって余力がない馬たちは、ここで脱落。ゆえに、アスカノロマンモンドクラッセは、相当強い競馬をしていますよ
bandicam 2016-12-05 20-43-20-318


直線だけ外に出したサウンドトゥルーと、4角から外に出したカフジテイクとのロスの差はこれだけありました。ちょっともったいなかったですね。
bandicam 2016-12-05 20-43-55-195


終わったかと思ったモーニンが再浮上。サウンドトゥルーに被されたので、外へ出そうとします
bandicam 2016-12-05 20-53-35-848

外ではカフジテイクが内へ切り込みながら追い込んできます
bandicam 2016-12-05 20-53-47-489


その間にいたアポロケンタッキーラニはジャンクマンする格好に
bandicam 2016-12-05 20-54-07-749
bandicam 2016-12-05 20-54-12-034
bandicam 2016-12-05 20-54-17-722

ダメ推しのカフジテイクの一発
bandicam 2016-12-05 20-54-23-046


その内にいたラニはここで被されてしまってブレーキ
bandicam 2016-12-05 20-54-26-068
bandicam 2016-12-05 20-54-30-579


548kgラニ VS 566kgアポロケンタッキー

熱きぶつかり稽古はアポロケンタッキーに軍配
7efea903


それでもラニは外に出してまた伸びてましたね。スムーズならもうちょっと着順は上だったでしょう
bandicam 2016-12-05 20-54-37-260


前に目を戻すと、アウォーディーが抜け出した2頭を捕まえに
bandicam 2016-12-05 20-44-03-530




bandicam 2016-12-05 20-44-09-604

bandicam 2016-12-07 02-13-56-249

捕まえたのですが、チュウベエ親分が落馬・・・
bandicam 2016-12-05 20-44-24-471


じゃなくて、ソラ、というよりも、厳しい展開を早目に動いた分、余計に止まったのだと思います。そこへカスケ・・・サウンドトゥルーが強襲
bandicam 2016-12-05 20-44-28-565
bandicam 2016-12-05 20-44-36-105


見事な差し切りでした!大野騎手!かっこいい!嬉しそう!
09724502


それもそのはず!1着賞品はなんと佐々木希との握手権!!!
09723799



死んだと思ったモーニンは、ここまで盛り返していました。つまり、なんとかなったはずなんですよね…。ちょっと残念です。力を出し切っていないでしょう。
bandicam 2016-12-05 20-45-19-459



簡単にレースをまとめれば、こんな感じです。完全に前と後ろが入れ替わったような、追込決着でした
bandicam 2016-12-05 20-45-09-016


昨年は意味のわからない外人さんの競りかけに加え、ホッコータルマエのコパノリッキーつぶしで前が全滅
bandicam 2016-12-05 20-57-33-710


今年は中途半端な逃げに田辺騎手の積極策で追込優勢
bandicam 2016-12-07 02-43-52-087



ノンコノユメは、出して行った分終い切れなかったでしょうか。

ムーア騎手じゃなくてルメール騎手なら勝ち負けだったかもしれませんね

モンドクラッセは、残り200mまで先頭でしたし、相当強い競馬でしたよ

ゴールドドリームは、出遅れ⇒掛かる⇒失速、の一番やってはいけない流れでした


コパノリッキーは、1800mまるまる左手前で走ってましたね
bandicam 2016-12-07 02-47-52-637
bandicam 2016-12-07 02-48-06-002


さすがにこのペースをずっと左手前で走るのは厳しいですよ。

手前を替えるバロメーターがどんなものかわかりませんが、

この馬は強い反面脆さも兼ね備えております。

手前替えもその一種ですね。

bandicam 2016-12-05 21-03-14-745


ラストは13.0。

前半36.3ー後半37.6

前の組には相当きついですから

アウォーディーが止まるのは無理がないと思います

負けて強し

アスカノロマンは本当に立派な3着でしょう。

もしも途中の田辺騎手のまくりがなければ、

そんなレースでしたね。


途中みどりのマキバオーのストーリーも織り交ぜつつ、チャンピオンズCのレースの質はしっかり理解出来たと思います

これを踏まえて、来年期待できる馬は


(30位前後応援クリックお願いします


昨年の失敗を踏まえて、サウンドトゥルーの大野騎手はその経験を活かしました

来年今回の失敗を活かすことができれば、

チャンスはあるでしょう

もし来年大野騎手が乗ればそれこそ面白いと思いますが

充実の4歳。

フェブラリーSの方が適鞍でしょう

鞍上はこのままかな?

それも踏まえて注目ですね!

今日はこのへんで


GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>