多忙でなにもできず、この記事も金曜に作ってたけど、結局完成せず、日曜の今、やっと書き終わりました

できるだけ更新したいんですけどね。まぁ時間みつけてがんばりますから、見に来てね

<スポンサーリンク>


チャンピオンズC展開予想

bandicam 2019-11-29 11-22-17-820




 ⑬
③  ⑤
①⑮
⑥⑪⑭
⑦ ⑩
⑧⑨

 ⑯


今回のレースの特徴は、かなり差し追い込み馬が多いということ。

なんで、速くもないのに縦長になるという不思議なレースになりそうです。

テンの遅いクリソリベルが内枠入ったら「あ、これ包まれてドボンあるんちゃう?」って思ったのに、その外の馬たちが軒並み遅いっていうねw

こーなると押して押して行けば位置もとれますし、インティにとってはあんまりうれしくない材料ですね。

とはいえ、インティは今回かなり楽に行ける組み合わせですからね。

後はワイドファラオとクリソベリルがどれだけプレッシャーをかけてくるかだけ。

前半かなり楽に行ける分、そのプレッシャーにも我関せずピッチを上げて振り切るイメージは容易にできますが


ゴールドドリームとかでもかなりいい位置につけられそうな枠の並びです。

チャンピオンズCは、極端な前残りか極端な差し競馬になりやすいレースです。

言わば二択のレース

今年は前者な気がします

印公開

◎ゴールドドリーム
○インティ
▲チュウワウィザード
穴なら⇨
(30位前後です。応援クリックよろしくね♪)


ゴールドドリームでもいい位置が取れるくらい今年は中枠に差し追い込みがずらりと揃ってしまった。

マイペースのインティは4角からペースアップすれば一気に3馬身くらいつけられるギアチェンジ能力のある逃げ馬。

前半楽に行けた分、勝負所で後続の競りかけにあっても難なくいなせることができる。

早めに捕まえに行った馬たちは外を回った分と早めに脚を使った分直線では脚がなくなるはずだ。

その真後ろにつけるチュウワウィザードが直線で追いかける形になる。

ゴールドドリームは直線だけでインティに追いつける鬼脚の持ち主。

直線はこの3頭の独壇場となるだろう。

南部杯は直前ルメールも失敗。坂路55も結果としてかるくなった。

この中間いつもの藤懸でびっしり。

南部杯は3連敗しているだけに合わないレース。そこを使ったつぎは必ずパフォーマンスをあげる。
キャリアまだ21戦。

かしわ記念、フェブラリーを見ても全く衰えなし。競馬ファンの杞憂に終わる。


よって今年は3頭立て、なにかったときの穴馬はこの2頭かな。

そんな馬券を買います。

クリソ?オメガ?いらんいらん(とか言うとくるやつ)


友だち追加
LINE@友達追加はコチラから)


(2位前後応援クリックよろしくね♪)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>