無理だとわかっていましたが、どんくらい行くのかも見たかったので、500と設定。

まぁ「解説するっちってなに?」って人も多かったでしょうから、今回書くことで、次は500行くかもしれませんね。

今回はせっかくなので、100人の方のために解説していこうと思います。

そして、この記事もどんどん拡散してもらえるとうれしいですね。

ノンコノユメとゴールドドリーム

勝負を分けたポイントはどこだったのか、詳しく見ていこうと思います。


<スポンサーリンク>




【PR】おすすめの競馬予想サイト


―――――――――――――――――――――

昨年の中山記念は【超穴馬】に指名していた
サクラアンプルール(8人気)が
激走して31万馬券!


―――――――――――――――――――――

今年も例え紙面では無印でも絶対に軽視は禁物!

\\\\\中山記念の超穴馬/////

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『馬券に絡んだ時点で高配当は間違いなし』

『この話を知らずに買ったら後悔する』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GI馬相手と決まっても見返りは十分!

【中山記念の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎◎◎◎ 2月競馬も万馬券多発 ◎◎◎◎

大きく儲けたい方は絶対にお見逃しなく!!
w300-250
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――
2回京都6日目1R 【8万0020円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京3日目10R【6万7690円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都1日目1R 【6万6250円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都6日目12R【6万5140円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京2日目1R 【5万6200円】的中
――――――――――――――――――――――
1回中京6日目3R 【5万6140円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京2日目10R【3万2630円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都3日目9R 【3万1100円】的中
――――――――――――――――――――――
その他的中多数!(300倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年は《超穴馬》サクラアンプルールが激走!

今年の【中山記念の超穴馬】はコチラ

フェブラリーS

スタートです
bandicam 2018-02-21 11-16-46-054


各馬いいスタートを切れていたと思います。特に8枠2頭テイエムジンソクは良かったですね。ゴールドドリームもまぁ許容範囲でしょう。



すぐさまゴールドドリームは馬群に取り付きました。そして早かったのが内の3頭
bandicam 2018-02-21 11-16-57-640



インカンテーションもスタートは良かったんですが、内が速すぎた分、ここで諦めがついたんでしょうか、深追いしなかったのが大正解。ここの切り替えは三浦騎手すごく良かったと思います。おそらくゲート後結構押していってましたから、前に行こうと思ってたんでしょうが、いい判断でした。
bandicam 2018-02-21 11-17-08-500


前5頭があっという間に後続との差を離していきました。芝の1200を使った昨年のダート短距離王。速い速いって感じでしたね。
bandicam 2018-02-21 11-17-34-843
bandicam 2018-02-21 11-17-48-066



勝負を分けた一つのポイントは、スタート後のノンコノユメの進路取りにあります。外の各馬が内へ進路をとっていくなかで、内田騎手は逆にノンコノユメを外へ誘導していますね、
bandicam 2018-02-21 11-18-14-367


そして、一頭外ポツン。ノリさんがよくやる手法です。ノンコノユメは砂をかぶるとズブくなったりしますから、こうやって外をリラックスしながら走らせたことが、最後の爆発的な末脚に繋がったのでしょう。
bandicam 2018-02-21 11-19-21-646

広い東京だからできる戦法ですね。つまりはこの馬は東京がベスト。


インカンテーションの三浦騎手も良かったですね、スタート後、内へ一切入らず、真っ直ぐ馬を走らせていました。
bandicam 2018-02-21 11-19-47-896


これにより、外の馬がここで壁を作られて、これ以上内へ入るには、下げるか前に行くかしないといけませんし、自身が被されないようにするための戦法でもあります。外の馬は内の馬を被せることができますし、内の馬は外の馬を張ることもできる。枠を活かした戦いが見られたシーンだったと思います。
bandicam 2018-02-21 11-20-13-069



東京ダ1600mは3コーナーまで長いですからね。ノンコノユメはゆっくりと馬群にとりつくことができます。ベテランの味ですね。若手騎手もドンドンやってほしいです。
bandicam 2018-02-21 11-20-35-273
bandicam 2018-02-21 11-20-49-516


そしてコーナーではゴールドドリームの真後ろにピッタリとついて、ロスをなくしてましたから。完璧なエスコートでしたね。インカンテーションの三浦騎手も、外に張ることで、いつでも自身が外へ出せるポジショニングを確保。前はあれだけ飛ばしてますから、内4頭下がってくる恐れあり。外に出せるポジションを確保しないと、ブレーキを踏みますからね。こちらもほぼ完璧な競馬でした。
bandicam 2018-02-21 11-22-27-453


前がガンガン飛ばす展開。
bandicam 2018-02-21 11-22-04-142


前半から飛ばしに飛ばして34.1→45.8→58.3。この日の東京は0秒5くらい時計がかかってましたからね。昨年の馬場なら前半3F33.5くらいの超ハイラップだったと思います
bandicam 2018-02-21 11-30-11-630


4コーナー。ゴールドドリームが少し促すとドンっという感じで一気の加速。
bandicam 2018-02-21 11-22-46-785


加速が鈍いノンコノユメがあっという間に離されましたからね。ここの反応の鋭さは度肝を抜かれました
bandicam 2018-02-21 11-22-56-382
bandicam 2018-02-21 11-23-51-146


あっという間に前を射程圏内に。三浦騎手も「もう来たの!?」という感じで慌ててスパート。
bandicam 2018-02-21 11-24-04-945


いよいよ直線。ケイティブレイブが強気の早め先頭。珍しく攻めた福永騎手。交わしにかかるテイエムジンソク。襲いかかる後続勢
bandicam 2018-02-21 11-24-34-429



ゴールドドリームがあっという間に先頭に躍り出ました。「つええ」って競馬ファンはこの時誰もが思ったことでしょう
bandicam 2018-02-21 11-24-47-091


レッツゴードンキの幸騎手は、「岩田騎手!?」と勘違いしてしまうほど、うまく馬群を捌いてましたね
bandicam 2018-02-21 11-25-26-505
bandicam 2018-02-21 11-25-39-749
bandicam 2018-02-21 11-26-36-060


スルスルスルっと。キングズガードがこの場面で外へ切り替えようとするロスがありましたから、この捌きはお見事。一度も減速していないんじゃないでしょうか?
bandicam 2018-02-21 11-26-12-454




そして一気に抜け出すゴールドドリーム。食らいつくインカンテーション
bandicam 2018-02-21 11-26-16-000


そこに加速がついたノンコノユメが一気に襲いかかりました
bandicam 2018-02-21 11-26-25-461
bandicam 2018-02-21 11-27-15-231
bandicam 2018-02-21 11-27-21-516
bandicam 2018-02-21 11-27-25-059
bandicam 2018-02-21 11-27-32-664
bandicam 2018-02-21 11-27-40-547
bandicam 2018-02-21 11-27-57-098


完全にノンコノユメが突き抜けるかと思った勢い。抵抗する前2頭。レースとして、ものすごい胸熱なレースだったと思います。

bandicam 2018-02-21 11-30-03-436
bandicam 2018-02-21 11-30-11-630


通過順位が全てを物語っていますね。先行総崩れ。追込決着でした。

<スポンサーリンク>


1着ノンコノユメ


エスコートとしては完璧。後は天命を待つのみ。

ゴールドドリームがノンコノユメを警戒していれば、差せなかったかもしれない。そこもうまく噛み合いました。

昨年武蔵野Sで前残りを一頭差してきた時点で、本来の能力を取り戻していたことに気づいていました。

前走休み明けの根岸Sもお見事でしたし、ここは勝負になって当然。現役最強の追込馬でしょう。

去勢した以上、生涯現役。来年も楽しみな一頭。

東京以外では、直線の長い大井なんかで期待できますね。ただ、かしわ記念とかJBC(京都)では、危ないかもです。チャンピオンズCも、展開と捌きがカギになりますからね。

陣営は走れる舞台だけ走らせていくのもありでしょう。能力はありますが、「展開などが噛み合わないと」という条件つきの馬だということは、覚えておきたいですね。

2着ゴールドドリーム


これが王者だ!!」とみせつけるような競馬でしたが、ノンコノユメの脚を少し甘く見積もった印象。

一昨年の覇者モーニン鞍上のミルコデムーロは、「ノンコノユメが来てもいいように脚を残していた」とレース後話していましたから、もしも鞍上がミルコなら、ノンコノユメが来たところでもうひと伸びしたかもしれませんね。

これが、通年日本で乗っているジョッキーと、単発でくる外人ジョッキーの違いでしょう。

それでも、負けて強しは間違い無し。凄まじい反応でしたね。昨年ダート王としての走りは見せてくれました。

3着インカンテーション


8歳にして力をつけていますね。三浦騎手のエスコートもお見事。

上位2頭よりもレースが巧いだけに、かしわ記念や、JBCでは勝ち負けになるでしょう。

休みが多かった分、馬がまだまだ若いですね。

4着サンライズノヴァ


「これがGIの壁か・・・」という負け方でしたね。

現状ではやはり上位3頭とは力差がありました。もちろんまだまだ4歳。伸びしろ十分ですから、力をつけて、リベンジしてほしいところ。

5着レッツゴードンキ


手綱捌きも良かったですし、やはり走りますね。

阪急杯を叩いて高松宮記念の予定でしたから、8割程度の仕上げと考えれば、メイチだったらもっと弾けたかも?

これで選択肢はさらに増えましたから、高松宮記念→かしわ記念→安田記念といった、ダビスタローテも可能。老いは心配ですが、頑張れるところまで頑張って欲しいですね。

8着アウォーディー

9着サウンドトゥルー


アウォーディーは内をスルスルときてはいたんですが、
bandicam 2018-02-21 11-29-00-827

またもや真島騎手の妨害にあい、外へ切り替えるシーン
bandicam 2018-02-21 11-29-09-112

まぁニシケンモノノフも下がってくる進路でしたから、難しいコース取りであったのは事実
bandicam 2018-02-21 11-29-18-915

サウンドトゥルーも最後そこそこ来ていましたから、この2頭は適正外に加えて、枠も良くなかった。
bandicam 2018-02-21 11-29-43-784


距離を延ばして再度注目できる2頭だと思います。見限るのは早計ですね

11着ケイティブレイブ

12着テイエムジンソク

攻めた時に限って裏目に出る福永騎手らしい結果に。

帝王賞みたいに後ろから行っていれば違ったんでしょうが、まぁ二人とも攻めた結果ですし仕方ないでしょう。

今日はペースに飲まれただけ。

テイエムジンソクもまたしかり。巻き返し可能でしょう。

来年ペースが恵まれれば、狙える2頭だと思いますよ。

注目馬

D


力負け、という印象はサンライズノヴァくらいで、有力各馬は噛み合えばすぐに巻きまえしてくるでしょう。

メイチ度を考えれば、次走狙えるならこの馬かなと。どこへ行っても勝負になりそうですね。

こちらも応援クリックお願いします。


最強競馬ブログランキングへ
(2位前後)

GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>