宝塚記念解説するっち!

スタートです。ドゥラメンテがやや煽り気味
bandicam 2016-06-28 18-29-35-095
bandicam 2016-06-28 18-30-16-432


一流馬が揃ったレースだけに、大きく出遅れた馬もおらず
bandicam 2016-06-28 18-30-41-499
bandicam 2016-06-28 18-30-53-054



内回りやスローを見越してか、ある程度出していく騎手が多かったですね。
bandicam 2016-06-28 18-31-04-255
bandicam 2016-06-28 18-31-19-537

ステファノスあたりも今回は位置を取りに行ってましたから

ドゥラメンテはじっくり控えて後方から。シュヴァルグランもいいダッシュで位置が取れましたね




勝ったマリアライトはとにかく最高の枠順を引けました。13.14.15が後ろから。7.8.9.10.11.12が前から
bandicam 2016-06-28 18-31-29-118


ちょうど中団から行く馬がいなかったことで、ポッカリ空洞ができるんですよね
bandicam 2016-06-28 18-31-40-730


bandicam 2016-06-28 18-31-52-297
bandicam 2016-06-28 18-32-01-461

その空洞にまんまと入れましたから。これがサトノクラウンが同じようなダッシュなら、こんないい位置は取れませんでしたから、うまくいく時って本当にすべてがうまくいきますよね
bandicam 2016-06-28 18-32-09-950



内の馬は外を見ながら、外の馬は内を見ながら
bandicam 2016-06-28 18-32-22-281

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8

カレンミロティックのTベリー騎手もキタサンブラック
bandicam 2016-06-28 18-32-30-779

bandicam 2016-06-28 18-32-57-268

アンビシャス、シュヴァルグランの位置を見ながら競馬を進めていましたね
bandicam 2016-06-28 18-33-07-738
bandicam 2016-06-28 18-33-17-377


ステファノスの戸崎騎手は前に行く馬が多いということで、控えてこの位置で内を見ながら内へ入れてましたね
bandicam 2016-06-28 18-33-44-099
bandicam 2016-06-28 18-33-55-237


ドゥラメンテサトノクラウンは後ろから、アンビシャスは大阪杯のイメージで、キタサンブラックの真後ろから
bandicam 2016-06-28 18-34-09-524


マリアライトは後ろすぎず前すぎず。馬群も密集せず、リラックスして追走できました。ホントいい位置が取れましたよね
bandicam 2016-06-28 18-34-21-751


シュヴァルグラン福永騎手は内を見てアンビシャスとフェイムゲームの間が空いてるなと見て、そこに入れようと決めます
bandicam 2016-06-28 18-34-36-488

この判断は悪くないんですが、後の進路取りは今ひとつでした

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8


トーホウジャッカルがここでカットインしようとギアを一つあげます
bandicam 2016-06-28 18-35-09-435
bandicam 2016-06-28 18-35-15-752

bandicam 2016-06-28 18-35-29-281

ちょうど外に張っていたワンアンドオンリーと挟み合う格好で、カレンミロティックを潰しにかかります
bandicam 2016-06-28 18-35-21-012






なんか見たことあるなぁと思ったら、トランセンドが勝ったJDDを思い出しました
bandicam 2016-06-28 19-00-32-504
bandicam 2016-06-28 19-00-36-466
bandicam 2016-06-28 19-00-39-735
bandicam 2016-06-28 19-00-43-796
bandicam 2016-06-28 19-00-48-274


この時に大きな不利をくらった酒井騎手、いつか自分もやったろうとでも思ってたのでしょうか


bandicam 2016-06-28 18-35-40-827
bandicam 2016-06-28 18-35-47-163

ぐーっと馬体を寄せていって明らかにポジションを強引に奪いに行ってますよね

この分ハミも噛んだでしょうし、トーホウジャッカルを思えば余計な騎乗だったと思います


Tベリー騎手といえば、5.21の東京4Rで田中勝春騎手が果敢にタックルを挑んだ騎手でした
bandicam 2016-06-28 19-16-06-711

オラオラと田中勝春騎手が進路を確保するやいなや、Tベリー騎手が一気に内に手綱を張って
bandicam 2016-06-28 19-16-18-919

bandicam 2016-06-28 19-16-28-067
bandicam 2016-06-28 19-16-30-873


ガチーンガチーンと吹っ飛ばしていましたからねw
bandicam 2016-06-28 19-16-34-683

その後も執拗に馬を寄せていましたw
bandicam 2016-06-28 19-16-40-463
bandicam 2016-06-28 19-16-45-713

まぁなかなかに荒削りなジョッキーなわけですよ。

そんな相手に喧嘩を売るなんて・・・という感じでみてました


前がガチャガチャしている間に、シュヴァルグランはアンビシャスの真後ろに
bandicam 2016-06-28 18-36-34-369



ラブリーデイステファノスマリアライトはちょうどいい位置を確保できましたね。ここら辺から勝ち馬が出そうな気はしました
bandicam 2016-06-28 18-36-52-463

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8

bandicam 2016-06-28 18-37-18-570


200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8


bandicam 2016-06-28 18-37-21-384

bandicam 2016-06-28 18-37-45-135


200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8

隊列は落ち着きましたが、武豊騎手は全くペースを落とさず、淡々と12秒前半を刻んでいました。
後続をふるいにかけるような逃げでしたね。
bandicam 2016-06-28 18-38-48-322

それでもアンビシャスは掛かり気味。結果論ですが、中山記念のようなルメール騎手のような騎乗なら、また違ったかもしれませんが、大阪杯で前に行ってしまった分もあったでしょうね。
bandicam 2016-06-28 18-38-50-534
bandicam 2016-06-28 18-38-58-257


向正面。マリアライトの蛯名騎手はコーナーを周り終わるとスっといつでも動ける外へ馬を誘導します
bandicam 2016-06-28 18-39-17-885

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8


この重たいやや重で59.1。馬場差が+0.8ですから、相当に早いペースでしたよね。
タッチングスピーチが追走するのが一苦労なのがよくわかるレースです。
bandicam 2016-06-28 18-39-53-252



bandicam 2016-06-28 18-39-56-639

マリラライトが外にいるのに気づいたルメール騎手
bandicam 2016-06-28 18-40-10-276


被される恐れがありますから、ここでサトノノブレスの後ろから外へ進路を確保しにいきます
bandicam 2016-06-28 18-40-52-098


200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.


ドゥラメンテのデムーロ騎手は非常にうまく、外に出さずして馬群をスルスルとポジションを押し上げてました。
皐月賞のイメージそのまんまだったでしょう
bandicam 2016-06-28 18-41-16-478
皐月賞
bandicam 2016-06-28 21-11-27-109


3コーナー。マリアライトが来ていたために、ラブリーデイは少し早目に動かざる得ない展開にもなりました。こういったところもレースを左右したと思います
bandicam 2016-06-28 18-41-33-194
bandicam 2016-06-28 18-41-40-337


サトノクラウンと同位置にいたドゥラメンテがここまで上がってきていますから。いかにデムーロ騎手がうまいかがわかります
bandicam 2016-06-28 18-41-50-914


もちろん包まれるリスクもありますけどね、それを捌いちゃうのがMデムーロという騎手です
bandicam 2016-06-28 18-42-02-457

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8

bandicam 2016-06-28 18-42-16-066

残り800mを切っても一向に落ないペース。ここでワンアンドオンリーが早くも脱落しそうになります
bandicam 2016-06-28 18-42-30-467


200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8

残り600m。
bandicam 2016-06-28 18-42-53-653

カレンミロティック
はもうムチが入り脱落
bandicam 2016-06-28 18-43-29-856


タッチングスピーチも追い通し。昨年のデニムアンドルビーは持ったままでしたからね
bandicam 2016-06-28 18-43-43-791


4角。ステファノスラブリーデイが持ったままで、この二頭を買っていた人は、「よし」っと思ったでしょうね
bandicam 2016-06-28 18-44-14-226
bandicam 2016-06-28 18-43-57-967


アンビシャスも4コーナーで右ムチ一発をうっているようにここで脱落。
bandicam 2016-06-28 18-44-47-403

シュヴァルグランはこのアンビシャスの手応えをみた時点で外を回らないとダメですよね。
福永騎手は完全に標的を見誤りました。
bandicam 2016-06-28 18-45-02-281

おそらくこのスペースを狙ったんでしょうけどね。ワンアンドオンリーはコーナーを曲がる度に少し張っていたので、シュっと入れるキレがあればいいですが、それがないシュヴァルグランでは一番やっちゃいけない競馬でした
bandicam 2016-06-28 18-45-37-866

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8


さぁ直線
bandicam 2016-06-28 18-45-36-071

シュヴァルグランの突きたかった進路がふさがります。ドゥラメンテはロスなく上がっていって、直線は迷わずミルコは外へ外へ手綱を引っ張ってましたね
bandicam 2016-06-28 18-45-50-064
bandicam 2016-06-28 18-45-59-048
bandicam 2016-06-28 18-46-17-415



シュヴァルグランは失速するアンビシャスの真後ろに入り、これで万事休す。
bandicam 2016-06-28 18-46-22-837



少し後ろに目を向けましょう。カレンミロティックのTベリー騎手の逆襲が始まります
bandicam 2016-06-28 18-46-53-232
bandicam 2016-06-28 18-47-13-914
bandicam 2016-06-28 18-47-17-622
bandicam 2016-06-28 18-47-21-420
bandicam 2016-06-28 18-47-26-180

さっきはよくもやってくれたなぁ!!!

と言わんばかりの逆襲劇

フェイムゲームまで巻き添えくらってたのは少しかわいそうでした
bandicam 2016-06-28 18-47-31-066


バイガエシを食らった酒井騎手はぐぬぬという感じでTベリーを見てました。
喧嘩を売る相手を間違えましたねw
bandicam 2016-06-28 18-47-49-477



前に戻ります。ラブリーデイが早め進出から一気に押切を狙うところに、しぶとくマリアライトが食い下がり、ステファノスが内へ切り込み、ドゥラメンテは大外へ
bandicam 2016-06-28 18-48-01-422


ラブリーデイに飲み込まれそうなところから、キタサンブラックが二の脚で後続を離しにかかります
bandicam 2016-06-28 18-48-10-242



雰囲気的にはこの青帽子二頭で決まりそうでしたよね
bandicam 2016-06-28 18-48-16-957


シュヴァルグランはようやく進路確保も、そこから追ってあまり伸びなかったところを見ると、スムーズでもどうだったかなぁという感じはします
bandicam 2016-06-28 18-48-40-287


200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8

bandicam 2016-06-28 18-48-53-117


残り100mを切ったあたりでステファノスが脱落
bandicam 2016-06-28 18-49-10-337



残り50mを切ったあたりでラブリーデイが脱落
bandicam 2016-06-28 18-49-16-576
bandicam 2016-06-28 18-49-32-771

最後まで生き残った3頭の決着
bandicam 2016-06-28 18-49-21-568
bandicam 2016-06-28 18-49-39-974


200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m
12.611.011.112.312.112.412.312.211.912.212.7
12.623.634.747.059.171.583.896.0107.9120.1132.8

bandicam 2016-06-28 18-50-38-336



武豊が作り出した脱落レース。アメリカのG1みたいでしたよね。

昨年の秋の生ぬるいG1ではなく、力がないと走りきれないという底力が問われる近代競馬ではなかなか見られない素晴らしいレースが見られたと思います


素晴らしいレースでしたね。相当にレベルの高い宝塚記念となったことでしょう。


マリアライトは外枠引いて外から動いていく競馬ができれば上位争いも可能だよ


っと書きましたが、まさかこんなふるいに落とすような競馬でも生き残れるほどに力があるとは思いませんでしたし、文句なしにめちゃめちゃ強い牝馬だと思います。


実力がないとこれないレースに運も味方につけた

そんなレース運びでした。完勝でしたね。



そして武豊騎手の期待に応えるキタサンブラックも素晴らしいですよね


歴代でもこんなペースで走れる馬は少ないでしょう。


高い心肺機能を持った馬です


そして、ドゥラメンテ


海外帰りという上位の中でも厳しい条件下でこれだけ走るのだから、本当に強いですね


ラブリーデイも昨年のぬるい競馬から厳しい競馬に変わってもG12勝馬の底力を見せましたし


ステファノスも敗れたとは言え、藤原英厩舎の渾身の仕上げは健在。


そして、◎サトノクラウンも6着と上々。生まれてきた時代が悪かったですよね。


このメンバーで6着とあれば、メンバー次第ではまた活躍の場あるでしょう。



ただ、やはり上位3頭が現時点では飛び抜けて強いです。


が、いつもこんな脱落レースになるとは限りませんし、ペースによっては今日敗れた馬も、秋以降の飛躍は期待できるでしょう。


中でも、最も期待しているのは

C人気ブログランキングへ
(40位前後ポチっとお願いします
(最近反映されておらずランキングが下がってしまいました。ご協力よろしくお願いします。)







イメージはまんまブエナビスタです。


馬の質は全然ちがいますけどねw

宝塚記念で、って意味で。

走る前からブエナビスタをイメージしていたらから2着固定だったんですがw
bandicam 2016-06-28 21-40-59-924

この時のアーネストリーの宝塚記念もすごかったなぁ


レース後故障したとあって心配しましたが、大事には至らず。


ノーザンファームにてしっかりケアしてもらいたいですね


秋、順調なら、全てで勝ち負けになるでしょう


凱旋門賞は残念でしたが、国内のG1を盛り上げて欲しいと思います


以上、素晴らしい宝塚記念でした!!!