リスナーさんから、1月で取り上げた馬が勝ちましたね、と


3歳牝馬クラシック、注目馬

この後シンザン記念の前に、「ジュエラー書き忘れましたね」

なんて言ってましたね。

メジャーエンブレムが危ないと提示し、

牝馬三冠全てをピックアップできた点は、良かったです

牡馬はディーマジェスティを見極められなかったですね。

ここは反省です。

こうして早目に目をかけている馬がクラシックで活躍してくれると

自信にもなるし、嬉しいですよね


来年の1月も、またやりたいなぁと思います


☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟   

☆勝ち組になりたい方はこちらをクリック☆
   


bandicam 2016-03-01 19-37-18-912   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<スポンサーリンク>



菊花賞

◎サトノダイヤモンド

○ディーマジェスティ


L
人気ブログランキングへ
(30位前後



△2.4.10.14.17


菊花賞はとにかく内が有利
bandicam 2016-10-17 15-59-46-546


スタートしてすぐにコーナー。

今年は特にテンに行きそうな馬が少なく固まって入りそうなので

外枠は中々内へ入れないだろう。

そして今年のクラシックは、三強の壁がある


ディーマジェスティ、サトノダイヤモンドに勝てる馬は、この2頭を置いてマカヒキくらいなもの

この2頭が長距離適正があるのは馬体からも血統からも裏付けがある

かつ、その2頭が内枠を引いてしまった。

このレースはもうその時点で見るレースに近い。

かつ逃げ馬が不在

逃げ馬がいないということは、レースとして成立しない可能性

入り乱れるレース展開

結果内で最後まで我慢するような馬が理想となる


イメージは2011の天皇賞春
bandicam 2016-10-22 14-47-52-377


4度先頭が入れ替わるブッ壊れたレース。

ジョッキー自身が「クソレース」と表現するほどのレース



ジョッキー同士のこの苦笑いからも、逃げ馬がいないレースというのがどんなレースなのかを物語っている。

1.04.2のドスローからの掛かり合いマクリ合い

結果じっとしていた2頭の決着

騎手の手腕を考えても、ルメール、蛯名なら慌てて動くこともないだろう。

浜中騎手デムーロ騎手がどうレースを動かすのか。

動かないのか。

ここは2頭に加えて内でじっとする馬と、展開を読める騎手などを加えた馬券で勝負したい

サトノダイヤモンドがG1を勝ってくれれば、感無量

そんな気持ちでこのレースは挑みたいと思います

さぁ、どんな菊花賞が待っているのか


GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>