天皇賞春


⑪プロレタリアト

エリザベス女王杯はぶちかましで競馬にならず。
スタミナ自体はそこそこありそうなので、思い切って、1周目のスタンド前でマクってハナを奪って、そのまま逃走。
後ろに放置されれば、面白いかもですが、キタサンブラックの武豊騎手がそれを許してくれるのか。
ビートブラックの競馬になれば。

⑰ヤマカツライデン

ガンガン行く池添騎手から、身長に逃げる松山騎手にスイッチ。
これにより、スローの単騎のような競馬をしたかったんでしょうが、難しい枠に入りましたね。
こうなると、ガンガン行ってハナを奪ってからペースをガンと落とすか、じっくりとハナにたつような競馬か、の二択。
最初の3~4角は外の2、3番手に落ち着き、スタンド前で先頭に立つ。
そういう競馬になるでしょうか。
ガンガン押して最初のコーナーまでにハナを奪うと、下りまでに抑えが効かなくなって厳しくなりますからね。
坂の下りはゆったりと入りたいところ。

逃げてからは、2番手以下との差を気にせず、ゆったりと逃げたいところ。
ゴールドアクターあたりがキタサンブラック以下を抑え込むような競馬をしてくれたらいいのですが。。
この馬自身でレースをかき乱すなら、スピリッツミノルが逃げた菊花賞のような形に持ち込み、グっと馬群を凝縮させます。
そこから向正面で再加速して、そこで後続との差をグングン離す。
直線までにセーフティリードを奪い、めいいっぱい粘り通す。
こんな競馬ができれば。とにかく2番手以下をどれだけ抑えこめるかが鍵。
ゴールドアクターの横山典弘騎手が2番手なら、その可能性は十分にありそうです。
後は、大外枠でどれだけ脚を使わないで前半前につけられるかでしょうね。
下手したら逃げないかも?

<スポンサーリンク>

②ラブラドライト

3000越えの舞台で2連続好走。
スタミナのあるところを披露。
勝つためには普通に乗っても勝てないので、ここはヤマカツライデンと共闘。
2頭が後続を離すような逃げ。
後続がノンビリ、直線は2頭が叩き合いながら粘り込む。
こういうレースができれば面白いんですが、キタサンブラックがそれを許してくれるのかどうか。

⑯レインボーライン

まぁスタート遅いですしどこからでもいいでしょう。
おそらくペルシアンナイトの皐月賞をイメージしてるでしょう。
ただ、18頭立て。馬場も内が綺麗。
インがポッカリってことはなかなか想像しにくいです。
なので、サトノダイヤモンドのように、どこかで位置を押し上げたいですね。
それができる騎手でもありますから。
ただ、途中で加速した際の折り合いには不安があります。
そこをどれだけデムーロ騎手が抑えこめるか。
勝ち負けするには、結構難しい枠。
あるとすれば、後方のインベタで前が止まってくれることを祈る他ない気はしますが。
サトノダイヤモンド徹底マークみたいな競馬で来るとは思いますが。

⑭ワンアンドオンリー

結構しぶとい一面もありますし、ナムラクレセントみたいに途中マクっても面白いかもしれませんね。
普通に乗っても結果が出ない馬ですから。
いい意味で刺激を与えるような競馬ができれば。



✔天皇賞春の注目馬③

G
(5位前後)

名前順に書いてきましたが、外枠をこぞって引いてしまいましたね。
途中かき乱す馬がいるかどうかで、勝ち馬がガラっと変わりますから。
かき乱す競馬を誰がするのか、しないのか。
見ものですね。


GOOD LUCK!!
<スポンサーリンク>